ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

パラグアイ:「超」親日国という知られざる一面

»

おはようございます。

霧と低い雲との区分けがつかない、コロイド状の空気の中の出社でした。ついに、会社近くでポツリポツリ。何とか傘を濡らさずに到着!今朝は、今晩のパラグアイ戦を控えての豆知識をどうぞ。

==

「今晩のワールドカップでパラグアイ戦を迎える前に、
 日本であまり知られていないことについて是非ともお伝えしたい」

父から、このように電話がありました。父は外交官をしていました。そのキャリアの中で1985年~1988年の2年半は、パラグアイにおける日本大使でした。記載します。

アスンシオンという街が首都の地球の裏側の国です。日本の面積の1.1倍、人口は700万人弱です。飛行機でいくと36時間かかります。うんざりするような飛行機での移動、学生時代自分も二度ほど行きました。アルゼンチン、ブラジルとの国境にあるイグアスの滝も有名です。

■パラグアイへの空路

成田
 ↓
ロス(米)
 ↓
リマ(ペルー)
 ↓
リオデジャネイロ(ブラジル)
 ↓
ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 ↓
イグアス(アルゼンチン)
 ↓
アスンシオン(パラグアイ)

==

パラグアイは中南米では珍しく日本びいきな国だとのことです。それもが付くほどです。

国連などの国際会議でも日本の意見への賛成票を出し続けてくれています。さらに、駐日パラグアイ大使も2004年から二代続けて田岡大使(2004年~2009年)、豊歳大使(2009年~)と日系人です。

では、なぜそれほどの親日国になったのでしょう?

==

戦後、満州からの帰国者で日本人の住む先が不足していたころのことです。パラグアイのストロエスネル大統領は、日本人の受け入れを中南米で初めて認めてくれました。移住は1956年から始まり、1959年の「日本・パラグアイ移住協定」の元で増加し、7000人もの日本人がパラグアイへと渡ったといいます。

その日本人移民たち、与えられた原生林を必死に開拓し、農作に励みました。開拓した農地を今度は機械化した農業で、大豆と小麦の輪作に成功します。

==

それまでは綿花が主要な輸出品だったパラグアイです。1980年代には大豆が輸出の4割に至り、現在では7割にもなりました。輪作で作った小麦も同国の自給自足に大きく貢献します。

他にも、従来は無かったトマトなどの野菜類も生産しています。従来は存在しなかったトマト料理なども「日本人がもたらしてくれた」と、今は町中どこでも手に入るそうです。

それなので日系人は、パラグアイの経済発展に大きく貢献した勤勉さで困難を克服し成功したと、大変感謝かつ尊敬されているそうです。誇らしいですね。

==

昭和天皇は大人数の日系移民を受け付けてくれたことを大変感謝していたそうです。ストロエスネル大統領来日時、帰国の際には、羽田空港で雨の中、傘で飛行機までお見送りをしたとの逸話があります。

ストロエスネル大統領も大の親日派、2006年に亡くなられましたが、父がパラグアイにいた頃は日本関連の話ではプライオリティ高く会ってくれたそうです。

==

日本にとっても、大豆やゴマなどを大量に輸入している貿易相手国です。

特に大豆、従来その殆どをアメリカからの輸入に頼っていた日本には、現在のブラジルやパラグアイからの輸入はリスクマネジメントという意味でも貴重な資源になっています。

大豆がパラグアイの主力輸出品、豆知識とはこのことでした(爆)。

==

一方、サッカーは狂信的に盛んです。ボール一つあれば遊べるサッカーは、貧乏な人が多い国の、子どもたちの遊びの全てです。サッカーヒーロー目指したハングリーさ、これは侮れないです。

今晩のワールドカップ、こんなパラグアイの知られざる一面を知りながら観戦するのも楽しいのではないでしょうか。「どちらを応援すればいいのか、心が痛む」と父曰く。

※20100629 07:40 移民→移住、空路タイトル追加、原始林→原生林、危険回避→リスクマネジメント

Comment(10)

