「しごと」をもっと楽しくしたい!

「複業したいのに会社が許してくれない」ときは?

»

こんにちは、竹内義晴です。

先週の金曜日に会った人の名刺には、会社名が5つ書かれていました。
昨日会った人からは、3枚の名刺をもらいました。
ちなみに、ボクの名刺入れには4種類の名刺が入っています。

近年、複業が話題になっていますが、こうしてみると、仕事で複数の肩書を持っている人は、それほど特別ではなく、意外と多いのかもしれませんね。

仕事に限らなければ、ボクにはほかにも、いくつかの肩書がありますよ。

  • 公民館の役員
  • 神社の役員
  • 消防団員
  • 中学校のPTA会長
    • それに付随したいくつか(笑)
  • 小学校のPTA役員
  • 二人の子どもの親
  • 両親の子ども
  • 兄弟の真ん中

挙げれば、他にもまだありそうだけどね。人はもともと、複数の肩書があるし、いろんな役割があるのでしょうね。

Googleさんによれば、複業の「業(ぎょう)」には、「生活の中心をささえるしごと。くらしの手だて。」という意味があるそうです。

20180918.png

いろんな肩書を持つようになって、何が増えたかなーと考えるに、間違いなく言えるのは「人とのつながり」は増えたなーと思います。ちょっとしたつながりが、仕事に、プライベートにつながっていくこともあります。

もし、「複業したいのに、会社が許してくれない」なら、有償、無償に関らず、まずは身近な「できること」をやってみるといいのかもしれないですね。お金以外の「何か」は得られるのではないかなーと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する