いまさら聞きニクいクラウドCRMあるある

第40回 TrailheaDX現地レポート ~Day0~

»

皆さん。こんにちは。

私は20年ほど花粉症に苦しんでいますが、昨年の2倍以上も花粉が飛散している日本から、急遽花粉のないサンフランシスコに避難しにきました。

というのは半分冗談で、実は現地時間の明日(3月28日)から、Salesforceのイベントである「TrailheaDX」に参加することになりましたので、その内容について日本の皆様にもお届けしたいと思います。

TrailheaDXについて

TrailheaDXはもともとDeveloper向けのイベントとして夏前に開催されていました。

一方で、システム管理者向けのイベントでは「Destination Success」というトレーニングメインのイベントがラスベガスで開催されていました。

今年からこの2つのイベントが「Trailhead Academy」の管轄下で、新生「TrailheaDX」として、3月28日~29日に開催されることになりました。

もともとDestination Successのプログラムであったトレーニングセッションについては、TrailheaDXの前段(Bootcamp)として3月25日~27日まで開催されています。

Pic40-1.jpg

※Bootcampの様子。大部屋100人規模で集中講義を丸3日間実施した後、資格認定試験を受験します。

イベント会場について

イベント会場はDreamforceでもおなじみのMoscone Centerです。

といっても、サンフランシスコ市全体でお祭り騒ぎとなるDreamforceとは違い、Moscone Westに会場を集約して実施しています。

Pic40-2.jpg

※イベントレジストレーションは比較的空いてます

Pic40-3.jpg

※いつもの面々もお出迎え

会場がMoscone Westだけなので、道路を封鎖して芝生を引いたりもしていませんが、そう言えばHoward Streetが封鎖されていないのを見るのは初めてです。(笑)

Pic40-4.jpg

※Moscone Northも工事中

プレイベントも盛りだくさん

TraiheaDXの本番は明日28日からですが、前述したとおりすでに3日間のトレーニングプログラムが開催されていることもあり、イベントとしてはウォーミングアップが完了しています。

Moscone Westの外には「Codeyの脱出ゲーム」が設置されていましたので、チームBNKとして3名で参加してきました。

Pic40-5.jpg

Pic40-6.jpg

※謎解き脱出ゲーム

その後、MVP向けのイベントや、事前登録したミーティングに参加してきました。

Pic40-7.jpg

※MVP Happy HourでもらったTシャツで記念撮影をするチームBNKの3人

TrailheaDXは短期決戦

TraiheaDXはイベントが2日間という短期間なので、明日から2日間はトップギアで走り続けたいと思います。

まだTrailheaDXは日本ではあまり馴染みのないイベントですので、イベントの様子が伝えられるように頑張りたいと思います!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する