鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

電磁波過敏症かもしれない

»

 この土日に新聞を読んでいたら(おそらく21日日曜日の朝日新聞だったと思うのだが)、「電磁波」に関する記事が掲載されていた。「電磁波過敏症」と呼ばれる病気があるとのことで、日本ではまだあまり認知されていないが、欧米では深刻な症状を訴えている人もいて、対策が進んでいるようだ。化学物質過敏症は知っていたが、電磁波過敏症という病気が存在することは知らなかった。

 昔から、コンピュータ関連の仕事をしている男性の家庭では、モニターから電磁波を浴びている影響で女の子がよく産まれるという、うそか本当か定かではない噂がある。実際に身の周りで数えてみると女の子が多かったりするものだから、これは真実だと思っている人もいるかもしれない。このほかにも、高圧電線の鉄塔の下に住んでいると、白血病や癌になりやすいなどの説もあり、電磁波との因果関係が現在も研究されている。電磁波の影響については、実際に16歳以下の携帯電話の使用を制限するなどの動きも、欧米では起きているようだ。日本は制限どころか、小学生に安全のためにあえて携帯電話を持たせる状況もあったりする。どちらにしても、携帯電話だけでなくあらゆる電気製品が電磁波の発生源となっている現在では、電磁波を浴びずに生活するのはかなり難しい。

 ちなみに、Googleで日本語サイトを対象に「電磁波過敏症」で検索してみると、約12,000件がヒットする。そのなかのいくつかのサイト情報を総合すると、電磁波過敏症の症状には、めまいや口内炎、頭痛に吐き気、関節痛、肩こりなど、日常的に「なんとなく調子が悪い」ときに起こる症状が列挙されている。ここ最近、十分睡眠をとっているのに疲れが抜けず、頭痛の症状もある。そして、油断しているとすぐに口内炎ができる。夏バテかと思っていたが、じつは電磁波過敏症かもしれない。実際に電磁波過敏症の症状がひどいと、電車にも乗れず日常生活にも支障をきたすことになる。

 小さなときから長時間TVゲームをやり、日常的に携帯電話を使いこなしている現在。最近の若者や子どもの「切れる」症状なども、この電磁波が原因の1つなのではと思えてくる。今後は、携帯電話のスペック表に、人体に影響する電磁波の発生量などが記載されるようになるのかもしれない(ワークステーションなどは、電波障害対策として妨害電波に関するVCCIなどの規格表示がなされている)。

Comment(7)

コメント

淺間義実

はじめまして、私は、横浜で薬局を開業している者です。
私の長女が昨年、4月より高校に通うようになり、高校の健康診断で心電図にP波が認められ、再検査をするように言われました。
そう言えば、いつも気持ち悪い、吐き気がする、頭がボーっとする、息がしにくい、心臓がバクバクするなど言ってたんですが・・・
昨年4月より携帯電話を持たせ、高校まで地下鉄と相鉄線を利用するようになったのが原因だと思っていました。
再検査は、近所の医院でお願いし、
結果は、「風邪でしょう。」と言うことで、フロモックスとセルベックスが処方されました。
私は、これは電磁波過敏症だと確信、娘をうつ伏せにして、頚椎、胸椎、腰椎を手で触ると、椎骨がくっついている箇所もあれば、離れているところもありました。また、右に行ったり、左に行ったりと文字通り「バラバラ」でした。
知り合いの方から、電磁波に取り組んでいる、名古屋の毛織会社の社長さんを紹介して頂き、電磁波を吸収する布(この時は、試作品)と遮断する布を分けて頂き、早速、娘の全身を洋服を着たまま、スッポリ覆ってみました。

娘の感想としては、とても楽になったと言っています。呼吸がしやすく、心臓も楽になったと喜んでいました。

私は、薬局をしており、うちに来るお客さんは、娘のような状態の方も多くいて、そういう方には、この布を頭からかぶってもらうとすごく気持ち良いとおっしゃいます。

あれから1年が経ち、名古屋の毛織屋さんといろいろ話を積み重ね、やっと製品として出来あがりましたが、糸を製造するのがかなり難しく、注文が10人集まった段階で製造をお願いしている状態です。

