夏目房之介の「で?」

「漱石財団」報道 小学館「週刊ポスト」8月7日号

»

「スクープ★ワイド 夏目漱石 突然の「財団設立」を巡って孫と曾孫が泥沼骨肉バトル」

こうした見出しは大抵デスクが付けるのだと思いますが、たぶん、どこかでこうしたフレームでやりたがるだろうとは思っていました。中の記事は、それほど過激なものではなく、商標権、肖像権などについて弁護士の意見も聞いてまとめているので、内容的にはほぼ問題はないです。ただ、この問題を「夏目家の内紛」というゴシップでのみ報道されると、ことの本質がボヤけてしまいます。この件についてはやはり(同じマスコミの人間としてわからんではないものの)ここで触れておこうと思いました。

私としては、(少なくとも現時点では)この問題は「夏目家の内紛」的なゴシップとしてではなく、知的財産権を巡る状況の変化を背景にした権利と社会共有のバランス、それをどう考えるかという公的な問題としての報道が望ましいと思っています。その観点からの社会的コンセンサスをある程度作ってゆければ、たとえば財団を安易に作ることで起きる混乱を抑制することにもつながると考えるからです。
もちろん、報道は自由になされるべきで、ポスト誌の報道にも感謝しています。が、一方で報道の社会的責任はこうした知財問題に関しても大きいと思いますので、個人的な見解として公表しておきたいと思います。

(註) →ブログ記事「夏目漱石財団なるものについて」
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2009/07/post-25af.html

なお、記事中私のコメントとして以下のような部分があります。

〈4月に立ち上げておいて、なぜいままで一言も知らせないのか。そもそも人格権や肖像権についても、法的に確立された権利ではない。/ もしそれらを相続するとしても、それは親族全員で相続するはずで、一部の者が占有するのはおかしいでしょう。このままにしておけば、仮に誰かが漱石に関するものを撮影してブログなどに載せて、いきなり『財団法人 夏目漱石』から“肖像権を利用した”として請求書が届いたら、法律に疎い方なら、払う必要もないのにお金を振り込んでしまうのではないか〉

大筋、私の発言を元にしていますが、おそらく記事化の段階で内紛ゴシップ方向に引っ張られた文章になったものと思います。まるで、先に相談されて、こちらにも利益があれば話に乗ったかのような印象がありますが、事実は根本的に意見が異なっています。

現時点で私が自分の発言として赤入れするとすれば、

〈本来相続されない人格権のような諸権利、法的に明確ではない肖像権などの文言を使って、あたかも権利があるかのような目的を掲げた財団を、親族全員の同意以前に設立すること自体おかしい。なぜ他親族の同意なく設立したのか、不明瞭な権利をどう考え、どう管理運営するつもりなのかが知りたいですね。私は漱石をできるだけ自由に利用できる文化として考えたいので、財団設立にも目的にも反対します〉

まあ、これじゃ面白くないでしょうね、週刊誌としちゃ(笑

Comment(8)

コメント

natunohi69

「ポスト」の記事は、弁護士さんの各権利に関する見解と、夏目一人氏の「所属事務所」(?)の社長さんの「100%夏目房之介氏の意見の方が正しい」という趣旨のコメントを掲載していたのが良かったと思います。

一人氏の周辺に一人氏を諌められる立場のまともな関係者とおぼしき人がいそうだ、というのは、えげつない見出しとは逆、に一人氏の暴走が止まるだろうという期待を私のような読者に、もたらしてくれたように思うのですが。

メディアが談話を取材するときはしゃべり言葉と活字の違い、紙面の制約、予備知識の補足、本人はあまり触れたくないが客観的には重要部分をピックアップする・・・などの条件から、文章がある程度編集されるのは構造的に仕方ないと思います。

だが、取材を受けた当事者が、「編集されていない、談話のときの自分の真意はこうだよ」と自前のブログで語るというのは非常に興味深いですね。その是非はどうなるか分かりませんし、今回は結果的に、大筋で問題なかったから目立ちませんが、大きな構造変化をもたらすかもしれませんし、意図と大きく離れたら「告発・撤回要求」も可能になるでしょう。
今回のエントリ、メインのご趣旨とは別にそんなことを考え、興味深く感じました。

トロ~ロ

こういう下世話な(いかにも週刊誌的な)見出しを付けるから、次世代の大人になる若者に見放されているのが編集長には判らないのだろうなぁ。

いわと

タイトルを誰が付けたかだいたいわかりますが、
まあセンスないですよね。
でも弁護するならば、次世代の大人になる若者向けに
タイトルを付けても多分、売れないでしょう。
売れるにしてもそれまでには時間がかかる。
今のお客さん、つまり団塊の世代から離れるのは怖い。
大部数を誇った、小学館のフラグシップの一つですからね。難しいですよ。
編集長もわかっているけど、出来ない。
金縛りです。

あは

確かに最近、週刊誌を読んでる人って
電車の中で見かけなくなりましたね。

それから、スポーツ新聞も。。。

朝日、読売、毎日の各新聞にしても、
すでに50歳以上の人のメディアと化している気がします。

さらに突っ込んでいうと、文芸春秋の「文学界」「オール読物」や新潮社の「小説新潮」を読んでる人、あるいは知ってる人すら、どれ位いるのでしょうか。

今回の一騒動は、旧来の紙メディアとIT系のブログ等との織り成す彩が面白い気がします。
そんなところから、gryphonさんの投稿にも共感を覚えました。

それにつけても、朝日、毎日にしても週刊ポストにしても、財団関係者への取材の突っ込みが浅いですよね。
およそネット情報の域を超えていない感じ。
おそらく電話取材レベルでしょう。

替わりに取材したい位です。

いわと

みなさん、既存のメディアに厳しいですね。
まあ気持ちはわかりますが。
財団関係の取材ですが、昨今のメディアの状況も鑑みて、あのスペースではそれほど人員を割けない
ということがあると思います。

それからブログと紙メディアの織りなす彩ですが、
これが顕著に現れたのは耐震偽装の頃からの
ような気がします。

トロ~ロさんのおっしゃる通りですね。
ぼくは、週刊誌、全く読みませんよ、もう。

たまに、似顔絵が観たくて
「週刊朝日」
人物取材で「アエラ」かな。

「週刊現代」とかって、もうゴミ!!
って感じがする。
コクがなくなって辞めたのが
ポスト。

コメントを投稿する