「しごと」をもっと楽しくしたい!

自分のことを「社畜」と言うのはもうやめよう

»

ネット上を見ていると、時々「社畜」という言葉を目にする。
ボクは「社畜」という言葉をみると無性に悲しくなる。

なぜ、悲しくなるのか?
それは、何気なく使っている言葉で自分を傷つけ
可能性をつぶしているように思えるからだ。

ボクは「社畜」という言葉を今日初めて使う。
本来ならば、インターネットという集合的無意識の中に
悲しい言葉を残すのは避けるべきなのだけれど
今日はあえて書くことにした。
 
 
 
「社畜」という言葉には、2つの使い方がある。

1つは、「あの人は、社畜だ」のような、第三者を指す使い方だ。

ボクの知人に、仕事が大好きな人がいる。
遊びに行くことよりも仕事を優先。休み返上で一生懸命働く。

周りの人は知人を、「そんなに会社のために尽くさなくてもいいのに……」と言う。
ひょっとしたら、彼は周りの人から「社畜」だと思われているかもしれない。

だが、彼は仕事が好きで好きで仕方ない。自分の意志で働いている。
まわりの目にどう映ろうが、どう言われようが彼にとっては関係のないことだ。
 
 
 
問題は、もう1つのほう。「私は、社畜だ」のような、自分を指す使い方だ。

時々目にするのは、ある記事を見て
「社畜(のような私)は○○しろということですね。わかります」
というようなコメントを残すケースだ。
ひょっとしたら冗談っぽく、軽い気持ちで使っているのかもしれない。

だが、よく考えてみてほしい。
言葉の積み重ねは、思考を形作り、セルフイメージを作り上げる。
それはまるで、「わたし」=「○○」と関連付けるプログラミングのようだものだ。

「わたし」 = 「自分の意志で働くスーパーサラリーマン」という言葉を使うとそうなれるし
「わたし」 = 「社畜」という言葉を使うとそうなれる。

さらに、ブログやソーシャルメディアに書き込むために言葉を文字にすると
目がらその情報を読み取り、頭のハードディスクにインストールする。

多くの場合、見た言葉を音読しながら文字にするから
 「わたしは、社畜だ」
 「わたしは、社畜だ」
     ・
     ・
     ・
と、こころのデータベースに書き込む。

そして、次の機会に
あなたのハードディスクやデータベースに蓄積された情報の中から次の思考が生まれる。
「わたしは、社畜だ」と。

「そんな大げさなぁ」と思うかもしれない。
だが、繰り返し使う言葉はあなたに自己暗示をかけ、あなたを支配するぐらいのチカラがあるのだ。
 
 
 
あなたは本当に「社畜」なのか?
誰がそんなことを言った?
もしそんなやつがいたら俺の前に連れてこい。ぶっとばしてやる。

それでもまだ「社畜」でいたいのなら
それを選択する権利はあなたにある。

だけど、これだけは言わせてほしい。
あなたは決して「社畜」なんかじゃない。
ひょっとしたら、今はそう思っているかもしれないけれど、そんなことは断じてない。

あなたはただ、会社から給与をもらう形態で働いているだけだ。
多くの人と働いているから、時々、自分の思い通りにならないことがあるだけだ。

自分の思い通りにならないことなんて、誰にでもある。
もちろん、ボクにもある。働く形態じゃないんだ。

だからと言って、自己啓発セミナーにあるような
「俺(私)はできる!」と無理にポジティブに思い込んだり、大きな声で叫んだりする必要はないよ。
そんなことをしなくたって大丈夫。
「ひょっとしたら、ボク(私)にもいいところがあるかも?」ぐらいから始めるといい。
そして、「社畜」に変わる、もっとイカしたネーミングを考えてみよう。
 
 
 
「社畜」という言葉を使いたくなるのは、ひょっとしたら
いろんなご苦労や、歯がゆい思いをされてきたからこそなのかもしれません。
もし、そうだったのだとしたら、今まで本当に大変でしたね。

でも、もう金輪際、自分のことを「社畜」などと言うのはやめませんか?

最後に・・・今日は「社畜」という言葉を何度も使ってしまいました。
この言葉を見ただけで嫌な気分になった方もいるかもしれません。
もし、いらっしゃいましたらごめんなさい。お詫びします。

Comment(8)

コメント

昭和の田中です。ハゲシク共感したので、思わずコメントします。 畜を調べると「飼われている動物」といった意味ですね。会社に飼われていると言う意味で使うのでしょうか?
自虐的に笑いつつ使っているんです、ということもあるかもしれませんが、「自虐」自体がすでに「自分」を「虐げる」わけで、よろしくないような。 もっと自分を大切に、自分の心も体も大切にと思います。そのためには、使う言葉って大事です。 自分が発する言葉は自分の耳に入り、目に映り、そうして、自分の中に再び取り込まれていくから。 自分に「ネガティブ」な言葉の毒が徐々にしみこんでしまうと思うから。

田中さん、コメントありがとうございます。
楽しいブログ、いつも拝見しています。
分かって使っているのならまだいいのですが、何気なく使うと本当にそうなってしまいそうですよね。言葉を一番近くで聞いているのは自分自身ですものね。

かもしー

少しずれますが、小職や小生という言い方も好きになれません。私、僕、でいいじゃないか。と思うのです。

かもしーさん、コメントありがとうございます。
小職や小生という言い方が好きになれないのですね。
自分を謙る、ある意味「日本人らしい」言葉とも言えそうですね。
もっと自分らしく、自信を持てたらいいですね。

仲澤@失業者

自分は、「社畜」の皆さんがこぼした餌を拾い食いするしか
生きる道のない派遣という身分です。
派遣をやってみればすぐにわかりますが、社畜という
身分は結構幸福に見えます。卑下する必要はないでしょう。
それに比べれば派遣など野良犬以下です。
自分の希望の姿を自称するのは良い励みになるでしょうが、
実体とかけ離れた願望を持つのは不幸を呼び込むだけです。
会社を辞めて、明日から一人で飯を探しに行くことに対して、
躊躇する気持ちがあるうちは、ある意味、首に縄が
つながっていることと同じだと考えます。
さて、この意味において自分は社畜でないと、もう一度
声に出していってみてください(笑)。

仲澤さん、コメントありがとうございます。

いろんなご苦労・不安をお持ちなのでしょうね。私も収入がほとんどなかったり、今まで主軸になっていた仕事が突然なくなり路頭に迷った経験があるので、そのお気持ちはよく分かります。不安が多いとき、思うようにいかないとき、前向きに考えることはなかなか難しいですね。「それができれば苦労しないよ」と思った当時を思い出します。

私は、「お金がある/ない」「働く形態」で誰かを卑下するつもりは一切ありません。誰に言われても、「自分の捉え方は自分で決めることができる」と大きな声で言います。

たとえば、私には、サラリーマンを辞めて派遣の働き方をあえて選択し、新しい道を見つけようとしている知人がいます。また、震災をきっかけに何の準備もできていないのに勢い余って会社をやめて無職に。それを機会に一人で仕事をはじめ、仲間から応援されている知人もいます。「カネなし、コネなし、人脈なしが最も強い」と彼らは言います。

いろいろとご苦労されていらっしゃると思いますが、近い将来、「あの経験のおかげで」と思える日が来ると信じます。ご自身の捉え方はご自身でお決めになってください。

匿名

5年近く前の記事にコメントするのもどうかと思ったのですが共感しました。
自分でその言葉を使ってる人達は私の体感でなのですが、転職に動こうとしない人が多かったです。
逆にその言葉を使ってない人は気づいたら転職してるという人が多かったです

コメントを投稿する