ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

起業の向いている人、いない人、要素をリストアップしました #asacafestudy

»

おはようございます。

ついに通勤途上で手がかじかむ季節がやってきました。昨年はiPhoneの静電容量式ディスプレイの操作に魚肉ソーセージが流行りましたが、今年は、導電性フェルトスタイラスを手袋ごしに操作する実験をしなければな、などと思いながら歩いていました。

今朝は「お題」の『起業の向いている人、いない人』について。

==

■起業なんて馬鹿なこと?

「おまえ、馬鹿か?」

荻澤さんが「起業をする」と、医者家系の家族に言ったときの反応だそうです。先日の朝カフェ次世代研究会で告白されていました。その後、その詳細をエントリーされています。

はい。正直なところ、馬鹿だと思います。

起業なんて、今ではハイリスク、ローリターン。調子のいい会社にきっちりと就職して、まじめに仕事をしていた方がよほど安定した人生を送れます。いい車に乗って、週末は趣味に熱中して。ちゃんと給料も振り込まれるので、家庭も安定します。

そして、一度起業をしてしまうと、後戻りができないのです。一人とか二人とか、少人数でやっている会社も多いですが、自分たちが何とか食べていくことはできています。そこにとどまってしまうのは、後戻りをしても、より条件が悪くなるからです。

起業をしようとしていた11年前に戻って自分に言うことは、今なら明確です。

「やめておけ」

と。

==

■なぜ馬鹿な起業をするのか

会社を始めて10年持つのは50社に1社だと言います。確率2%。そもそも会社を始めようと思って実際に始めるのは10人に一人でしょう。だから、0.2%、500人に一人。

幸運でなければ、いや、強運でなければ、10年やって成長している今の状況には至れなかったことになります。論理的に考えたらやめておくのが正解です。期待値からすれば、資本金を出す分で宝くじを買うか競馬でもやった方が賢明だといえるでしょう。

それでも踏み出してしまう人たちがいるわけです。そして、その踏み出す人たちがいなければ、社会はどんどん硬直化していってしまいます。でも社会のために起業しているのでしょうか。

いや、違うと思います。どこかに「自分も一攫千金してやろう」とか、「起業家として名を馳せよう」とかいう、宝くじを買うようなギャンブラー精神があるからなのです。『ドロドロした何か』です。

そして、起業というギャンブルに打って出ると、前と後とで人が変わります。

自分もそうでした。だから、自戒の念を込めてリストアップしてみました。当初はできておらず、痛い目に合いながら徐々に修正した事々です。

スタート・サバイバル期と、拡大期とでは必要な要素は変わってきます。それに合わせて経営者を変えるのか、経営者が変わるのか、どちらかが必要になってきます。

==

■スタート・サバイバル期における『起業の向いている人、いない人』

起業に向いている人

起業に向いていない人

ゴミを拾う

ゴミを見ない、ゴミが見えない

家具を組み立てる

家具を作らせる

根拠のない自信家

根拠がある自信家

実務主義

権威主義

孤独耐性が高い

和を以て尊しとする

こだわりの限界を知る

スタイルなど、こだわりがある

細かいことを気にする

細かいことは気にしない

ケチ

気前がいい

個人責任

連帯責任

あきらめが悪い

あきらめがいい

楽観的でマゾ

悲観的でサド

好奇心旺盛

保守的

既成概念に疑問をもつ

年功序列が好き

ドロドロ感情的な面がある

何でも論理的に対処できる

■拡大期における『起業の向いている人、いない人』

起業に向いている人

起業に向いていない人

論理性を重視

人情を重視

情熱が伝わる

冷静沈着

メンバーの手柄が嬉しい

自分の手柄が嬉しい

謙虚

遠慮と謙虚の取り違いをする

過去のつながりを大切にする

環境は変わる

やることがぶれない

革命的な出来事が起きる、起きさせる

細かいことが何を示すかとらえる

細かいことは気にしない

愚直なことを繰り返せる

朝令暮改、瞬発力と頭能力に頼る

批判を追い風にする

批判を受け止める

==

他にもいろいろな切り口とリストの挙げ方があるとは思いますが、今朝はこれくらいで!