コメント

坂本さま
パラグアイがこんなに日本と親しかったなんて初めて知りました。地理的にはとても遠い国ですが、心は近い国なんですね。
きっと大使としてのお父様の功績も大きいのでしょうね。

感激しました。ありがとうございました。

永井千佳様、コメントをありがとうございます。

パラグアイでは太陽が東から昇って北を回って西に沈むのですよね。プールの木陰で陣取ろうとすると、影が逆の向きに回ってそこが南半球であることがわかります。それくらい遠い国w。
父はどの国に行っても日本のスポークスマンになっていました。スペインでも日本人の子孫であるハポン姓の人たちを集めて話題にしたり。外交官としては型破りだったのは間違いなさそうです。

永井孝尚様、レスポンスありがとうございます。

この記事はTwitterでそれなりに広がったみたいです。さすがワールドカップのど真ん中でした。いただいたコメントや感想などを集めたら、パラグアイ大使のところに今晩ご報告にお邪魔することになってしまいました。ブログとTwitterとの効果です。(驚きの経過です)

Tsuji

坂本様
勉強になりました。ありがとうございました。
距離は遠くとも、実は身近な国と初めて知りました。
坂本さんのブログが大きな反響を呼び、パラグアイ大使公邸からご招待を受けたとのこと。それにも感激しました。
多くの国の外交にご尽力のお父様もお喜びのことでしょう。お差し支えなければ、公邸での模様のアップも楽しみにしています~。
両国の交流がさらに深まりますように!


PS お父様が企画されたスペインでのハボン姓の人たちのパーティのことなど、記事で読んだたことがあります。その他にもいろいろ・・
偉大で豪快なお父様でいらっしゃいますね!

Tsuji様、コメントをありがとうございます。

パラグアイ大使からご招待を受けたというよりは、25年ぶりにご挨拶に伺ったという感じでしょうか。豊歳さんは社会人になってから南米に渡って定住した実業家で、今回民間人から大使になられた人です。とても気さくないい人です。沢山ワインをいただいてしまいました。(アルゼンチンのですが!)

Tsuji

坂本様、
パラグアイ大使の豊歳様も坂本さんとの再会をお喜びになったことでしょう。ご立派になられたと・・。
豊歳様は実業家で、昨夏大使就任を請われたのですね!25年ぶり・・ご縁がありますね。
沢山美味しいワインも頂いてよかったですね。南米ワインは果実味豊かでボリューミー、気候的な安定はヨーロッパ以上なので毎年がワインの当たり年と聞きます。


PS. 日経6月30日朝刊社会面「身近な国知って」に、駐日パラグアイ大使のナオユキ・トヨトシ氏の記事が掲載されています!

Tuji様、

今朝方の試合は実に接戦で激しかったです。両キーパーがなんともすごかった。

> PS. 日経6月30日朝刊社会面「身近な国知って」に、駐日パラグアイ大使のナオユキ・トヨトシ氏の記事が掲載されています!

気がつきませんでした。見てみます。ありがとうございます。

ONOP

親日国を調べていたら、偶然にこちらの記事にたどり着き、拝見しました。
とても嬉しく、心温まる記事を読ませていただきました。
現代の日本人は私も含めてですが、コミュニケーション能力が低く、”外国人”というだけで身を引いてしまう人も多いのですが、先人たちは日本人移民という立場でしっかりと文化と技術を伝承し、信頼を築いていてくれたんですね。

日本人の勤勉さ、奥ゆかしさ、高度な技術力、優れた文化を大切にしなければと思いました。

ONOP様、

おかげさまで、だいぶ前の自分のエントリーを読み返しました。
日本人の優れた文化、大切にすること、御意の通りだと思いました。
昭和天皇も立派な人格ですね。

コメントを投稿する