まあまあ元気になる話:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) まあまあ元気になる話

IT業界での少し気分がアップする出来事、心持ち役立つこと、ややイイ話

みなさん、Webページをキャプチャするとき、どんなソフトを使っていますか?
「Alt」+「PrtSc」でアクティブなブラウザをキャプチャして、Windowsに付属しているアクセサリのペイントにペーストすれば、bmp、jpg、gif、pngで保存できますが、そんなことはしていないですよね。

わたしは、今まで、WinShotを使っていました。

WinShotでは、「デスクトップ(全画面)」、「アクティブウインドウ」はもちろん、指定範囲のみ取り込む「矩形範囲指定」、画面上の特定パーツのみを取り込む「コントロール/クライアント」と、4種類のキャプチャができます。
いずれも、キャプチャできるのは、見えている範囲です。
なので、縦にスクロールが必要な長いページなどのときは、上半分と下半分とで、2回に分けてキャプチャを取ったりしていました。
これが、結構、面倒くさい。
上半分のキャプチャを保存してから、下半分のキャプチャを保存しようとして、上半分のファイルにうっかり上書きしてしまったり・・。

ところが、Google Chromeの拡張機能「Screen Capture」を使えば、そんな悩みも解決です。

Screen_capture_by_google_3

インストールは簡単。
Chromeのメニューにすぐにアイコンが表示されます。

Menu001_2

キャプチャできるのは、3種類。

Visible content:ブラウザ表示部分
Region:ブラウザ表示部分
Whole Page:フルページ

フルページを選べば、こんな縦長のページでも、画面に表示されていないところも含めて1枚の画像としてキャプチャーできます。

Hikaku

さらに、編集機能もついています。

Menu002_2

編集機能を使って、見せたくないところをぼかしたり、線を引いたり、囲んだり、テキストも入れることができるのです。

Sc002_2

とってもシンプルで簡単。
ブログでWebページを紹介したり、プレゼン資料の作成や、開発のときのテストのエビデンスなど、様々な用途で使えそうです。

yoji

Special

- PR -
コメント
sato 2011/03/07 19:29

いいものを教えていただきました。ありがとうございます。いままでは「Webpage Screenshot」というプラグインを使っていて、これはこれでJPGで保存できたりと便利なのですがたまに調子が悪かったんで乗り換えてみます。

村山要司 2011/03/09 08:54

satoさん
コメント、ありがとうございます。
「Screen Capture (by Google)」は、保存形式がPNGのみですからね。その点は、マイナスかも知れません。今のところ、それで困ったことはないですが。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/26084775

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/murayama/profile_name.html -->村山 要司<!-- /include:/murayama/profile_name.html -->

村山 要司

メディアックパソコンスクール鶴ヶ峰教室オーナー。SVラーニング代表。日本大学非常勤講師。
著書に「楽しく学べるAndroidプログラミング」など。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