この布は、電磁波に過敏な方には、本当に福音となると信じて、販売しております。

bou

はじめまして。bouです。
僕も電磁波については非常に気になっていましたが、まだ科学的な証拠が出てないために、国も
本格的な対策を取れていないというのが現状みたいです。

しかしんがら、つい最近WHOでも科学的な根拠はないにしろ、対策しておくにこしたことはないという見解が発表されました。疑わしきは回避ってことです。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060112ik07.htm

電磁波の中にはいいものもあるらしいけど、PCや携帯から出てくるものはやはり危ないのではないかというのが、今こうやってPCを使いながら思うことです。。。

現代社会で電気を使わないというのはほぼ不可能なので、こんな製品を最近では試しています。

電気のもとから電磁波対策です。
http://www.alphagenius.jp/

どういった電磁波が危ないのかというのはよく分かりませんが、以前電磁波を測定する小さな装置でオフィス内を調べてる同僚がいたのですが、そのときに電磁波を発生していたものの1つに、クリップで留めて使うような小さな扇風機がPCなどより遙かに大きかったことを思い出しました。

サーバー機器なんかは逆にこのあたりをチェックしなんらか対策てから出荷しているかもしれませんが、こういう小さな扇風機のようなものは結構盲点かもしれません。

歯科医師のものです。私のところでは、不定愁訴の治療が殆どなのですが、電磁波過敏症の方は非常に多くいらっしゃいます。マスコミなどで発表されている数字より、実際はかなり多いのではないか?
それが臨床を通しての私の実感です。
現在電磁波過敏症はこれといった治療法がないと言われていますが、口の中の金属アレルギーとの関連性は強く、これに関する治療を行うとことにより、多くの方が、改善もしくは治癒されています。
電磁波過敏症の症状をお持ちの方は、口の中の金属を疑ってみてもいいかもしれませんね?

電磁波をキーワードにこのブログを拝見しました。

初めまして、こんにちは。
私は氣と丹田を研究している神戸の池田種明と申します。

私の話は非・常識な話で多くの方は理解できませんが
氣に敏感な方は体験されれば納得です。

最近、大型テレビ(32型)を買ったのですが、
電磁波がきつくて疲れるので、
波動を記憶したゲルマシールを開発していたのですが、
それを大型テレビの裏に貼りましたら、感覚的ですが電磁波が変化しました。
悪い感覚が無くなったのです。私は氣に敏感です。
この波動シールが否定的な電磁波をリラックスする氣に変換したのでした。
否定的な電磁波(氣)の流れ(地から天)が、肯定的な氣の流れ(天から地)に変換したのでした。

否定的な氣の流れは地から天に流れています、
肯定的な氣の流れは天から地に流れています。

氣に敏感な方達にテストをして頂きましたが、効果は多大でした。
多分、電磁波過敏症の方達にも効果はあると思います。
宜しければお試しして頂けませんでしょうか?
ご返事お待ちしています。丹田研究会 池田種明

PS
ご希望の方は、御名前・御住所・電話番号・メールアドレス・症状を詳しく、
書いて頂き、メールを頂ければ幸いです。
携帯電話に貼ると、電磁波がリラックスする氣に変換し、
その持ち主は心と身体が軽くなります。不思議ですが、携帯電話を持ち歩かなくても良いのです。
もし、テストして頂けるようでしたら、無料で先着10名様にお送りさせて頂きます。
お願いですが、テストされた方の簡単な感想を頂ければ幸いです。

M


携帯だけじゃなくて、携帯基地局からの害がとんでもないことがわかってきました。ぜひごらんになってください。測定器で実測すると、これが電磁波過敏症にならんでどうする、という数値がでます。

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/

コメントを投稿する