「生保」というと最近は「生活保護」の略称だったりしますが、こちらは「生命保険」です。保険会社(メーカー)、代理店(販社)だと言いづらいこと、言えないことを、分かりやすく書いていきたいと思います。新規加入や見直しの際にご参考にして頂ければ幸いです。また、取り上げて欲しいテーマがあればリクエストしてみて下さい。可能な限りお答えしていきます。

時限爆弾付生命保険

»

「ライフステージに合わせて10年ごとに見直しが可能です」というセールストークで、国内生保やライフネット生命などの主力商品である「10年更新型定期保険」が数多く販売されています。

実は、このセールストークはウソでありませんが、詭弁です。

以前<「更新ごとに保障額を下げていく10年更新は合理的」という詭弁> という記事を書きましたが、それとは少々角度を変えて考えてみます。

「・・・10年ごとに見直しが可能です」ではなく、正しくは「・・・10年後に見直ししなければなりません」となります。

「見直しが可能」なのは間違いではありませんが、本質的には「見直ししないと大変なことになりますよ」ということです。

「10年後に爆発する時限爆弾を仕掛けましたので、そのときまた面倒みさせてもらいます」と言っているかのようで、勝手に弄って爆発したら大変だ、と言外に思い込まされています。

当たり前ですが、生命保険は時限爆弾ではありません。
契約者の権利として、途中で減らそうとやめようと自由にできます。

しかし、あたかも「10年間は決められた期間なのでそこまでは続けないといけません」と言われてしまったかのような錯覚に陥ってしまいます。

携帯電話のように「2年以内に解約すると9千円」なんてペナルティはありませので、特に掛捨てタイプであれば躊躇なくやめられます。
※例外的に積立タイプで一定期間保険料を払い続けると、大幅に解約返戻率(解約の際に戻ってくる金額の利回り)が大幅に上がるものがあります。

また、巷で何となく言われている「保険はある程度続けなくては損をする」ということを、何となく信じている方がたまにいらっしゃいますが、生命保険のすべてに当てはまるわけではなく、特に「更新型」のような時限爆弾付のようなものはさっさとやめた方が身のためです。
(明らかに現状より合理的なものがあり、健康状態等で切り替え可能である前提です。)

ここまで、いつもの<更新型批判>ですが、今回は少々発展させましょう。

生命保険商品を今後の生活設計やリスクに対して設計する際の基本です。

①できる限り「見直し」をしなくて済むように設計する

②「見直し」が必要になった場合でも、それを容易に行えるようにする

つまり「時限爆弾」は仕掛けない、ということです。

現時点でどんなに緻密にライフプランとやらを立てたり、リスクを想定しても、ピッタリと未来の出来事にあてはめるのは不可能ですよね。

それでも普遍的な事柄はいくつかあります。

例えば、生まれたばかりのお子様は18年後には18歳になり、ほとんどの方は高校を卒業する年齢に達して進路を考えることになります。

そして成人になれば自分のことは自分で面倒みれると考えて、遺族のへの保障はそのあたりでなくなってもいいと判断することができます。

また、30歳のお父さんは40年後には70歳になり、おそらく今より体力が衰えて病気になる可能性が高まり、収入は減っていることでしょう。

28歳のお母さんは、ご主人より長生きして90歳ぐらいまで生存することは想定内ですね。

そんな当たり前過ぎる事を想定して、いかに見直しをしないで済むよう生命保険の設計をすればいいだけです。

お子様が十代で独立したら、当初大学卒業ぐらいまで考えていた保障をやめてしまってもいいですし、想定外に第二子が生まれた場合、その分教育資金などの分の保障を上乗せすればいいわけです。

かたちとしては、これらが可能となるように、ご主人の入院の保障などは死亡保障と別々にしておく必要があります。(通信中学講座で学びましたね)

医療保険(入院などの保障)を死亡保障にくっつけていると、いらなくなった死亡保障だけをやめることはできません。(減額も難しいです)

そうではなく、医療保険は医療保険、死亡保障は死亡保障と別々にして、更に子供に対する保障については、自身のお葬式代などとは別にすべきで、そうすれば、お子様の進路により解約したり、減額するなどコントロールすることが可能です。

医療保険と死亡保障がセットになっていることで、時限爆弾の撤去をより困難にしています。

---------------------------------------------------------------------------------

この記事を読んでいただいている方の少なくて5割、もしかして7割ぐらいの方が「時限爆弾付生命保険」に加入していると思います。(我国全体で8割以上と推定されます)

「更新型」でないか、医療保険と死亡保障はセットになってないか、チェックしてみて下さい。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する