IT業界のコメントマニアが始めるブログ。いつまで続くのか?

続・「Creative Commons」の捉え方

»

はてブにて「「Creative Commons」の捉え方」、または「津田氏との電子メールの履歴」にコメントくださった皆様、ありがとうございます。今朝、見た時は個別にコメントできるかと考えていたのですが、多数のコメントをいただきましたので、内容別にまとめます。
→「「Creative Commons」の捉え方」への「はてブ」コメント
→「津田氏との電子メールの履歴」への「はてブ」コメント

全体的に、私の意見に否定的なものがほとんどですね(メール全文を公開しているのですから、ちゃんと読んで欲しいというものもありますが)。Creative Commons のライセンスが「共有」を目的としているという考えを改めるつもりはありませんが、この反応については、素直に考えの甘さを認めねばならないと思っています。

・「CC宣言」と「デジタルコピー」は別。デジタルデータ公開の義務はない。
この指摘はそのとおりで、CC 宣言にはデジタルファイルがない場合についても明記されています。しかし、“共有”が宣言されたものについて、具体的な指摘もなく、ただ「間違いは直すべき」と言われるのは違和感を禁じえません。Creative Commons のプロモーションビデオの冒頭では "Wanna Work Together?" と表示されますが、CC 宣言されたということは "Work Together" を希望されたのではないのでしょうか。(版元への遠慮がないなら)電子データを公開できる立場にある方が、非クリエイティブな作業までを求めるのはなぜでしょう。

・「紙」で出すことに意義がある。
・本というモノを理解しておらん。
印刷物としての存在を否定していません。

・正確さを放棄すること自体が、大きな欺瞞であり、品位を欠く不誠実であり、悪意に満ちた中傷行為。
・中途半端や脚注なしで出すのは改変。
メール(August 10, 2007 11:19 PM)に「私は発言の意図が伝わるかどうかということより、作品に対する敬意という点で誤字は恥ずかしいと思います。」と書いたとおり、誤字を意に介していないわけでも、正確さを放棄したわけでもありません。また、部分公開が改変にあたるのではないかという点については、もともと注釈などが部分的に利用されることを認められていますし、津田氏にも改変扱いとならないことを確認済みです(August 10, 2007 4:01 AM)。
なお、正確さこそを重視するのであれば、たんにイメージデータとしてページスキャンするのが簡易です。しかし、テキストデータにしてほしいという津田氏の希望(August 02, 2007 3:22 AM)もありましたし、実際、試し てみた限りでは、やはりテキスト化した方が読みやすいものでした。だから“意を決して”テキスト化にかかろうと考えたのです。

・CCLの利用者がCCの思想に必ず沿うべきとは思いません
津田氏はCCの思想に合っていないとお考えのわけではありません。

・wiki にしてみんなで直せばいいんじゃない?
これは望まれるところだと思います。(誤解はないと思いますが)テキスト化したものを「私の持ち物」と考えているわけではありませんので、同じCCライセンスに基づいてより正確なものになっていくのであれば、どの場所にコピーされてもかまいません。読みやすくレイアウトされるということもあるでしょう。(※追記参照ください)

ところで残った脚注のテキスト化については、正直やる気が失せています。脚注のテキスト化作業をやってみようという方がいらっしゃったら、お申し出ください。『コンテンツ・フューチャー』を送料元払いでお送りします。

※追記。他ならぬ高木浩光氏から「最悪な奴。「wiki にしてみんなで直せば…これは望まれるところ」 < 作業途中版と完成版が混同されないように配慮した公開のしかたするよな普通。まともな動機でやってるなら。 」という「はてブ」コメントがありましたので、補足します。

まず、現状が「作業途中版」であるという認識ではありません(当然、完成前の作業中の部分は「作業中」と明示していました)。上記のとおり、津田氏の指摘を受けたあと私なりには誤字のないよう配慮したつもりであり、正確さを放棄したわけではありません。だからといって、金輪際間違いがないとまでは断言できません。補足すれば、本書自身にもいくらかの誤記を見つけています(改めて公開します)。もともと「wiki」はコンテンツのアップデートを前提にしていますから、常に「作業中」という表明になりかねない点については配慮を欠いた表現でしたが、「はてブ」の中で「誤字の指摘って意外と面倒なんだよね」という指摘がありましたので、そのような手間をかけずに修正できる仕組みがあると望ましいかと考え(「改変不可」なので訂正以外を想定していない)、このように表記した次第です。

Comment(12)

