あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

台湾ETCの大胆な割り切りを見習いたい、あるいは日本での合理性を阻むもの

»

普段は台湾に住んでいる友人を乗せて高速道路を走っている時に、台湾でのETCの話になった。

・台湾ではETCカードではなく、シール状のタグを車に貼っている
・タグを貼っていない車も、インターチェンジでは現金を払わず、スルーする
・スルーした車には後日請求書が送られ、コンビニなどで払う
・インターでお金のやり取りをしないので、インターはほぼ無人になった
・友人は外国人なので最初は事情が分からなかったが、請求書が来たので理解できた


「ETCに限らず、台湾って何かにつけて合理的なんですよ。例えば病院の診察待ちも番号で管理されていて、自分の番号が近づいてきたことは、スマホで確認できる。日本みたいに名前を書いて順番待ちすると、結局何時間も待つ事になりますよね」
なるほど。なるほど。


確かによく考えられている。何より僕がいいと思ったのは、シンプルで低コストな仕組みにするために、大胆に割り切っていることだ。
例えば、インターをほぼ無人にするという決断。これは「後で請求すればいいじゃん」という割り切りがあってこそ、できた決断だろう。

日本であれば、
・車のナンバーから、請求書の送り先を100%割り出せるのか?
・請求しても払わない人が多いだろう。どうするか?
・インターの従業員の方の雇用はどうなるのか?
・間違って侵入した車への対応は誰がやるのか
などなど、山のように懸念点があがり、「無人化なんて無理無理」となるだろう。そして日本では、なかなかこういう大胆な決断はできない。



ETCだけの話をしているのではない。別に日本のETCが特に問題があるとも思わないのだが、この手の話は日本の組織には本当に多い。
業務改革プロジェクトをやっていて、「こういう割り切りをすれば、スッキリします、手間も減らせます」という施策案をスムーズに実現できることは稀だ。

とにかく、何かを変えようとすると、みんなが本当に沢山の懸念点を出してくれる。
こういった懸念点のお陰で変革のプランは練られ、よりよいプランになるケースもある。だがちょっと度が過ぎていて、良いアイディア、大胆なアイディアが結局潰されてしまうことも多い。


「変革するとこんな問題が起こる」という指摘一つ一つは、大抵正しい。
ただ、「そういう事を考慮しすぎて、台湾みたいな合理的な仕組みを実現できない」という結果は、正しくない。
正しくない、と僕は思う。
企業であればコスト競争力を削いでいる。ETCの様な社会インフラであっても、コストが高いことをみんなが薄く広く負担している。

多くの人は、「業務をもっとシンプルにしたい。低コストにしたい」と思っている。でも、懸念点を割り切る度胸がなくて、見送るケースが多い。結果として、誰もいいとは思っていない、複雑怪奇な業務になっていく。頭がいい人々であればあるほど、いろんなケースを予め考え、対応し、制度や運用を複雑にしてしまう。

イノベーションとは、単なる発明のことではない。こういったスポイルを乗り越え、アイディアの輝きを残したまま、実装するまでがイノベーションだ。そして日本のようなカルチャーの社会、会社では、発明そのものよりも、その後の実装でスポイルされない様にする方が、ずっと難しかったりする。

 

 
割り切ること。腹をくくること。
大胆な意思決定をすると、後で問題が起きた時に責任を問われる。だから組織として大胆な決定を下すためには、「責任は俺が取る」という漢気(オトコギ)がある人が必要だ。

台湾で大胆な決定ができているとしたら、どうしてだろうか。
懸念点を山ほど出す心配症の人が少ないのか。日本人よりも腹をくくれているのか。問題が出たら、後で考えればいいや、と思っているのか。問題の責任を問うことよりも、何かを成し遂げる事を評価するカルチャーなのか。

何故日本ではできないのだろうか。
日本でも、組織の要所要所に、そういう意思決定をする人がもっと増えるといいと思う。そういう人が偉くなるといいと思う。
実際には、年々少なくなる絶滅危惧種の様な気がするけれども。

Comment(3)

コメント

akagey

私は明確にイノベーションを阻む側の人間である。新しいアイディアに対し、懸念点が次から次へと浮かぶ。ただ、そういう自分を自覚し、イノベーションを潰さないように注意しながら日々の業務を行っている。
一方で、日本製品の品質が高いと世界で評価されているのは、日本人のこういう気質に支えられていると思う。
ので、割り切り型/精度追求型という人物評価の尺度を導入して、それを採用や人材配置に活かせばいいんじゃないですかね。たぶん全ての現場で両方の人材が必要で、その割合が異なるだけだと思うので。

akageyさん、こんにちは。
>一方で、日本製品の品質が高いと世界で評価されているのは、日本人のこういう気質に支えられていると思う。
これは本当にそうだと思います。日本への褒め言葉として「よくマネージされています」というのを聞きますが、これは無人のインターチェンジを見切り発車しちゃう様な国民性だと達成できないかもしれません。
プロジェクトでも、「慎重で問題点をよく出してくれる人」と「大胆に前に進める人」の混成チームだと(時間は多少かかるが)最後は上手くいく、と思っています。

ardbeg32

度胸が無いんじゃねーですよ。ただひたすら自部署を守りたい、あるいは自部署がババを引きたくないだけですって。
若しくは、決済権者が各部署の仕事の細かいところまで理解していないから各部署の言いなりになってるか、非合理だとわかっていても人事的パワーバランスの関係で妙な裏取引があったり、
そういう意味では白川様のおっしゃる「非合理性」がお得意な人種なんでしょう>日本人は。

病院の待ち時間ですが、そういう類のシステムはいくらでもゴロゴロしているんですけど、患者=客の回転率向上=売り上げ向上、あるいは診療待ちスペースの混雑解消=患者満足度の向上=評判向上=売り上げ向上というサイクルに対し、医者の負荷がどうだとか目先の金がどうだとかすべての年齢層の患者が利便性を享受出来ないとか実に「非合理的」なことを持ち出して固定費削減に血道をあげているのが現状です

コメントを投稿する