ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

AB型は人類の進化形?:血液型の世界分布

»

おはようございます。

相も変わらず湿度が高めの朝。今日も暑くなりそうです。

今朝はABが人類が進化した形だという仮説を。昨晩バンドの仲間とお話していました。きれいな女性がいて、その人がAB型でした。それなので、AB型の人が喜ぶ小話をしてみたところ、意外と知られていませんでした。記載してみます。

==

血液型の原理からすると、O型が何もない人類の原型。何の癖もないから、他の誰にでも輸血できる。ゼロを表現するのにOが用いられたと言います。

そして、A型が欧州の方向に増え、B型がアジアの方向に増える傾向があると言います。AB型はAとBとが交配しない限り発生しませんので、人類の進化形なのではないかともいえます。

==

地政学的な考えをしてはいけませんが、実際にデータをみたいと思います。次のサイトに人類87種族の人種別の血液型が掲載されています。ここでは、区分けの適切性や元データの正確性については彼らを信用してみます。
http://www.bloodbook.com/world-abo.html

まずは、全体的な傾向をグラフにしてみました。O型とA型が多いのは人類的傾向だということが分かると思います。

Bloodtypes_graph

次に、O型の多い順にソートしてみます。その1位から20位を表にしてみました。比較的交配の進んでいない人種であろうことから、どうやらO型が人類の出発点であることは間違いありません。

   O型順
Bloodtypes_o

そして、A型の多い順、そしてB型の多い順に並び替えてみます。A型が82%なんてBlackfootという北アメリカインディアンもいるのですね。ハワイアンもA型マジョリティというのが面白いです。そもそもA型が欧州、B型がアジアに多いという傾向はありそうです。

   A型順                        B型順
Bloodtypes_a Bloodtypes_b

最後に肝心の人類進化形であるAB型を見てみましょう。一番割合が多いのがアイヌだということも驚きですね。

   AB型順

Bloodtypes_ab

なお、データを見ている中で、顕著な傾向が出たのが、B型の少ない順での表です。O型がマジョリティの人種でAB型が少ないのは分かりますが、欧州ではB型が少ないようです。B型を攻撃するような伝染病でもあったのかも知れませんね。

   B型少ない順
Bloodtypes_b_assending

==

ここでは、地政学的かつ血液型判別的に、人種と特性とを結論づけるのは趣味ではなので省きます。ただし、このような傾向があるというのは、豆知識として持っていると、別な観点をくれます。

====

※201009060930 「B型を攻撃するような伝染病でもあったのかも知れませんね。」追記しました。

Comment(11)

コメント

みず

何をもって「進化」と呼んでいるのか理解に苦しみます。AB型の人はこの話で喜ぶんですか?
血液型の分布が人種や民族によって偏りが見られることは事実ですが、それによって言えるのはせいぜい「AB型が多い地域は、過去に異なる民族や人種の混血があった可能性が高い」という程度であり、AB型は「進化」などではなくただの「ミックス」でしかないのでは。
だいたい、AB型の人の子供は高確率でA型ないしB型に「退化」しますが。
進化などという言葉を用いているところが、性格判断以上に悪質に思えます。

みず様、

「進化」ではないですね。「ミックス」である点、御意のとおりです。血液型が分化したのには、なんらかの病気に対する耐性などが異なり、地域化していったものだと思います。さらに、人が移住していくので、種族ごとの見方というのが一つの切り口だと考えました。不愉快な思いをさせてしまって申し訳ありません。

a

進化だろ。それが良いのか悪いのかは別として。

ab

wwwwwwwwwwww

差別主義丸出しだな

科学的に、A型が初めに出現したことはわかっていますが、次に、B型かO型かAB型が判りません。
考えられるものとしては、
A→B→O→AB
A→O→B→AB
かならず、この二種類しか考えられません。
BかOのどちらから最初かが、ポイントになると思いますが、どちらが最初なんでしょうか?