コメント

> ところで残った脚注のテキスト化については、正直
> やる気が失せています。脚注のテキスト化作業をやって
> みようという方がいらっしゃったら、お申し出ください。
> 『コンテンツ・フューチャー』を送料元払いでお送り
> します。

注釈のない状態で本文が掲載されている状況が放置される
のは僕の本意ではないので、これはこちらからのご提案
なのですが、テキスト化なしの画像イメージの掲載の形に
変更するか、今の未完成の状態の公開を一度やめて
いただけないでしょうか。

本書の誤植については何度も読み直して潰したつもり
でしたが、それでもやはりいくつか確認しています。
翔泳社のサイトの方で誤植についての訂正は掲載し、
増刷することがあれば、それらは修正する予定です。

メールのやり取りの中で、部分部分の個別使用について
問題ないという認識を示したのは、ブログなどにおける
引用・転載や、勉強会などでコピーして配る際に、いちいち
許諾することの取引コストを削減することを想定している
ので、「本書の中身を全部紹介する」ような掲載の場合は、
読者はそれが「完全版」であると思って読むと思います。
そのときに注釈がまったくない形になっているのは、
誤読を招きかねない部分もあるので、注釈も掲載して
頂きたいとお願いしています。

で、もう1つ付け加えると、これも感情レベルの話ですが

「何しろ、このテキスト化という作業は、まったくクリエイティブなものではありません」

とか

「“意を決して”テキスト化にかかろう」

とか

「残った脚注のテキスト化については、正直やる気が失せています」

とか、作業に対してネガティブな発言が散見されるところが
気になっています。OCR+テキスト化+HTML化が非常に
面倒な作業であるということは僕も承知していますが、
どうせなら「このコンテンツは紙だけでなく、ウェブにも
掲載されることに意味がある!」と意義を感じて自発的に
「そういう作業をぜひやりたい!」と思う方に作業して
いただければ、今紛糾?しているような多くの問題は
起こらなかったのではないか、と思っております。

大野さんに本書の内容は「受け入れがたい話が多く
含まれている」ようなものだったのでしょうし、
最初の頃のメールのやり取りにあった、僕の
「ポジティブなクリエイティブなスパイラル」という発言は
そういうCCライセンスに基づいたウェブへの掲載も、
「読む価値がある」という評価ではなく、本書で語られて
いる内容に共感してもらえる人に作業をしてもらいたかった
という意味が含まれていると解釈していただければ、
わかりやすいかと思います。

もちろん、CCライセンスとして発売した以上、内容に共感
する人以外がコピーして配布してしまうことは止めること
ができませんし、止めるつもりもありません。

だから、僕の本音をぶっちゃければ「いや別にそこまで
文句言われながら、大野さんに作業してもらなわなくても
いいんだけど」なんですが、その結果として中途半端な
状態のコンテンツ・フューチャーがウェブ上に残って
しまうのは、何だかなーという部分があるわけです。

ですので、イメージの掲載に変更するか、公開を一度
停止していただけないでしょうか? という「お願い」を
しました。このまま放置したら注釈テキストは入らない
でしょうし。

もちろん注釈テキストが一緒に入った状態で公開して
いただけるのなら、それに超したことはありません。

連投失礼します。

大野さんのブクマコメントで

> 津田氏は脚注のテキスト化も「希望」されていますが、
> 「脚注の削除は改変である」と指摘されてはいません。
> また、当初からそういう話があれば、イメージデータで
> 公開しました。

これはちょっと僕も認識違いがあって、本書をテキスト化
していただくのは当然注釈もいずれやっていただけるもの
だと思っていた部分があります。

いずれやっていただいて、完成系に近づいていくのだろうな
と思って(期待して)いたので、改変にあたる可能性は
高くても、作業中の状態でのアップロードにうるさくいう
必要はないだろうと判断して、問題ないですよ。という
返答をしたつもりでした。

いずれにせよ、どこからどこまでが、こういうやり取りに
関わる取引コストを削減するのが、CCライセンスの良い
ところだと思うのですが、むしろかえってややこしい
ケースになってしまったところに、現状のCCライセンスの
実用面の問題があるのかもしれませんね。

最初から「イメージの掲載」に限定するか、「HTMLで全文
掲載するなら脚注も込みで」という「条件」を明確に
指定すれば良かったと僕も反省しています。日本人的な
「細かく言わなくてもわかるだろう、常識的に考えて」的な
やり取りは、こういう著作権に関わるケースでは良くない
ということですね。

mohno

公開を停止しました。ご連絡まで。

まると

はじめまして。横から失礼します。
作業、お疲れ様でした。いま公開停止されたそうですが
やっぱりもったいないと思うので、よろしければ脚注のテキストやりますよ。
書籍はお送り下さらなくて結構です。
私は、大野さんが「webに一刻も早く出したい!」と実行に移されたことは重要な事だと思いました。

