「しごと」をもっと楽しくしたい!

Let's Note CF-R6をSSD化&リフレッシュ

»

こんにちは。寒いですね~。

今朝起きたら、裏の畑が白くなっていました。初雪です。

さて・・・

先日、「新しいMacBook Air、登場。」というメールを見ながら、数年前のLet's Noteを前に一人ウキウキするボクという記事を書きました。

ヤフオクで購入したCF-R6くん。リフレッシュするための部品がすべて整ったので、SSD化、とリフレッシュを行いました。

これが、64GBのSSDです。

Crucial RealSSD C300 シリーズ 64GB (SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC064MAG-1G1

Crucial RealSSD C300 シリーズ 64GB (SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC064MAG-1G1

CF-R6の分解は、こちらとこちらのサイトにお世話になりました。ありがとうございました!

Let's Noteの分解は難しいと聞いていましたが、取り外す部品は多いものの、手順通り進めればそれほど難しくはありませんでした。

分解したところです。

3

ハードディスクとSSDです。持った感じは、SSDのほうが軽いです。

4

パームレストもこのようにずいぶんへたっていたので交換。キーボードもテカリやがたつきがあったので、新品に交換しました。

2

今回買ったモデルは無線LANが内臓されていないので、USBの無線LANをつけました。 PLANEX 11n/g/b対応 150Mbpsハイパワー無線LAN USBアダプタ GW-USValue-EZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
PLANEX 11n/g/b対応 150Mbpsハイパワー無線LAN USBアダプタ GW-USValue-EZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

小さいので出っ張らず、持ち運びにも苦労なさそうです。これが999円とは驚きでした。

そして、リフレッシュにより生まれ変わったCF-R6がこちら。

5  

OSは標準モデルではVistaがインストールされているモデルですが、軽さ重視でXPを選択しました。

HDDでも快適でしたが、SSD化により起動速度などが早くなり、さらに快適になりました。また、CF-R6はファンレスな上に、SSD化で完全無音になったのもポイントの1つ。

ネットブックでは遅さにストレスがありましたので、これでモバイル環境も快適になりそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する