「しごと」をもっと楽しくしたい!

思ったことをゆるゆると書いてみました

»

こんにちは、竹内義晴です。

今日のタイトルは、文章を書いたあとにつけました。思っていることをゆるゆる書いたら、内容が多岐にわたりました。「これ!」とタイトルを決められなかったので、こうなりました。

「よし!これを書こう」と目的を持って書いたものなら、タイトルにもこだわるべきなのでしょうが、今日はゆるゆると書きたかったので、これでよしとしたいと思います。タイトルで検索して、あとで読み返すこともないでしょうし。「読者ファースト」ではないですね。すみません。

もっとも、今日の内容を一言で言えば「ゆるゆると書きたかった」なので、たぶん、これでいいんだろうと思います。

*

昨日、今日は、サイボウズの日本橋オフィスに出勤しています。東京、暑いですね。この暑さだと、エアコンがないとつらいですね。日中、涼しいビルの中で仕事ができるなんて幸せだなーと思います。

ちなみに、新潟のボクの仕事部屋にはエアコンがありません。妙高高原なので元々ないんですよ。扇風機があればギリ大丈夫なんです。

*

ふだん、出だしは、「しごとのみらいの竹内義晴です」と書いています。昨日は、サイボウズ式の記事のことを書いたので、「サイボウズの竹内義晴です」としました。今日は、どちらでもない、フラットな感じで書いています。

肩書がいくつかあるというのは、ちょっと便利です。個人でいたいときは「竹内義晴」を名乗るし、NPO関係の人にあったり、「職場の問題を解決したい」みたいな人と会うときには「しごとのみらいの竹内義晴」と名乗ります。「ここは会社名を名乗ったほうが、話が早いな」と思う時は、「サイボウズの竹内義晴」と名乗るときもあります。

状況によって名前を変えられるなんて、なんだか、カメレオンみたいです。

*

サイボウズの社内で働いていると、まわりは年下のみなさんが多いです。まぁ、それはそうですよね。ボクは今47歳、一般的には管理職層の年齢ですから。

まわりにいる社員のみなさんは、優秀な方が多いです。これは、社員として言っているのではなく、どちらかと言えば社外の、一個人としての感想です。優秀......というのは、いわゆる、IQ的な「頭の良し悪し」ではなくて、自発的だし、前向きだし、「そもそも、何のために」をみなさん共有しているし。SNSなどで発信しているそれぞれの言葉をみても、いろいろと考えて発信している様子がうかがえるし、つぐまれる言葉も素敵だし。

「あー、叶わないなー」と思うことも少なくありません。逆に、少し嫉妬してしまうぐらい。オレにもその才能を分けてくれ(笑)。

だからといって、「オレも負けじとがんばるぞ!」みたいにガツガツするのは、ちょっと違うかなと個人的には思っています。年齢なりのふるまいとか、関わりあいがあるのでは?と思っていて。

ボクが今、サイボウズ社内にいるときに意識していることがあるとすれば、「できるだけフラットでいる」ことかなー。年齢とか、そういうのではなく、リスペクトするときはリスペクトするし、「すごいなー」と思う時は「すごいなー」と思う。逆に、悩みごとがあるときは「悩みごとがあるよ」「モヤモヤするよ」と、できるだけオープンにしています。

そうすることで、みなさんと同じ立ち位置に立っていたいと思っています。あと、「悩むのが悪いことじゃないんだな」と思ってほしいとは思っているかな。自分を出せた方が肩の荷がおろしやすいし、「ここだ!」というときに力を発揮しやすいので。

*

ボクは、仕事というのは、楽しくやりたい、楽しくはたらきたいと思っているタイプです。

もちろん、そうじゃないときもいっぱいあるけど、何かこう、そういう中でも、楽しくありたい。

その楽しさというのは、「イェーイ!やるぜー!」っていうハイテンションな感じではないけれど、しっとりとしていて、落ち着いた感じで、「気分はいいよ」と言える感じ?

そんな感じで仕事がしたいので、そういうふるまいを普段からも心掛けている......みたいな感じかもしれません。

さて、週末ですね。今日もゆるやかに、おだやかに、楽しくはたらきたいですね。いい気分でね。

Comment(2)

コメント

理人

初めまして。
ブログ良く拝見させていただいています。

楽しそうに仕事をしている人を見ると、正直嫉妬しちゃいます。
「好きな事を仕事にする」「仕事が楽しい」なんていうのは夢物語でしか無くて「生活の糧として仕事をするしかない。楽しくなくてもそれが仕事だ。みんなそうやって生きてるんだ。」と洗脳されていた事に最近気がつきました。

学校の勉強もそうですよね。
新しい事を知る事の喜びを感じられればいいのですが、どうしても「楽しくない」が先に立ってしまいます。

一端負のスパイラルに入るとなかなか抜け出す事が難しいです。
「落ち着いた感じで、「気分はいいよ」と言える感じ」ってすごく素敵です。
そういう毎日を送りたいし、子供たちにもそうなってもらいたいです。

他人を変える事は難しいが、自分は変えられると言いますが、40年以上掛けて染みついてしまった性格を変えるのは言うほど簡単でないと実感しています。。。

コメントを投稿する