> 実行に移されたことは重要な事だと思いました。

わたしは、このネチネチグチグチなやり取りを見て、なんか作ってもCCで公開するのは止めたほうが良いなと思った。
CCに限らずこういうのは日常茶飯事だけど、目立ってやると覿面にクリエイター予備軍のモチベーション下げるよ。

mohno

まるとさん、コメントありがとうございます。心から嬉しいです。
どのような形で作業されるかわかりませんが、こちらのテキストが必要であれば cfuture @ mohno.com までご連絡ください。
$さん、意図せぬ展開になってしまい、申し訳ありません。

johannes

本人達はどういう気かわからないが、今の状態は
(著作者)使わせてあげている、(使用者)使ってあげている

Creative Commonsが目指しているのは
(著作者)使ってもらっている、(使用者)使わせてもらっている
だと思います。

著作者のほうは「使わせてあげている」という気持ちでもいいと思うけど、使用者が「使ってあげている」というのは間違っていると思います。

微妙な差だけど著作者に対して敬意(誠意)がないというか・・・。

小学校のとき、運動会で水筒を持ってくるのを忘れた子にお茶をあげたら「もう一杯くれ」と言われ、断ったら「ケチだな。」って言われたあの感じ。

わかるかな?わかんねぇだろうな。

結論:自分の創作物にはCreative Commonsを付けないことを決めた。

エクサ

大野さんのこのgdgdっぷりは

$さん
>CCに限らずこういうのは日常茶飯事だけど、目立ってやると覿面にクリエイター予備軍のモチベーション下げるよ。

johannes さん
>結論:自分の創作物にはCreative Commonsを付けないことを決めた。

こんな感じで、Creative Commonsへのモチベーションを下げたり「CCなんかゴミだ」と思わせるための
孔明の罠なのではないかとしか思えませんね。

津田さんへの突っかかりといい、言い回しといい、
gdgdにして津田さんや小寺さんの意欲を削ぎ、
$さんやjohannesさんのような「未来のCCクリエイター」の
意欲さえ殺ぎ落とす目的でわざとgdgdにしているんじゃないかと・・・。

mohno

終わらないのも問題なのでコメントしますが、断じて違うと申し上げます。メールにも書いたとおり、私はCC至上主義者ではありません。しかし、CC宣言される著作者(とりわけ商業レベルのもの)には大きな敬意を持っています。一方で、商業的な著作物についても、その存在を認めるべきだと考えています。著作物のあり方には多様性があるというのが私の考えです。
さらに申し上げておくと、はてブのコメントでとても違和感があるのは私を“使用者”と指摘されているものです。「著書を使う」というのは、普通の日本語で言い換えると「著書を読む」ということではないでしょうか。本来の使用者は“読者”です。私が“意を決した”のも、テキスト化した方が読みやすいであろうと読者の姿を想定したからです。決してネガティブな動機ではありません。
本文にも書いたとおり、当初、誤字が多かった点については敬意を欠くものだったと反省しておりますし、その後の修正努力を放棄したわけでもありません。しかし、このようなコメントをされている方は、そもそも使用者である「読者の姿」が見えていないのではないかと思わざるを得ません。まるとさんにコメントいただいたこともありますが、重要なのは読者であり評論家ではないと思い直すと、否定的なコメントでやる気が失せたというのも一時的なことです。事実、本書を公開していたサイトへのコメントは概ね肯定的なものでした。
今は「やる“時間”が失せている」というのも事実ではあるのですが、津田氏の提案されたイメージデータでの公開であればテキスト化よりも時間はかからないと考えています。また、津田氏が“クリエイティブスパイラル”と表現された意味で、著書の(使用ではなく)“利用”という点についても考えています。
最後に、Creative Commons を支持される方は、ぜひとも行動を起こしてください。
http://www.creativecommons.jp/donation/
http://creativecommons.org/support/
また、今日では、CC宣言されたわけでもないのに多くの著作物が無断流通や改変の危機にさらされています。はてブでコメントをいただいた方には、同じ熱意をもって、このような現状に対処されることを期待します。

\

> また、今日では、CC宣言されたわけでもないのに多くの著作物が無断流通や改変の危機にさらされています。はてブでコメントをいただいた方には、同じ熱意をもって、このような現状に対処されることを期待します。

ホントどうしようもないな。自分のやったことを脇に置いて違うこと言い始めた。どこまでもクズな人だ。

コメントを投稿する