ライフワークとしての音楽を考えていきます

七転び七起き

»

ITmedia オルタナティブ・ブログは2012年6月13日で7周年を迎えられました。おめでとうございます。
毎年恒例の「ばんちょ~と遊ぼう」シリーズ。
今回のお題は数字の「7」にまつわるエピソードです。
 
     ・・・・・・・・・・・・・
 
「七転び八起き」という言葉があります。
 
人生、七回転んでも八回起き上がることで、最後は成功する。
何度失敗しても、あきらめてはいけない。そして転んだ七回の失敗が尊いのである、という意味が含まれています。
 
私は、「七転び七起き」の時期が長く、七回目に転んだときは数年間立ち上がれませんでした。
 
倒れながら、時間だけはたくさんありました。
社会から切り離され、人生について、生きることや死について考えました。
 
頭の横にもう一人の自分が立って問います。
 
「お前は今まで何をやってきたのか?
社会の役に立っているのか?
このまま終わっていいのか?」
 
人と関わりたい。
小さな力かもしれないけれど、社会の一隅を照らすような仕事がしたい。
 
若くても、もし健康であったとしても、あと何十年も生きられるなどという保障はどこにもない。
明日事故で突然亡くなるかもしれない。
それでは、もし明日死ぬとしたら今何をするか?
周囲の人に感謝し、懸命に生きるのではないかと思います。
 
七回転ばなかったら、こんなことは考えなかったかもしれません。今の私はなかったと思います。
 
人生、転んで起き上がれない時期があってもいい。
それはきっと何かの意味があるのだと信じます。
 
     ・・・・・・・・・・・・・
 
鈴木ばんちょ~様、いつも有り難うございます。
おかげさまで、2年と6ヶ月、無事にブログを書かせていただけました。
温かく見守ってくださり感謝しております。 
いつもおうつくしいばんちょ~さんですが、特にそのヘアスタイルは素敵ですね。女性として、ロングヘアーのお手入れの大変さはよく分かっているので尊敬します。
 
これからも、「かっこいい」みんなのばんちょ~さんでいてくださいね。
よろしくお願いいたします。

★2012/06/19 7:30 題名と内容の一部を変更いたしました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する