通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

何故私がブログのエントリーの文章で文頭一文字下げをしないのかって?

»

けんじろうさんの「ネッ トやIT技術に弱いブロガー」を1秒で見分ける方法!?に触発されて。エントリー中でもけんじろうさんが触れていましたが(といいつつ私は11位以下のバケツ分析の方に入っていますが)、私はブログのエントリーでは文頭一文字下げをしません。意識するしない以前にそういう風にしています。でも、それはそれでこじつけ気味ではありますがは実はちゃんと言い訳理由があるんですよ。

 

そもそも日本語の文字は等幅(固定幅)であるという歴史的事実

本来日本語の文字は一つ一つが正方形に収まるものです。原稿用紙はそれを手書きで実現するためにあるんだよ、なんて暴論を吐くといろんな方に怒られそうですが、文字を書き記した面を眺めるときにその配列の美しさっていうのがあるんですね、本来。

その正方形の文字を並べて文章とする中で、文語の世界で字下げが無いと読みにくいというのは事実で、長い歴史の中で日本語として文頭を下げるというのが生まれてきた、と言う風に解釈しています。

違っていたらごめんなさい。

まぁこれでも電算写植(死語です)の頃、そして活版印刷の本が全盛だったころに版組みをそれなりに勉強した事がある立場としては、文字の字面の美しさってのは良いなぁと思うわけですが・・・

 

等幅フォントが明示的に使えないとか、レイアウトを規定できないなら字下げはしない、という言い訳

アルファベットが入りこみ、等幅ではないプロポーショナルフォントが一般に使われだしてくると、本来持っていた字面としての綺麗さというのはかなり変わります。もちろん文字として幅が必要なものもあれば、横に詰めても大丈夫な文字もあるわけですが、いずれにせよ一文字下げてもその後の文頭の文字次第で次の行の二文字目と合わない。もっと言ってしまうと、そもそも例えばWeb上でのある文字列表示のための幅なんてのは勝手にテンプレートなりなんなりで決められてしまうので、行の字送りを考えても殆ど意味が無いという状況も普通にあるわけです。

 

たとえばこの部分っていうのは純粋に等幅フォントを使っていますから、基本的には行の中での文字数や文字が占有する幅というのはわかるんですね。ディスプレイで表示する上で微妙にずれたりしますが、本来は縦横キッチリと揃うはずなんです。だからこそ、その中での文頭一文字下げっていうのは美しさと読みやすさを表現できると思ってます。

それに対して普通に打つ部分っていうのはフォントを指定しなければブラウザー側で勝手に適当なフォントを当て込んで表示するわけです。

まぁ、言い訳といえば言い訳ですが、なんだかどうでも良いやって思ってるのは正直なところです。

 

因みにメールなんかでも同じ。字下げしませんね、私の場合。

文節の区切りをブランク行を入れることにより表現する事が多い私の場合、よくよく考えるとメールの文面でも基本的に字下げはしないですね。もちろんメールを処理するソフトウェアや環境は千差万別で、横の文字数制限も環境によって違いますから、妙なところで改行とか入り込んだメールが転送を繰り返すとなんだか妙なところでガンガン改行して訳がわからなくなる、なんてのは日常茶飯事。

これはちょっと困り者です。

それと・・・ そうそう。最近は余り書かなくなった、ナレーションなどの原稿。ナレーターに渡す最終原稿は縦書きが基本なので、等幅フォントを使うことが基本です。少なくとも私の場合。アルファベットが入ると面倒くさいのですが、まぁそれはナレーターさんと話をして書き方を決めます。たまに横文字だらけの原稿であれば仕方なく横書きにしますが、実は大抵はカタカナ表記で縦書きだったりします。

これって結構業界の常識に近いところなのですが、意外なほど知られてないですよね。

あ、ここで気が付いた。要はですね。日本語を横書きするから本来文字面として日本語が持っていた美観が継承できないんですよ。そうだそうだ。。。。と私ごときが言い切ると、「このアホは本当に何もわかっとらんな」とお叱りを受けそうですが、でも元々縦書きだったんだから、というのは歴史的事実。

ま、だからお前は字下げしないのか?といわれると、いや、まぁそれは別の話ですよね・・・と声が小さくなってしまいますが(笑

Comment(13)

コメント

ふむふむ。結局、皆さん、なんとなく使い分けされているということですね。

吉田 賢治郎さん、コメントありがとうございます。
 
まぁ、確かに四の五の言っても結局はなんとなく、なんでしょうね。

こんにちは。
すみません。私も絶対字下げしません・・・苦笑

トラパパさん、コメントありがとうございます。
 
この辺りのスタイルって、どこかで決まっちゃうと余程のキッカケが無いと変わらないんですよね。でも・・・ そもそもトラパパさんのブログエントリーのスタイルだと字下げ云々以前の話のような気もしますが(笑

UFO教授

日本語で、行頭を1文字開けるのは伝統的に明白でしょう。どちらが読みやすいかとか言うことはあるかも知れませんが、普通の日本語の出版物で字下げしていない物は、ほとんど無いでしょう。
 ネット上だけの特別な方法かも知れませんが、特に、メリットがあるようにも思えません。
 上の文書も字下げしていないように見えますが、これは、勝手に、プロバイダのソフトが空白を認識しないからでしょうね。プログラムでは、複数の空白は、1つの空白にまとめるような形での処理がなされていますが、文字表現とは別のものでしょう。

