「しごと」をもっと楽しくしたい!

数字は半角で書くべき?

»

先日、あるところで「数字は半角で書くべきだ」という意見を見ました。

ボクもプログラマー時代、「数字は半角で書くべきだ」と思っていました。いや、もっと正確に言えば、最近までそうでした。

数字を半角で書く理由はいくつかありますが、一言で言えば「職業柄」といったところでしょうか。

ボクはプログラマー時代、Web系のアプリケーションを組むことが多かったのですが、2000年頃は、インターネットで使う日本語の全角文字は文字化けしやすかったので、「英数字は半角を使う」とか、「"まるいち"のような特殊文字は使うな」というのがある種の業界標準で、その習慣がずっとありました。

また、全角の「1」と半角の「1」では、同じ「いち」でも、コンピューター上で扱う情報(これを「文字コード」と言います)が異なるので、同じ「いち」として扱えるようにすべて半角に統一して扱おうとする習慣が、数字を半角で書かせていたのかもしれません。

そのほか、見た目がそろっていた方が美しいとか、全角数字より半角数字のほうがなぜか知的に見える(ような気がする)とか、あーとかこーとか、いろんな理由がありました。

けれども、最近、そのこだわりがあまりなくなってきました。

その理由を一言で表せば、「いろんな書き方がある」ということを知ったからです。

■「数字は半角」にこだわらなくなったきっかけ

その最初のきっかけは、あるメールマガジンから寄稿を依頼されたときでした。そのメールマガジンでは書き方のルールがあって、数字が1桁のときは全角文字、2桁以上のときは半角文字を使うと指示されました。

つまり・・・
「私は3(全角)月15(半角)日生まれです」
のようにです。

これは「読者の読みやすさ」を意図しているとのことでした。メールソフトでは等幅フォントが使われる機会が多いので、文字が縦横そろっていたほうが読みやすいのでは?という配慮です(ちなみに、数字が3桁以上のときも半角とのことでした。縦横をそろえるために、半角スペースを入れて工夫したりもしました)。

これ、プログラマー出身としては少し気持ちが悪い表記なのですが、「読者の読みやすさ」という視点でみたら、「なるほど!」と思ったできごとでした。

私もメールマガジンを書いているのですが、それ以来、メルマガの場合はこの表記にしています。

■数字に全角文字が使われている資料もある

また、プログラマー時代よりも、いろんな資料を目にする機会が増えたこともこだわりがなくなったことの1つです。

たとえば、行政や法務関係の資料では、

平成25年 3月15日

のように、数字に全角文字を使っているものがたくさんあります(その理由はよく分かりません。詳しい方、教えてください)。フォントが等幅+明朝体を使っていたりすると縦横きれいにそろうので、これはこれで美しい……。逆に、数字だけ違うフォントになっていたり、縦横がそろってなかったりすると違和感があるから不思議です。

ちなみに、士業の方によれば、「数字は全角」であることが多いそうです。行政系が全角を使うことが多いからか、それに見慣れているのでしょうね。きっと。

■で、結論

この記事のタイトルは、「数字は半角で書くべき?」です。

少し前の私なら、「数字は半角で書くべき」でした。特にプログラマー時代は「ドキュメントに使う数字を全角で書くなんてありえない」でした。

けれども、いろんな業界のいろんな意見に触れて、今現在の私なりの結論としては、「自分のこだわり」は薄れ、「読み手の読みやすさ」のほうが大事なのかも?と思うようになり、そのときそのときで書き方を変えています。

ざっくりまとめると・・・

  • 基本は半角。無秩序に混在させない
  • メールマガジンは1桁なら全角+2桁以上は半角
  • 行政や法務系の場合は全角
  • 書籍など縦書きの場合は「縦になったらどうなるか」も考慮して。時に漢数字も
  • 見出し等、半角では見づらいときはあえて全角にすることも
  • その他、相手に合わせて

いろんなご意見はあろうかと思いますが、現在はこんな感じで落ち着いています。

Comment(8)

コメント

Ifreeta

日本語には本来は半角は無かったと思いますよ。

縦書きから横書きに変わり今の数字が輸入されてからかなあ。

現代の日本語では半角数字を使いますが英文字も全角と半角を使いますよね。

ワープロが入ってから30年近く現在は書かないで打ってばかりだと思います。文章や表等を綺麗に見せるためには全角と半角を使い分けながら書類を作成しています。

ワードを使うと分かりますが、英文仕様のフォントだと日本語には適していません。縦横が綺麗に並ばないし、どうにかすると左端まで並びません。

英数字は、ワードで一つですが、日本語は文字一字が一つです。

プログラムのソース等は日本語ではないので半角ですが、それを元にして文章中の数字は原則半角にはなりませんよ。

Ifreetaさん、コメントありがとうございます。
日本語にお詳しいのでしょうね。
日本語の成り立ちまで考えたことはありませんでした。
私は経験的に身に付けてきただけなので、何が正しいのかはよく分からないのですが、今はシーンに合わせるようにしています。完璧に・・・とは、なかなか行かないのが悔しいところです。

文豪@書院

半角、全角じゃぁ無くて1バイト文字、2バイト文字ですね。
2バイト文字だって半角サイズは定義されてますから。

>日本語にお詳しいのでしょうね。
これって皮肉?

文豪@書院さん、コメントありがとうございます。
> 半角、全角じゃぁ無くて1バイト文字、2バイト文字ですね。
この記事は文章の「見た目」「読みやすさ」について考えてみました。

> これって皮肉?
皮肉と思われたのですね。私は日本語の成り立ちやワープロのことを考えたことがなかったので、敬意を込めて書きました。

文豪@書院

>この記事は文章の「見た目」「読みやすさ」について考えてみました。
あのー、全角、半角ってドットプリンターの時代の話ですよね?
「ポイント」、「プロポーショナル」って言う概念についてはご存知でしょうか?

文豪@書院

>私は日本語の成り立ちやワープロのことを考えたことがなかったので、
お考え頂きたいのはDTPの概念です。
日本語ワープロはいわばDTPの暗黒時代です。

morya

自分も最近転職した会社で、雛形から書類作成したり、過去の書類をコピーしてそれを修正して新しい文書作ったりしてる時に、この問題にぶち当たりました。

というのも、この会社の文書は作成した人の気分(?)で使用フォントが違うので、フォントによっては半角数字が他の文字に比べ小さすぎて読みにくくバランスが悪いことがあるからです。
同種の他の文書との見栄えの統一感から、自分勝手に今さらフォントを変えるわけにもいかず、かといって全部の書類のフォントを統一するとか時間の無駄だし。

だから、この会社では数字を半角で入力するのは諦めました。
その場しのぎで、どっちかよさげなほうを入力してます。

moryaさん、コメントありがとうございます。
ご自身としては統一したい、けれども、それも叶わない・・・モヤモヤした気持ちを抱かれていらっしゃるのでしょうね。私も以前moryaさんのように感じたことがあります。そこまで意識されて作るmoryaさんのドキュメントは、きっと統一感があって読みやすいのでしょうね。

コメントを投稿する