通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

朝日新聞「沖縄集会は11万人参加」に対するイベント屋としての考察

»

中さんの朝日新聞「沖縄集会は11万人参加」→産経新聞「それは嘘」にトラバです。
色々なブログなどでも解説されている参加者数の根拠の信憑性について、イベント屋的な発想に基づく収容人数を乱暴に考えてみます。


会場はどれ位の広さ?

どうやら会場自体は25,000㎡くらいあるようなのですが、ここに11万人を突っ込むと、一人当たり約0.23㎡となります。会場となった公園全体に人を入れた場合です。通路も何も考えていません。

既に恐ろしいことが起きそうな予感がします。


イベント屋が考える大人一人当たりの占有面積

私の場合、展示会のフロアのスペースを計算する時の大人の占有面積は肩幅80cm x 胸の厚み50cm = 0.4㎡ を基本的なサイズとして考えています。また、例えばパイプ椅子の場合には横幅60cm x (椅子の奥行き60cm+間隔10cmで)70cm = 0.42㎡を基準にすることが多くあります。乱暴に計算すると、立っていようが座っていようが、人は0.4㎡程度の面積を占めることになります。

しかるに 0.23㎡の空間では50cm X 45cmくらいしかありません。満員電車状態です。膝を曲げることも出来ません。膝を曲げるスペースだけ考えた場合(これまた乱暴ですが)会場の面積が倍あれば物理的に11万人入れることは可能かもしれませんが、ラッシュの通勤電車の車内のような混雑状態で11万人が存在する場所というのは暴動が起きてもおかしくない状況のような気がします。


会場敷地の利用状況の仮定と収容人数見積もり

それに対して実際の大会の写真を見ると中央に大きな空スペースがあり、講演者が演壇の上で落ち着いて話をしています。取材陣のためのスペースも必要ですし、そのほかに通路やら何やらのスペースが必要ですので、(重ね重ね乱暴ですが)単純に来場者のためのスペースを全体25,000㎡の半分ちょっとの13,000㎡くらいと考えた場合、一人当たりの占有スペースを前述のように0.4㎡として、約13,000㎡ ÷ 0.4㎡ = 32,000人がある意味当日の収容限界じゃないかという気がします。

かたや警察や消防は場所としての収容限界を経験上知っていますから、催事の許可を申請する時点で不用意に多すぎる参加人数を書き込んでいると催事の開催許可そのものが降りないですね。警備計画云々とか以前の話です。


素直に考えて11万人は言いすぎのような気がします。

正確な図面が無いのでこの会場全体の面積がどうなのか、催事に使える部分という意味での有効面積はどうだったのか、更にはレイアウトからどれほどのスペースが来場者のために用意されていたのかがわかりませんからあくまで推測ですが、それを割り引いても個人的には正直11万人というのは言いすぎじゃないかという気はします。

まぁ、こういう集会や大会ではよくある話ですけど。

Comment(8)

コメント

おおた

実はイベント期間中にお客が3回転していた…って、ラーメン屋じゃないんだから(汗)。
 しかし、これを捏造だなんだと言っているとギスギスしてしまいますね。4万人だからって無視していいわけじゃないですし。こういう時にトゲの立たない(?)いい言葉があります。「サバ言うなコノヤロー!」。

おおたさん、コメントありがとうございます。
そうですね。正直一体何人の人がその場に居たのか良くわからないとは言え、少なくとも一つの目的のためにそれなりの数の人が集まったのは事実ですから、それ自体は冷静に評価するべきものだと思います。

thiud

イベントがいったん開始したら終わるまで誰も帰ってはいけないし途中から参加してはいけないと思ってるオバカさんが騒いでるだけじゃ?

thiudさん、コメントありがとうございます。
事後の色々な報道を随分と見てみたのですが、実際のところどうだったかというのは良くわからないです。ただ自治体や学校などへの動員がかかっていたのは事実のようですので、途中で変動があったとしても帰る人よりも後から駆けつける人の方が多かったのではないかとは思います。
でも主催者としては、内容云々とは別に自身が発表した参加者数の妥当性で議論を巻き起こしてしまった結果も冷静に評価しなくてはいけないんじゃないかとは思います。

遅ればせながら、TBありがとうございます。
 イベント屋としての考察、お見事です。とても分かり易かったです。そもそも消防からイベントの許可が下りないだろうというのは、なるほどその通りですね。
 地元の人に動員を呼びかける、強制するというのも、やはりあったんですね。そういえば私の知っている企業イベントにもそんなのがあったような。
 最近のニュースでいうと、富士のF1サーキットに某自動車メーカーの関連職員が強制動員させられた、ってのがありました。

NAKAさん、コメントありがとうございます。
恐れ入ります。
いや、今回の件、いろんな方が肩に力を入れていろいろと揉めているのは良くわかるのですが、現場で一番冷静にならなくてはいけないのは現場の運営。なにしろ問題が起きれば最後に責任を取らされる立場だというのが身に染みているので・・・自分がこの仕事を担当するならいったい定員を何人に設定するかという立場で考えてみました。

ちなみに現場への動員を関係各所に呼びかける事は普通に良く見かけます。私にも何度も経験があります。席を埋めるために動員を呼びかけるのはある意味悔しいのですが、無理やりつれてきた人にすら「これ、来てよかったよー」と如何に言わせるか。ある立場においては客席が埋まることが第一なのですが、どうも現場意識が強いのか、誰が来ようがその人なりの良い結果を持って帰ってもらおうじゃん的な発想で何とか切り盛りする・・・ようにがんばってます。

こんばんは、はじめまして。
お疲れ様です。
素人考えですが、交通も関係があるのではないかなと思いました。東京だったら駅や電車の輸送量限界がありますね。道路ならどれだ渋滞になり、渋滞になったら余計輸送量が減るのではないかと愚考しました。
白髪三千畳という言葉通りのようなものでしょうか。
なんであれ、平気で嘘をつく人間たちの言うことや行動を信用しろと言っても、ある程度以上の者たちには無理があります。
興味深い分析をありがとうございました。
今後ともご健勝をお祈りいたします。

unimaroさん、コメントありがとうございます。
確かに移動手段と移動にかかる時間というのは非常に大きな問題だと思います。
実はエントリーを最初に書く時点で仮に11万人の半分弱、例えば5万人を往復バスで輸送しようとすると輸送する人数は延べ10万人になってしまい、きっとこれは凄いことになるんだろうなとは思ったのですが、確保できるバスの台数以前に単純計算で50人乗りバスが数時間で延べ2000台発着出来るバスターミナルを道路事情も含めてこの会場周辺で設定することは現実的なんだろうかとか、新宿や渋谷のバスターミナルは一日どれ位の発着があるんだろうかとか考えた挙句、計算するのを止めてしまいました。
なんだか、やっぱり良くわからないですね。

コメントを投稿する