ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

内定者には会社をしっかり見てもらってから入社承諾をしてもらうのがフェア

»

おはようございます。

天気予報を見ると東京は最高気温予測28℃、7月中旬の暑さと。 
 
===ほぼ毎朝エッセー===

先月台湾に行き、面接を行い、技術者4名に内定を出しました。彼らには、日本のe-Janの状況を見学してもらい、そして納得してもらったら、入社の承諾をしてもらいます。こちらから面接を通じて一方的に見るのではなく、彼らにもe-Janを見てもらいたい。その上で、納得して入社してもらいたいと思うからです。それがフェアですから。

明日、内定者たちには、台湾から来てもらいます。ちょうど今開催している、EXPOの最終日の見学をしてもらいます。その後、会社に移動、社内見学、そしてEXPOの打ち上げを兼ねた社内パーティーで内定者たちとの懇親を行います。

通常の入社承諾者たちには、会社の雰囲気を知ってもらうために、【朝メール】が毎日送られます。少なくとも、自分が配属されるであろうという部署にどういう人たちがいるのか、どういうGood Newsを日報に書いているのか、それについてどういうコメントをもらっているのか。そういったことが感じられるためです。入社承諾時に秘密保持の契約をしています。

一方、今回の台湾での、内定はしているけど入社を承諾していないようなケースでは、機密性のある文書を送るわけにはいきません。一方、会社の雰囲気がわかるようなものを定期的にお知らせしたいです。

台湾出張から戻ってきてからの打ち合わせで、あるアイディアが出てきました。社外の人にもお送りしている「【朝メール】ライト版」を彼らにも送るということです。ただし、そのライト版には、【朝メール】の面白いコンテンツである、「各メンバーのGood News」と「それに対するコメント」が欠けています。さらには、コンテンツもほとんどが日本語です。日本語が毎日大量に送られきててもなかなか厳しいかもしれません。

では、どうしたのか?

会議に参加していたメンバーがそれぞれアイディアを出しました。開発グループのリーダーであるYさんがGood Newsの部分だけを抽出するプログラムを作成、それを新入社員である日本語の達者な中国人Tさんにチェックしてもらい、業務関連の部分を外します。さらに、中国語系スタッフのそれぞれがエッセーを持ち回りで書きます。それらを組み合わせて、AさんやRさんが毎日発信してくれることになりました。これで、内定者ですが入社未承認者の人たちにも、会社の雰囲気を伝えることができます。できることをやる。

いつもはエッセーが中国語なのですが、昨日はMさんが英語版を作ってくれたので、今朝はそれを添付しますね。Enjoy!

===

• Why choose to work in Japan?

This is very easy to answer. Tokyo is the metropolis in Japan and also in the world. It means you have a lot of resource available here. Seminar, workshop, talented and creative people and latest knowledge and technology attract me a lot. And also can't ignore that Japan's life quality is great. Compare with USA, Japan is most close to Taiwan not only distance but also habits.

• Talk about your current work

Roughly, whole develop team can be divide to two part, frontend and backend. I'm belong to backend, so it means my daily routine is solving bugs. Also, we always try to improve the performance of Cachatto. It means , most of the time, those two kinds of work are both exist. The latter one is more important but bugs are everywhere and sometime in a hurry. So learning how to switch between them is necessary.

• How does it feel working in E-Jan?

In E-Jan, employees who is foreigner or has experience studying abroad is not a small part. Having communication with people from different part of the world is not fresh to me but I still be surprised sometime. Some thing we think as normal is crazy to foreigners and vice versa. I enjoy talking with everyone in the company and also they are very kind and friendly to listen to my poor Japanese speaking .

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する