技術で勝って、商売で負けていませんか?

キャンプの良さ

»

camp.jpg筆者の仕事はIT関係、週末はフットサルと自家農園での農作業と、そんなに自然と遠い日常を送っている訳ではないのですが、家族と行くレジャーで毎年欠かせないのが、オートキャンプです。

キャンプに行く機会のない親類などからは、キャンプなんて道具が多くて面倒くさそう、バーベキューで食べる食事の衛生面が心配、というような悲鳴の声がたまに聞かれます。

確かに否定はできませんが、それらのマイナス面を割引いてもおつりが戻ってくるくらいの素晴らしさがあるからこそ、毎年出掛けているのです。

自然の中で過ごす素晴らしさはもちろんですが、上記のような準備や後片付けの大変さも貴重な体験だと思っています。特に子ども達にとっては、ボーイスカウトやガールスカウトに入隊させる必要もなくなるような実体験を積ませることができます。

設備面でも、今時のキャンプ場はずいぶんと至れり尽くせりです。こっちがびっくりするくらいです。
それでも気が進まないご貴兄には、グランピングという呼び名の施設が増えてきました。

グランピングとは、グラマラスキャンピングの略で、煩わしさを取り除き、快適さを追求した新しいキャンプスタイルです。欧米で流行し、国内でも広がりを見せているのです。火おこしやテントの設営、トイレの悩み、虫などの敬遠要因を除外し、手軽にかつ豪華なキャンプを体験することができるという触れ込みです。

参考までに人気の施設を挙げると、
星のや富士、伊勢志摩エバーグレイズ、北軽井沢スウィートグラス、ネスタリゾート神戸、初島アイランドリゾートアイランドキャンプヴィラ、FBI AWAJIなどです。

これから訪れる秋の夜長をキャンプで楽しんで、日常の喧騒から離れてみることをお薦めします。



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する