ヒトの祖先はA型だった 「遺伝子は35億年の夢を見る/斎藤成也著、大和書房」から
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/idensi/ketuekigata.htm
国立遺伝学研究所
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/E/ABO-03.html

学術的な説があるかは調べていないのでわかりませんが私は、
A→B→(AとBから子供ができることにより)AB

O
だと考えています。
何故なら、OとBでは遺伝子に変異が入っている位置が異なるからです。
http://www.human-abo.org/science/blo_system.html
O型遺伝子はN末端領域(左側)の1塩基欠損によるフレームシフトが起こっていて、
B型遺伝子はC末端領域(右側)で7塩基置換が起こりそのうちの4つのアミノ酸が変化しています。
この二つの変異の位置はまったく違うのでそれぞれは独立して起こったと考えられます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415105399

呆れました

ヒトの祖先はA型(日本公式の国立遺伝学研究所より)

分子生物学のエキスパートである東大教授が
最新の分子生物学により導き出した研究結果

ヒト、類人猿、旧世界猿の共通祖先では、ABO式血液型の共通祖先遺伝子は、A対立遺伝子タイプであったと考えられる。
もっとも、まだ配列はわかっていないものの、オランウータンにもB型が存在するし、ニホンザルも大部分の個体はB型である。
このようにあちこちの種でA型とB型が存在していると、祖先型がA型かB型かははっきりしなくなる。
霊長類の進化のかなり古い時代からA・B対立遺伝子が共存、つまりAB型もいる。

見てわかるようにチンパンジー、ゴリラ、オランウータン、ヒヒ、マカク等の
類人猿・旧世界猿・新世界猿はA・B・AB型だらけでO型がほぼいない。

http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/03_a3.html
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/idensi/ketuekigata.htm

O型遺伝子は、A型遺伝子の塩基の一部が欠損しているものです。
塩基が欠損するのは簡単に起こるが、塩基がいきなり増えることはほとんどないため、A型遺伝子からO型遺伝子ができたと考えるのが自然です。

http://www.wdic.org/w/SCI/ABO%E5%BC%8F%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B

何をもって進化といっているのかはわかりませんが、後発の個体が環境に適応し、
数を増やす事を進化というのならO型が進化系という事になります。

O型だけの民族がいることから怪しまなければならなかったのです。
O型からA型やB型に進化するのなら、O型だけの民族なんていないでしょう。

原始的な生活をしている南米の原住民等にO型が多いことが根拠のようですが、
欧米にB型が少ない原因が疫病だと予想できるのなら、ここでも同じ事は考えられるでしょう。
現に古代インディアンのミイラにはA型やB型が多いそうです。

こういう恣意的に歪められた差別的な記事を公開するのはモラルに反していると思います。

本エントリーに関しては、配慮が不足していたものとして反省しております。
下手をすると地政学的なものになりますから。

AB

まぁとりあえずO型は万能で、AとBは多く分布していて、ABは混血なだけだろ?
てかもう病原菌に対抗するんだから進化でいいじゃん。
そんなこと言ったらもっとひどい差別いっぱいしてるじゃん。

アクセスランキング入りしていたので補足です。以下のブログ「血液型の世界分布と日本固有の血液型性格診断への憂慮」を書いています。
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2010/09/blood-types-jp-.html
ペルーのインディオとかでO型100%とか、マヤ98%とかいうことから、「O型が人類の出発点」と語られています。しかし、これは、今の定説においては「ボトルネック効果」や「創始者効果」という現象で説明されています。ベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に渡った集団が少数で、遺伝子の多様性がごく限られた結果、遺伝的に似た人が集まったゆえという説明ができるのです。

余談ですが、あるインディアン部族に薄毛が少ないということを理由に特別なシャンプーが売られていたりしますが、遺伝的に薄毛の人がほとんどいない部族だからという説明のほうが合理的なように思います。

長年、血液型の事が気になっておりましたが、やっと府に落ちるデータを元にした記事を目にすることが出来、幸せに感じております。
視点が違いますが、これらの結果を踏まえて更に地理的立地条件や成育環境等合わせた人間を研究した学問や研究結果をご存知ないでしょうか?大変、興味があり、学んでみたいのですが?

コメントを投稿する