とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

バンコクでお買い物 その13 中華用のまな板 生木

»

 ご無沙汰しております。相変わらず、仕事に明け暮れております。今後も珍しい事を中心に投稿していきます。

 会社に向かう地下鉄までの道で交差点をまな板売りが行商しておりました。ほとんどが中華料理用の丸板のまな板で、日本では結構珍しいものです。(専門店などでは普通に売っています。)

 日本では、プラスチックのまな板がほとんどで、木製が有っても合板のまな板です。

 生木のまな板がリアカーに目いっぱいに積まれています。中華用のまな板が欲しいとは思っていましたので、とりあえず、眺めていると、まな板売り曰く「とっても良いよ、どう(タイ語)」と声を掛けてきます。少し大きめの物を手に取ると、物は全体としては良いのですが、少し巣が入っています。まあ、生木のまな板でタイ産でしょうから仕方ないと思い、いくらと聞くと、300B(現在のレートで約1000円)お手頃価格なのですが、どうせならといろいろ見ていると、300Bの一回り大きめが350B(1100円ほど)とのこと、巣の部分も少し中心から外れているのでこれにしようと思い、どうやって持って帰るかとか考えて数分すると、まな板売り曰く「これがお得だよ、わかった320Bでどうだ」と値引き交渉するまでもなく値切れました。ずっとまっているともっと下がる可能性が高いのですが、せっかく1割程度引いてくれたのですから、「分かった。それを」ということになりました。

まあ、まあですが、非常に重い、それが良いのですが、問題はどうやって持って帰るかですね。

10KG以上あります。当分は、会社に置いておくですね。

今日はここまで、またいつかお会いしましょう!

IMG_0310.JPGIMG_0309.JPG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する