ライフワークとしての音楽を考えていきます

実は睡眠時間が足りないより長すぎるほうが寿命が短い 一発起床の技「薩摩式」とは?

»

ここのところ早起きになっています。
 
もし、睡眠時間が少なければ少しの時間を見つけて仮眠をとるようにすると、仕事がはかどります。眠いのを我慢し続けるほど時間がもったいないことはありませんよね。
  
昨日「睡眠不足は男性の寿命を縮めています」ということを書きました。
 
ところが、寝すぎも実は逆効果で、さらに寿命を縮めているというデーターが出ています。
 
1日に6.5時間~7.5時間の睡眠が最も死亡率が低く、7.5~8.5時間の睡眠をとっている人の方がそれより20%も死亡率が上がってしまったのです。
もちろん、睡眠時間が短いのもよくありませんが、多いほうがさらに問題だったのです。
 
それでは、長生きするためにはどのように睡眠をとったらよいのでしょうか。

自分に必要な時間だけ質のよい睡眠が必要です。さらに朝の起床リズムを崩さないこと。
 
そのためには・・・・

1、「自己覚醒法」
寝る前に起床時間の数だけ枕を叩くなど、起きる時間を強く意識し、深層心理に働きかけ目覚めやすくする。
 
2、「薩摩式目覚まし法」
一発で起きることが大事。目覚めたら掛け布団を跳ね飛ばし寒さで目を覚ます。
 
3、「腹時計」
朝ごはんを食べ、体内時計をセットする。日中の眠気対処に10分~20分仮眠をとるのは有効。
 
4、「朝の学習は夜の学習の6倍の効果がある」
人間は太陽が沈むと脳の働きが低下します。休日でも起床時刻の2時間以内には起きること。
 
(詳細はこちらのサイト「寝すぎは逆効果?」をご覧ください。)

休日は遅くまで寝ていたいのですが良くありません。体内時計のリズムを崩さないことも良い眠りのために必要なのですね。
 
実は朝起きるのが苦手です。
目覚ましが鳴ってから、布団から出ずにボーッとしていると、もう一度寝てしまって失敗することがあります。
でも「自己覚醒法」で、寝る前に枕を起きる時間の数だけ叩き、西郷隆盛さんも行っていたという「薩摩式」で一発起床ですね。
 
明日から試してみようと思います。

Comment(1)

コメント

勝率派万歳

エイブラハム・ワルドの選択バイアスの罠ですね。
肥満や自律神経に障害失調をもつ人々の多くに睡眠障害や過剰睡眠が指摘されていますが、睡眠不足に陥る人々は睡眠時無呼吸症候群である場合が多く、その要因は肥満であることもよく知られています。肥満の人々の寿命は多くの循環器障害わずらうものです。
医学的根拠のない血液型占いを本気にする女性なら引っかかりそうな話です。

コメントを投稿する