Comment(12)

コメント

石原良太郎

勉強になりました。あらためて、20年前、起業をあきらめて良かったことを確認しました。贔屓めに見て半分くらいがイエスです。結果、安全を確保しながら起業もどき、社内起業に落ち着きました。個人的にはお金持ちにはなれませんでしたが、千人以上の人に給料を払える会社をつくることができました。それはそれで満足しています。

坂本さん
このマトリックス、おもしろすぎです。
一度、こういう話をするUst番組をやりたいですね!

坂本さん

殆ど左側なのに、向いていると思えていない自分ですが・・・

投資家や、ベンチャーを支援・育成するお役所などを含む関係者に、良く読んで頂きたいですね。

あとは、メンタルとか行動とかで区分整理すると、より分かりやすいかと(朝カフェでのプレゼンに向けた期待とお願いという意味合いで)

石原良太郎様、

何もベンチャー企業を興すことに価値があるということではないと思います。それよりも、ビジネスという、社会に価値のあるものを仲間と一緒に創出していくというプロセス。ビジネスそのものを創っていくことに価値があると思っています。千人以上の方々の給与を払える会社。すばらしい価値の創出だと尊敬いたします。

アメリカでのMBA教育では、そのビジネスを創っていく難しさと崇高さとを学び、自分では全能力をかけてでもチャレンジしたいと思わせたあたりが凄かったです。そして、大企業にそのままいたのでは、その大きなチャレンジが自分の期待するマグニチュードでやってこないと感じた。そのあたりが起業という手段に出た理由だと思っています。

ooki様、
ありがとうございます。これって、もう少し推敲して色々な人の意見を吸い出して、マトリックスを充実していくと何かの知見になり、さらに何かのインスピレーションの元になっていくのではないかという予感がしています。

小俣さんのエントリーでもありますが、会社がどの段階にあるかということで、求められる資質が変わってくるあたりもミソだと思います。Ust番組やりますかっ!

方波見 豊様、

元々向いているのではなく、結果的にサバイバル本能が身についてくると左側に追い込まれるのではないかな、と思っています。

区分整理、アイディアいただきです!仰せのとおり、朝カフェでのプレゼン向けのウォーミングアップ始めています。w

少し遅くなりましたが、取り上げていただき有難うございます!
要素のピックアップ、思い出して楽しく読ませていただいております。
私自身はそれでも起業したから気づいたことも少なくないかも知れません。
ちょっとした人の優しさとか(^^)

今後ともよろしくお願いいたします!

坂本さん、私も「起業に向いている人、向いていない人」のお題で話をすることがありますが、このマトリクス秀逸です。本日午後、青学で起業関係の講義をしますが、引用させていただいてよろしいでしょうか?

Atsushi_O(荻澤)様、

確かに、起業してから気づくことって、本当に沢山ありますね。
特に大企業歴しかなかった者としては、キャッシュフロー周りに恐怖を感じました。
人の力の大きさとか、態度の大切さとか。挙げたらキリが無いですね。

平野洋一郎様、

光栄です!とTwitterでお返事させていただいていました。遅レスすみません。

講義でうまくお使いになれたでしょうか?お役に立てたのであればいいのですが。。
是非フィードバックなどもお教えください。今後もチューニングしていきたく。

興味深く拝見しました。
私は会社にしてから23年、個人の時も含めますと起業してから27年
ぐらいになります。
向いてる人の条件に当てはまる項目が少しあるくらいで、決して向いてるとは思えなのですが。
ただ、私の場合は人に使われる能力というのがあるとすれば、ほぼ、ゼロなので
自分でやるしか選択肢がなかったんですけどね。
結構、中小企業のオヤジ連中は私みたいなタイプが多いと思いますけど。
根拠のない自信は若い頃にはありましたが、今は、根拠に基づき、経営能力については全く自信がないです。

コメントを投稿する