「しごと」をもっと楽しくしたい!

気象予報士が雨を「天気が悪い」とは言わない理由

»

昨日、偶然テレビを付けたらクイズ番組が放送されていて、その中に「これはいい!」という問題がありました。その問題とは、「気象予報士は、雨でも『天気が悪い』とは言わないのはなぜか?」でした。

みなさん、何だと思われますか?「そんなの簡単じゃ~ん」と思われている方もいるかもしれませんね。

正解は、「雨は全ての人に悪いものだとは限らないから」だそうです。一般的に、雨のイメージは「悪いもの」ですが、農家にとって、農作物が育つために雨は重要なものですし(今年は雨が多くて我が家も泣かされましたけど(苦笑))、気温が35℃を超えるような夏なら、雨が降ったおかげで涼しく感じることもあるかもしれません。雨はまさに「恵みの雨」ともなるんですね。同じ雨なのに、いいにも悪いにも捉えることができるなんて、面白いですね。

このクイズ自体、聞いてしまえば「あ~、なるほどね~」で終わってもいい話なんですが、私はこの話に奥深さを感じています。なぜなら、(全てとは言わないまでも)多くのビジネスや生活上の問題は「捉え方の問題」なので、この考え方で解決できてしまうからです。

目の前の出来事について、私はこの「いい・悪いを決め付けない」ということを普段からちょっと意識して生活しています。その理由は、雨は悪い側面だけではなく、いい側面があるように「いい/悪いは表裏一体だから」です。そして、悪いと思ったことの裏側にある「いいとこ探し」をするようにしています。

最近は、これが思考のクセになって、ネガティブな出来事も前向きに捉えられるようになり、ストレスコントロールができるようになりました(私は短気なほうなので、全て…とは言いませんが(苦笑))。

これをお読みの方の中には、「それって、単にプラス思考のことを言っているんじゃないの?プラス思考と何が違うの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

私の感覚では、一般的に言われているプラス思考とはちょっと違います。一般的なプラス思考の解釈は、「悪いことをいいことに考える」ぐらいのニュアンスで考えている方が多いと思います。また、「雨を晴れだと思い込みなさい」みたいな無理やり感があると思います。でも、雨は雨なので、晴れだと思い込むのには無理があります。

私が考える本当のプラス思考は、「雨は晴れにはできないので、雨が役立つ側面を探す。」というものです。これには無理がありません。もちろん、すべての出来事について「いいとこ探し」が即時に出来るわけではありませんが、探そうと思えばいくらでも探すことはできます。

私たちの身の回りに起きる多くの問題は「捉え方の問題」が多いので、考え方を変えることで解決できることがたくさんあります。物事を前向きに捉える習慣により、ストレスコントロールに繋げることもできます。

さらに、「あっ、そういう捉え方もできるよね」という気づきやひらめき感は意外と楽しいことに気づかれると思います。物事を俯瞰的に、多面的に考えるいい練習にもなります。

この「いいとこ探し」をするためには、「おかげで~」に続く文章を考えてみてください。「雨が降ったおかげで~」のようにですね。

ちなみに、これを心理学用語では「リフレーミング」と言います。とても簡単ですので、みなさんもやってみてください。

Comment(10)

コメント

Toms

>一般的なプラス思考の解釈は、「悪いことをいいことに考える」ぐらいのニュアンスで考えている方が多いと思います。
これが
>また、「雨を晴れだと思い込みなさい」みたいな無理やり感があると思います。
これになるのは飛躍しすぎといいますか、思い込みじゃないですかねえ。

Tomさん、コメントありがとうございます。
> これになるのは飛躍しすぎといいますか、思い込みじゃないですかねえ。
雨を晴れ・・・というのはさすがにないかもしれませんね。話のきっかけが天気でしたので、あくまでもたとえ話としてご理解下さい。

そういえば、昔ですが、「台風が、北海道へそれました」という言葉も、NG=絶対に使わないだと聞いたことがあります。
当たり前ですけど、つい言葉にしちゃうかも。

kawakamiさん、コメントありがとうございます。
> そういえば、昔ですが、「台風が、北海道へそれました」という言葉も、NG=絶対に使わないだと聞いたことがあります。
こちらのほうが、クイズ番組より難しいですね。使ってはいけない理由をご存知でしたら教えていただけるとうれしいです。

「北海道にそれる」というのは、本州とか、関東中心な考え方であって、北海道も日本なのだから、北海道にそれるという言葉は、北海道を日本として見ていないということだったと思います。
北海道民にとって、北海道にそれるというのは、良い意味には感じないということでしょう。北海道に台風がやってきて、良かったという意味にとられてしまいがちです。
言われてみれば、その通りだと思う言葉の使い方ですね。

kawakamiさん
> 「北海道にそれる」というのは、本州とか、関東中心な考え方であって、
なるほど。言われてみれば 「北海道にそれる」というのは本州から見て「北海道の方に行った」みたいなニュアンスを感じますね。
となると、「北海道の右側に位置している」などという言い方がいいんでしょうかね。

匿名

どうでもいいけど私は雨が大嫌いです
私にとってはとても悪いです
なので悪い天気といいます
自分目線で語ってるので

KY

素直に「なるほどな~」と思いました。
批判的なご意見もありますが、正直なところ、「なんでそんなにひねくれてるの?」って感じです。
人それぞれですね。
竹内さん、これからも期待しています!

竹内義晴

KYさん、コメントありがとうございます。
「そう思った」のは仕方がないですよね。
一方で、「どういう気分で過ごしたいか」は、自分で選ぶことができるし、決めることもできます。
まぁ、なかなか難しいこともありますけどね(笑)

コメントを投稿する