「しごと」をもっと楽しくしたい!

情報がたくさんあるからこそ、自分の中に答えを求める

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

インターネット時代になって、身の回りは情報で溢れるようになりました。

一昔前は、知りたい情報は本で得るしかなかったのに(特に、技術的な情報が書かれた本はすごく高かった!)、今は、ネットでチャチャっと検索すれば、知りたい情報が出てきます。

本当に、便利な時代になりました。

一方で、情報がありすぎるがために、迷う……という弊害も、出ているような気がしています。

たとえば、「仕事のやりがいって何だろう?」って考えたときに、今までは一人、哲学的に考えるしかなかった。本を買って、読んで、「大体こういうものだろう」ということを察するしかなかった。でも、こういう時間が意外と大事でした。

けれども、今は、ネットを検索すれば、「やりがいを得られる○つのポイント」なんて記事があって、それを読んで、「そうだよなぁ」とボンヤリ思うけれども、それで終わってしまう……そんな感じで、大切なことでも、サラッと流れて(流して)しまう……それが、現代のネット社会。

もちろん、それでいいこともたくさんあるわけですけれども、そんな情報がたくさんありすぎるから迷うってこともあるわけで。「本当にこれでいいのかなぁ?」と思ったときには、自分の「外」に答えを求めるのではなく、自分の「中」に答えを求めることも大事なのではないかと、思うわけであります。

情報って便利だけど、人を考えさせなくなってしまうよね、たまには、秋の夜長に、ゆっくりと考えにふけってみたいもの。

Comment(2)

コメント

輪番2日目

>今は、ネットでチャチャっと検索すれば、知りたい情報が出てきます。
出てきた情報が信じるに値する情報かという判断は何を以ってすればいいのでしょうか?

輪番2日目さん、コメントありがとうございます。

>出てきた情報が信じるに値する情報かという判断は何を以ってすればいいのでしょうか?

その前に、ひとつ質問させてください。
たとえば・・・ボクが輪番2日目さんのご質問にお答えしたとしますよね。その答えが「これは信じるに値する情報である」と、何をもって判断されるのですか?

コメントを投稿する