ミッキー・グレースの頑張れニッポン!:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) ミッキー・グレースの頑張れニッポン!

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

前回に続いて出張用の一夜漬け特集です。

プレゼンテーションの時に使える決まり文句をいくつか集めて見ました。

オープニングの一言
Thank you for your time today. My name is Mickie Grace. I work in the business development group of Grace Consulting. Today, I am going to talk about  ~.
スライドの1枚目、表紙のところで使える決まり文句です。
お忙しいところ、貴重なお時間をありがとうございます。に相当するのがThank you for your time today.です。

もう少し込み入った表現としては
Thank you for this opportunity to present you our solution.
Our solutionに部分にプレゼンの内容を挿入します。
「このような説明の機会を得て光栄です。」が直訳です。

アメリカ企業のプレゼンテーションでは内容に入る前に、自己紹介を兼ねて経歴を披露することも少なくありません。

Before I get into the presentation, let me introduce myself.
I work in the Business Development group now. Before that, I was in the R&D department for 10 years. Before that, I was working for Company A.

ポイントは時系列を逆上って経歴を説明すること。担当や所属部署を説明することが多いです。
もちろん、経歴は省略してそのままプレゼンを始めても構いません。

締め括りは
Thank you for your kind attention.
Kindはオプションです。
時々、Thank you for your listening to my presentation. という人がいます。文法的には間違いではありませんが、あまりこういう言い方はしません。(実は全然しません。)

質疑応答に対応するには和文英訳の力が必要になります。その場で、質問に対する答えを考え、和文英訳するのは容易なことではありません。
そのような場合、事前に「想定問答集」を用意しておくと良いですよ。
予想される質問をいくつか想定し、それに対する回答をあらかじめ作文しておくのです。たとえ想定していた通りの質問でなくとも、関連した回答をすれば、「対応できた」という実績を作ることができます。(これは大きな自信につながりますよ。)

何事にも準備が大切。備えあれば憂いなしはプレゼンにも通用するのです。

ミッキー・グレース

Special

- PR -
コメント

コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/23166529

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/mickiegrace/profile_name.html -->ミッキー・グレース<!-- /include:/mickiegrace/profile_name.html -->

ミッキー・グレース

シリコンバレーの屈指のカリスマ通訳。通訳歴20年のベテラン。
ここ数年は、名古屋大、東北大COE特別講義や企業ワークショップを通じて、国際人育成・地力英語教育にも尽力。
カリフォルニア大学サンフランシスコ(UCSF)小児精神科修士、千葉大学看護学部卒。実は白衣の天使だった!?

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