もしも洞察力があったなら……。

玉川 岳郎

玉川 岳郎

「ニュータイプになろう!」と、広報の枠を超えた様々な試行錯誤で縁ジョイ・ライフ。 Wagamatt。

プロフィール

数多のロボットアニメを見て育った私たちの世代(1960-70年代生まれ)が思い描く未来像には、必ずといっていいほど、アトムやドラえもん、ヤマトやガンダムを彷彿とさせるナニカが登場します。
視点を変え、ロボットというハードではなく、その世界観を醸成してきたソフトに注目してみたところ、これら作品の中に「ニュータイプ」というキーワードを発見しました。
優れた洞察力を持った人を指す「ニュータイプ」に私たちがなるとしたら、何を学び、どのように考えていけばいいのだろうか。世の中の動き、情報技術(IT)、それらを活用する産業の動向などをもっと判ろうと、私なりの視点で試行(思考)錯誤をしてまいります。

略歴

<プロフィール要約> 兵庫県宝塚市生まれ。少年時代をサンフランシスコ、香港で過ごす。
早稲田大学法学部を卒業後、リード・エグジビション・ジャパンに入社。広報宣伝を担当。同社主催のイベントがきっかけでオラクルに出会い、 16年半を過ごす。2005年から2013年まで日本オラクルの広報部長、広報室長としてチームを率いた。2013年5月より日本IBM広報部長。ハイブリッドPRを推進。IBM Watsonをはじめ数々のイノベーションを広報する。2016年2月末同社退社。3月1日より日本マクドナルド株式会社のコミュニケーション本部に所属。2017年12月末同社退社。

*当ブログの内容はすべて個人的意見であり、所属または関連企業の見解を反映させたものではありません。
あらかじめご了承ください。

1969年、兵庫県宝塚市生まれ。少年時代をサンフランシスコ、香港で過ごす。 早稲田大学法学部を卒業後、1992年、リード・エグジビション・ジャパンに入社。広報宣伝を担当。「日本ジュエリーベストドレッサー賞」「日本メガネベストドレッサー賞」の広報担当として活躍。年間1,000媒体に及ぶテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、業界専門紙誌とのコミュニケーションを通じて、エレクトロニクス、コンピュータ・ソフトウェアから宝飾、文具まで、あらゆる産業分野の広報を担う。 1996年、同社主催のイベントがきっかけでオラクルに出会い、入社。CEO(現CTO)のラリー・エリソンや日本法人の歴代社長、エグゼクティブの基調講演、記者会見、インタビューを成功に導く。IT製品事業広報や、四半期毎の決算発表の広報を担う傍ら、社員犬「ハイディ」、「ウェンディ」、「キャンディ」をPRする仕組みを創設し、キー局のテレビ出演、ファッション誌への登場など、従来のITの枠を超えた幅広い広報を推進。「キャンディ」の名付け親の一人でもある。 また、B2Bではいち早くソーシャルメディアへの取り組みを開始し、同分野におけるオラクルの立ち位置を確立した。「戦略広報」「PRエージェンシーの戦略活用」「ソーシャルメディアの活用法」「動画の戦略的活用」「広報の効果測定」など、数多の講演活動を通じて後進の育成に寄与する。 2013年まで、日本オラクル広報室長としてグローバル広報の日本代表、ソーシャルメディア戦略のアジアパシフィック・リージョン・メンターを担う。メディアトレーナーとして、延べ100名の社員スポークスパーソンを育成。社内外のコミュニケーション・アドバイザーを担う。 2013年に日本IBMへ移籍。社外広報のリーダーとして、新しくてしっかりしている「ハイブリッドPR」へのトランスフォーメーションを推進。チームを束ねる部長職でありながらプレイイングマネージャーとしてIBM Watsonの広報活動を推進。2015年のソフトバンク社との提携によるIBM Watson日本語化プロジェクト、東京大学医科学研究所の採用など大型のグローバル発表を担う。また、アップル社・日本郵政グループとの協業発表をニューヨーク発で行うなど、国内にとどまらないグローバル広報を実践。また、同社においてもメディアトレーナーとして20名を超えるスポークスパーソンを育成。2016年2月29日、同社退社。3月1日より日本マクドナルド株式会社のコミュニケーション本部に所属。2017年12月31日同社退職。2018年5月より日立工機株式会社経営戦略本部にて様々なことに携わっています。 ニューズ2ユーのユーザー会初代会長、IT研究会メンバーなど