「しごと」をもっと楽しくしたい!

多様性とはベクトルが逆の「何か」もあるような気がする

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

最近、多様性という言葉をよく聞くようになった。

多様性の意味を調べてみると、「いろいろな種類や傾向のものがあること」や「変化に富むこと」で、単に「みんなちがう」「いろいろある」という意味ではないらしい。「群が形成されていること」が多様性の特徴らしい。

とはいえ、あまり言葉の意味にこだわってしまうと、話の本質からずれてしまいそうなので、ここではあまりこだわらず、「みんなちがう」「いろいろある」も含んだものとして考えてみたい。

多様性という言葉は、「いろいろな種類や傾向のものがある。だから、お互いを尊重しよう」という感じで使われることが多いように思う。「みんなちがう。それで(それが)いいんだ」という印象だ。

人は一人一人ちがう。それぞれの人を尊重する上で、「みんなちがう」は大切な価値観だとは思う。

でも、「みんなちがう」が、なにがなんでもいいのか......というと、かるい違和感が、ボクの中にはある。

「何が、ボクに、この違和感を抱かせるのだろう?」

それはおそらく、「みんなちがう」ではない、どちらかといえば、ベクトルは逆方向の、「人として大事なことは、間違いなくこういうことだよね」みたいな、一つに収束されるような「何か」があるのではないかと、感じられるからなのかもしれない。

それは、ボクの中にある価値観がそう抱かせるというよりも、なにかこう、身体感覚が訴えかけてくるような感じがしている。

では、「一つに収束されるような『何か』」とは、一体、何なのだろう?......これを言葉にしてしまうと、「幸せ」とか、「愛」とか、「尊重」とは、使い方を間違えると薄っぺらく、うさん臭く感じられるような言葉にまとまってしまいそうな感じがして怖いのだけれど、なんとなく、そういうものではないような感じもする。なんだろう?胸のあたりにある、この感じは。

それでも、その感覚をあえて言葉にしてみると......「生きる」という言葉が浮かんできた。あぁ、そうだ。「みんなちがう」は「ばらばらな感じ」が嫌なんだ。

だからといって、「みんな一つになって生きましょう」と言葉にするのも、何かが違うような気がするし......あー、困った。

ボクたちが生きていく上で、「これは譲れないよね」「何があっても、これって大事だよね」みたいな、大切な「何か」、あるいは、大切な「価値観」みたいなものはあるように思う。その価値は一定で、「みんなちがう」とは異なるベクトルだ。

そういうものは確実にあるような気がする。

今日もお読みいただきありがとうございます。言語化できない感覚は、気持ちがわるい。

連載ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロールがはじまりました!

Comment(2)

コメント

就活中

こんにちは。
ガイアの夜明けを拝見しました。面白かったです。
長文になりました。眠くなるようならスルーして下さい。


最近話題の多様性について、僕自身が違和感を感じているのでコメントします。
よく聞く多様性は、ある一定の基準を満たしている人を前提としながら、
自分とは違う価値観を求めるようなイメージがあります。


例えば就活でも、学歴やSPI、資格や留学経験など他者より優れていれば
そのような人達の方が会社に雇用されやすいでしょう。
そしてそのような能力を得るには個人差はあれど、環境が近いほど身に付きやすくなります。


似た環境なら言葉が悪いですが、思考と性格が金太郎飴かもしれません。
中にはまったく違う発想と行動が出来る人もいるので、一律ではありませんが。

ちなみに利益を求めるのが企業なので、そこに不満がある訳ではありません。


ただ、なんでもありなら極端な話、シリアで困っている人で優秀な人を会社が雇用しても良いわけです。
高学歴の技術者もいるでしょう。でもなかなか難しい。


例えば新卒なら22や23歳だろうと考えるわけです。それが大多数なので。

あるいは何か持病や障害を持って困っている人のために、バリアフリー化を進めようと考えても上手くいかなかったりするのです。健康で体に不便さを感じたことが多いので。


そうした知識と感覚、暗黙の了解といったマナーや倫理観、様々なことを前提として話す多様性。


それは多様性ではなく、工場で言えば一定の出荷基準を満たしたうえで、耐久性や最大出力、値段や生産過程を主張しているようなお花畑なのではないかと感じました。

多様性ではなくせいぜい選別が違うだけのお話かと思います。


コメントを投稿する