ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

驚きの結果!ロボット掃除機実測:第二世代 マキタ・dyson vs 第一世代 ルンバ・Kobold(2)

»

おはようございます。

5.0℃&1028hPa@4.30am。気圧高めです。予報より冷え込み少ないです。

===ほぼ毎朝エッセー===

昨日のブログ マキタとdyson、第二世代ロボット掃除機のルンバ比較テスト(1)】の続きです。

月曜日朝、スイッチを入れて電池が切れるまで掃除してもらった結果です。これは事前測定してある紙の重量を差し引いたゴミの収集量です。なお、紙の重量は全部測定して揃えてあります。

all 5 robots.jpg

写真↑の左から

Roomba 880 一号機
Roomba 880 二号機
Kobold VR100
dyson 360 eye
Makita RC200DZ

でのゴミ収集重量の比較です。

5 robots result.jpg

Roomba 880 一号機↓: 2.2グラム

roomba1.jpg

Roomba 880 二号機↓: 4.0グラム

roomba2.jpg

Kobold VR100↓   : 1.8グラム

kobold.jpg

dyson 360 eye↓  : 2.3グラム

dyson.jpg

dysonのゴミはローターに絡みついた形で取れます。

dyson rotor.jpg

ここまでは第一世代と第二世代で大きな差が見えません。さて、ガンダム・マキタ、どれくらいとったでしょう。なにせ、ほかの機械が1時間程度で稼働を終わるのに対してガンダム・マキタは3時間ほど稼働していました。さらにマキタブランドとあの音からわかるようにモーターも強烈そうです。

なんと!

Makita RC200DZ↓  :12.0グラム

makita.jpg

measurement.jpg

A4の紙にあふれんばかりのゴミ採取。ガンダム・マキタの圧勝です!!!!

ルンバに限らずロボット掃除機には、掃除した箇所もあるでしょう、個体差があるものですが、そのルンバの調子いいほうでもマキタがその3倍のゴミ採取力を発揮しました。いや、ルンバの稼働約1時間に対してマキタは3時間、単位時間あたりは同じようなものなのでしょうか。さすが第一世代の王者であるルンバとでもいったところか。

それにしても、マキタ、コードやスロープに弱いわ、騒音もうるさいわ、でも収集力大。なかなか破天荒です。

以上、お掃除ロボットのゴミ取集性能比較試験でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する