「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

中学校の校庭が道路に貫かれる!

»

東京都練馬区にある大泉第二中学校が都市計画により校庭の真ん中で道路が交差されるかもしれないとのことである。

Ooizumi_2

以下、道路に貫かれる学校?(池尻成二のブログ)から抜粋

大泉学園駅の南側、西武池袋線のアンダーパスからまっすぐ南下する形で、都市計画道路135号線の計画線が引かれています。この135号線は大泉第二中の敷地を真っ二つに裂いて富士街道からさらに南に延びます。大泉第二中のまさにその校庭で135号線と交差する形で東西に線が引かれているのが、都市計画道路232号線です。今、練馬区は、この232-135の道路事業を動かそうとしています。
 そこで問題になるのが、大泉第二中の取り扱いです。校庭で大きな道路が交差するという異例な事態、学校をどうするのかが道路事業と一対で大きな問題になってきていました。区や区教委は、当初は学校を学区域内で移設する案を検討していたのですが、結局、適地が見つからなかったようで、次は道路を立体化もしくは地下化する案を探るものの実現困難となり、最後にたどり着いたのが“校庭内に道路が走る学校”です。つまり
・現在の敷地を前提とする
・道路は平面交差とする
・道路にかかる建物がいくつかあるので敷地内で建物の移設・改築を行う
・道路によって分断される校庭の活用策を検討する
といったイメージです。そして、このイメージに沿った検討を進めるための予算が、補正予算案に盛り込まれたのです。

ここで挙げられている135号線は戦後すぐの1947年に都市計画決定され、232号線は1966年の計画である。
第一期として事業が始まろうとしている箇所は立ち退き戸数約60件、事業費は概算で75億円。
そもそも戦後すぐの計画を今頃実施する必要があるのか?

見直しすべき時であろう。
これだけのお金をかけて教育環境を破壊してまで作らなければならないのか?はなはだ疑問を感じてしまった。
今は公共事業を見直している時代である。また地球温暖化対策と言っている時代でもある。
さらに、ICTを活用してさらなる教育の精度を上げていくことを考えている時代。

何よりも、校庭の真ん中に道路が走る学校で学ぶ子供達のことを考えてほしい。
さらに、校舎の移設、道路工事期間は運動場がまったく使えないのではないだろうか?そして工事音で学習に集中できないかもしれない。
学校行事も部活も出来ない。その期間に在籍する学生が可哀そうである。
あまりにも異様な計画であり、地域のことを考えた行政の仕事をしているとは思えない。
わざわざ教育環境を破壊することが、21世紀の行政の仕事なのか。
残念である。

この光景はICT教育と言っている以前の問題であると感じる

◆参照サイト
池尻成二のブログ
道路に貫かれる学校?
大泉第二中と道路問題

Comment(5)

コメント

Fufuhu

これは酷いですね。
さすがに安全上の観点(交通安全上の懸念+人の出入りが把握できなくなる)からすると、
1)学校を廃校+道路を通す
2)学校はそのまま+道路建設中止
が大きな二つの可能性ですね。
まあ、役人根性を発揮すれば
3)学校そのまま+道路建設
となるでしょうが…
3の可能性も十分にあるんですよねぇ‥
自分の通っていた高校(公立ですよ)が毎年消防法違反で怒られてたようなので…
やっと再来年に建て替えらしいです。毎日外壁が剥離して落ちてくる日常とはおさらばですね。

1も道路工事の計画がすでに立っている点を考えるとありえないだろうなあと思うので、
結局は2が一番可能性が高いのではないかと思います。

3をやるとしたら学校全体をペデストリアンデッキみたいなのに載せて、道路はその下を通る。
最終的に校庭は空中庭園 or 立体駐車場みたいになるやも知れませんね。
(予算的に不可能かな…?)

けど、自分の経験から考えても学校とかの安全管理って役人の総意の中では一番最後なんですよねぇ…

最後に、今後20年は公立学校ではICT教育も進まないと思います。
未だに小学校や中学校の先生はHDDとメモリの違いとかも分からない人が多数ですから。
(ひどい人になると若手の先生でもプリンタのインクが切れたら”故障”だと思う人もいるくらいの状況ですからねぇ…)

Fufuhu様、コメントありがとうございます。

そう、ひどい話しです。
「最後にたどり着いたのが“校庭内に道路が走る学校”」とは。。。
これでは日本の教育がどうのこうのと議論できないですよね。

tk

京都市の小中学校ではあり得ない話です。土地柄、地元も黙ってないし...。

tk様
コメントありがとうございます。
一般的にはあり得ない話です。狭い校庭がさらに狭くなるだけでなく、教育環境をも破壊する話です。教育分野での情報通信技術戦略等々以前の話しですね。

EH

最近(2017年5月初旬)、付近住民に、区から計画についての書類が配られました。
そもそも、この計画が立ち上がったのは、一面、田畑と雑木林しか無かった頃の話です。
(1949年になりますが黒澤明監督の「野良犬」を見れば当時の様子が判ります)
この計画を立ち上げた連中は、もう誰もこの世に居ません。

現状、コの字の道路になっていますが、この半世紀、何ら不便は有りませんでしたし、これから少子高齢化で自動車は益々減るでしょう。

区はこの計画を決してあきらめていないようですが、だったら、自動車学校(教習車がほとんど走っていない。走っていても数台がたまにやっているのみ)を通って大きくカーブした道路を作ればいいのに、なんでしないんでしょうねえ。

コメントを投稿する