小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【考えてみた】書くことがない、、、ブログのネタがないときに簡単にひねり出す方法。

»

昨日開催いたしました文具祭りの準備等々でちょっとサボっておりましたが、またブログ再開したいと思います。
以前、「ブログが書けないよ」という方に向けて、ブログを書くモチベーションについての記事は書いたことがあるのですが、今日は「書く内容がないよう」という方に、ちょっと書かせていただきます。

7476007610_e1144f01c5_z.jpg

繰り返しになりますが、個人のブログなんて、言いたいことを言うだけのことで、立派なことを書く必要はまったくありません。(それなりにアクセスもあって期待されている方はそれなりのプレッシャーを背負っているかもしれませんが)

わたくしなんて誰にも期待されていませんので気楽なもんです。植木等よろしくテキトーなことしか書いておりませんので、あくまでそのレベルのお話ということでお聞きください。

さて、「マジ書くことがない!」という時にはどうすればいいのか?

ブログの記事って、大きく2種類に分かれると思うのですが、
・何か世の中で起こっていることへの反応
・自分からムクムクと湧き上がってきた思いやアイデア
ではないでしょうか。

上は、言うまでもなく「感想文」ですね。とりあえず受け身で。新聞やネットニュース読んでいればネタは毎日無限ですのでカンタンです。URLを引っ張ってきて参照しながら感想を書けばいい。そしてこれもいくつかに分かれます。
・その内容に賛成
・その内容に反対
・どちらでもない
賛成か反対か述べて、その理由を書けばいいわけです。(わたくしあまり感想文はやりませんが=苦手なので)

自分では賛否どちらか判断がつかない場合、もしくは賛否関係ないニュースの場合は、よーく調べて解説した上で、「みなさんはどう思いますか?」と振ってしまってもいいですねー。(わたくしこれよくやります=無責任主義だもので)キャラが出せれば、何でもいいと思います。わたくしは基本的にブログって、人柄を醸し出せればいいと考えておりまして、相手に自分と気が合うかどうかをジャッジしてもらうツールじゃないかと。

まぁ、賛否を強く主張すると、稀に炎上に見舞われることもあります。炎上させるのを好む人たちって、粘着質でヒマな人が多いのでお付き合いしていると大変です。匿名だからってえげつないコメントを書いたりしますので、まともに向き合っていると気が滅入ってしまいます。個人のブログなんて勝手に言いたいことを書いているだけのもので、誰に文句を言われる筋合いもありませんからー。

逆に、もし論破して勝ったとしても特に得られるものもありませんので、面倒なことになりそうなときはサラっと流す柔の技も必要です。剛でいくと相手の思うツボですからね。

最近もこんなことがありました。中学一年生のうちの子の趣味が動画の作成で、ちょいちょいYouTubeにアップしているのですが、それを見ているのって結局、周波数の合う同世代が多いわけです。さらに言えば、近所の友人や、友人の友人も多い。

そこで、何をやっかんだのか知りませんが、近隣の中学校の三年生だと思われる子がコメントをしてきました。小学校の学区がふたつの中学校に分かれる関係で、きっと友人の友人なのだと思います。「おまえ、○○中学校の○○だろ、住所とか全部晒されたくなかったら自分の動画を削除しろ」みたいな。(笑)

くだらないのでこのコメントを削除させたら、またすぐにコメントしてきて「宣戦布告だな。一週間待ってやるからよく考えろ」とかね。若いのになかなかの粘り気です。バカバカしい。虫酸が走ります。あまりにアホなので「○○の父だけど、アホなことやってると逆に晒すよ。大人を怒らせる前に出て行きなさい。」みたいなことをちょっと書いてやったら捨て台詞吐いて出て行きましたが。

正体のよくわからないネットの世界で、こどもがこうやって簡単に脅迫めいたこと(というか脅迫そのもの=犯罪)をしてしまうのは、よろしくないですね。これくらいならいいと思って大人になると、挙げ句の果てには粘着質のネトウヨになってしまうのは目に見えてます。放っておいて将来何か凶悪なことでもしでかしたらこの子にもかわいそうです。ということで今回は大人が出てピシャリとやりましたが、大人のしつこいのは手に負えません。

あ、ごめんなさい、脱線しました。ブログのネタについてでした。

下段の「自分からムクムク」の方ですが、こちらは慣れていないとちょっと難しいかもしれません。でも、自分からといっても、まったくのゼロからネタが生まれてくることはごく稀で、たいていは何かきっかけがあるわけで、それに対する自分なりの答えを書いているようなものです。わたくしの場合は、ちょっとどこかで目にしたワンフレーズ、それに対する妄想が多いです。例えば電車の吊り広告で見た本のタイトルとか。どんな内容か知らないけれど、このタイトルなら自分の答えはこうだなーという「妄想」です。

これも立派なことを書く必要もないし(実際書けないしw)、自分はこう思う!というだけのことですから、頭のなかで考えたことをそのまま書けばよろしいかと。

そんな感じなので、思いついた時にサッとメモなどの記録が必要。最近はiPhoneケースに名刺大のカードと小さなペンを忍ばせて、それに書いたりしています。

ということで、今回も「自分からムクムク」のほうで、気楽に妄想を書かせていただきました。お後がよろしいようで。

スマホ・パソコン・SNS よく知ってネットを使おう! こどもあんぜん図鑑

藤川 大祐 講談社 2015-02-26
売り上げランキング : 284989
by ヨメレバ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する