鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

結果的にはMSがYahoo!を買収することになるんじゃないかなぁ

»

 小林さんは、

「MicroHoo」の代わりに「Yahoogle」誕生

か、とコメントしていますが、私は、結局のところMSがYahoo!を買収することになるんじゃないかと思っている。

 MSが買収提案を引っ込めたことで、このあとYahoo!株は下がることになるだろうし、そうなるとなんらかYahoo!経営陣は対策を迫られるわけだが、ここ数ヶ月の動きをみてもこれといって有効な戦略は打ち出せていない。ということで、十分に値段がこなれたころに再び、MSは買収提案すればいいわけだ。今回の提案引っ込めは、MSはそこまで考えてのことではないだろうか。時間はかかるが、当初より安く買収できる可能性も高そうだ。

 とはいえ、そこまでしてMSはYahoo!を手に入れたとしても、両社融合による相乗効果は本当に得られるのだろうか。ごたごたしたせいで注目はされたけど、両社が融合するとこんなすばらしいサービスが生まれそうという話題はとんと聞こえてこない。

 どんな形であれYahoo!が買収されることになれば、ある程度の人材流出も当然あるだろう。そんななかでユーザーにとっては、今後MS+Yahoo!のサービスをあえて選ぶ魅力がどれだけあるのだろうか。というか、作れるのだろうか。仕組み的には両社のサービスをすぐに融合できたとしても、思想的な融合は難しそうだ。それを擦り合わせているうちに、やっぱりGoogleが先のほうに行っちゃいそうな気がするのだが。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する