「しごと」をもっと楽しくしたい!

和光ベンディングさんでコミュニケーション研修を開催しました

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

11/30(土)、新潟県・新津にある自動販売機の設置やオペレーティング事業をされている元気な会社、和光ベンディングさんで開催させていただいたコミュニケーション研修が終わりました。

この研修は、リーダーのみなさんが職場の部門間や上下関係の中で、相手を認め、受け入れる空気を作り、相手を理解するスキルを身に着けることで、よりよい職場を作ることを目的に開催されました。

研修は毎月1回で全3日、3ヶ月にわたって開催しました。この形は研修から研修の間に1か月の実践期間があるので身に着けやすいこと、分からないことは次の回で質問できること、業務的にも負担が少ないことなどのメリットがあるかなと思っています。

今回の研修では、新しく開発した「コミュニケーションU」というモデルに沿って、「信頼関係を作るスキル」「傾聴のスキル」「問いかけのスキル(トライアングルコミュニケーションモデル)」「前向きにリードするスキル」を学びました。

コミュニケーションU

コミュニケーションは、その瞬間瞬間で会話が変わっていきます。話を聞いたり、問いかけたりする際に「何を」「どのように」「どこにポイントを置いて」聞き出すかというのが、意外と難しい……。

その難しさを、シンプルなロジックで(ある意味機械的に)、そして、視覚的に会話の流れを作れるようにするコミュニケーションスキルをお伝えしました。

最近、よく思うのですが、コミュニケーションスキルを身に着けるためには、複雑なことを学ぶよりも、シンプルな基本を繰り返し練習することのほうが大事なのではないかと思います。あとは、「あり方」ですね。車は移動に便利でも、使い方を間違えると命を奪ってしまうように、どんなに優れたスキルでも、使い方を間違えると凶器にもなってしまうので。

スキル的な内容については、ちょうど今、誠Biz.IDさんで連載させていただいているボクの不安が「働く力」に変わるときの中で小連載していますので、よかったら読んでみてください。

研修の最後に和光ベンディングのみなさんと記念写真をパチリ。みなさん明るくて、私も楽しく進めさせていただくことができました。ありがとうございました。そして、研修の機会をいただきました加藤社長、ありがとうございました!

和光ベンディングのみなさんと

講演・研修等のお問い合わせはこちらからどうぞ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する