UFO教授さん、コメントありがとうございます。
 
出版物というレベルで言うと基本的に字下げですね。

ちなみにご指摘いただいている「上の文書」が私のエントリーを指すのであれば、表示のためのソフトの話以前に、文章のデータ上でも字下げのための空白は入れていませんね。

@まさかず

「インターネットやITに弱いブロガーは、文章の最初を字下げする」と言うか
大昔の癖が残ってる人は一切字下げしない。って癖付いてるだけ・・

空白でもデータなので当然処理量が増える、今のコンピュータならいざ知らず
大昔のコンピュータだとタダでさえ日本語処理が重かったのに、無駄な処理(なくても文面が解る)をさせたくなかったからだとおもう。

逆に、現代のコンピュータの状況から勘案すると、見やすい方でよい!

むしろ、字下げスルナと押し付ける方が、情報弱者だろ・・いつの時代の人かな?

まさかずさん、コメントありがとうございます。
 
基本的な現在の日本語の表記ルールとしての字下げという部分の存在をキチンと理解しているかどうか、というのがまず最初にあるかと思いますね。それが基本であるという理解のもとに字下げをしない理由があれば或る意味確信犯なんですが、単なる表示上これでいいじゃんと解釈してしまうのはちょっと違う気がしています。
 
ちなみに私が仕事を始めたころは「大昔のコンピュータ」が苦労して日本語処理環境を手に入れようとしていた「大昔」と言われる時期でしたが、その時点ですら表示上の問題として字下げをするしないという議論は無かったはずですよ。基本的に文節の頭は字下げするのが日本語の基本的なルールなので議論の余地が無いという種類のものです。
 
このあたりの話は本当に掘り下げると実は大変なのですが、ルールはルール。それを崩すのは、そのルールを理解してルール通りにキチンと出来ているのが前提という話で、最初からそれも出来ずに最初から崩れているだけではダメだよねと思います。私は。

通りすがり

なんかごちゃごちゃ理由言ってますけど、「読みにくい」っていうデメリットを補って余りあるメリットが字下げしないことにより発生するんですかね。ブログも読み物である以上、読みやすさっていうのは一番大事にすべきだと思いますが……。
 日本では字下げするという教育がなされている以上、字下げするのは情報弱者っていうか、字下げしないのはちゃんとした教育を受けてないという印象を受けます。私は字下げしない記事を見たら、よほど興味を引かない限り一行目を見た時点でブラウザバックしますね。

 まあ昔の記事にあれやこれや言ってもしょうがないかもしれませんが。

morya

オレも字下げしてないな。
理由は、フォントが等幅じゃないから字下げした字と2行目の2文字目との位置が揃わないから、・・・だったかな?
こうなったのが随分前だから、なんで字下げしなくなったのか忘れました。

Web上での文章の読みやすさって、等幅フォントじゃない場合は字下げよりも、一文の長さや文中の句読点の位置や段落ごとに空白行を入れるかの方が重要な感じがする。
あと等幅じゃない場合「。」の幅が狭いから、基本1文ごとに改行しないとどこまでが1文かわかりにくくて読みづらいと思う。
↑はあくまで自分が読みやすいのはって話です。

メールは携帯の場合ショートメールしかなかった頃から使ってるので、字数制限の関係上ムダな空白を入れなかったので、字下げしてないクセがずっと残ってますね。
パソコンでの通常のeメールの場合も、過去の送信メールを見る限り残ってる最古の送信メールから字下げしてませんでした。
やっぱり、メールソフトが等幅フォントじゃないからかも知れません。

最近仕事で文章書こうとして、久しぶりに字下げしてたら妙な違和感を感じて、入力した文章の見た目が気持ち悪かったです。

ちなみにオレはよほどパッと見が読みづらい記事でない限りはブラウザバックはしませんが、逆にオレに読まれない記事ってよっぽどだと思う。
そういう自分の文章が読みやすいとは言えないという・・・(苦)

ardbeg32

自分は和文タイプライタ~紙カード~磁気コアメモリ~TK80~仕事始めは汎用機の世代です。
確かに日本語環境は貧弱でしたが、負荷がかかるから字下げしないというのは聞いた覚えがないですね。
見やすい見難いで言えば、適切な改行と段落づくりのほうがよほど重要じゃないですかね。文頭に半角文字など幅の調子が違うのが来ると、たちまち醜い文章になっちゃいますし。

あとり

好きなところで改行して問題良い文章は、文頭字下げなし
(段落は字下げではなくむしろ空白行)
半端な改行をしない文章では字下げあり
という暗黙ルールがある気がします。

メールでも、文章が横に伸びすぎないように適度に改行しましょうと言われますね。
あと、web上では行間が狭いので、段落をはっきりさせるのと、
見た目の圧迫感を和らげるために、
字下げより改行を用いるケースが多いのだと思います。

基本ルールは一字下げとわかっていて、web媒体で字下げをしないというのはありだと思います。
word文書で字下げしない文章出されたら説教もんですが。

あとり

↑一行目
×問題良い
○問題ない
でした

コメントを投稿する