あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

「生還の保障はない。わずかな報酬」南極探検隊の募集広告が超ネガティブだった訳、あるいはモチベーションが下がっても進み続けるチームの作り方

»

南極探検隊員募集
求む隊員。
至難の旅。
わずかな報酬。
極寒。
暗黒の日々。
絶えざる危険。
生還の保障はない。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。
        by アーネスト・シャクルトン卿

 

100年以上前にロンドンの新聞に掲載された募集広告だ。こんなネガティブなことを書いても、5000人もの怖いもの知らずが応募した。そして(予想通り?)絶望的な遭難にあった。奇跡的に全員生還することができたのだが。
カネやポジションで釣るのではなく、厳しい現実を提示しての人材募集の成功例といえる。


僕も、2011/5/25に出したメールの冒頭にこの一文を載せた。
もちろん南極探検に行くのではなく、ある困難なミッションにボランティアで参加するメンバーを社内から集めたかったからだ。

なぜ人を集めるのに、思いっきりネガティブなことを最初に言うのか。
それは、そうするのがチームの勢い・モチベーションを維持する一番いい方法だからだ。



以前セミナーで講演した際に
「20人のメンバーを公募して業務革新活動を始めたのですが、成果を出す前にダレてきてしまいました。どうすればいいでしょうか?」というご質問を受けた。

メンバーを募集すれば、熱しやすく冷めやすい人も沢山応募してくる。そういう人はどんどんモチベーションが下がるので、旗振り役としては厄介なのだ。
最初に「南極探検はとても困難である」と宣言することで、興味本位だけの応募者(お調子者)をある程度排除することができる。

それでも、実際に業務革新などのプロジェクトを始めると、冷めてしまう人々がいる。たいていは本業と掛け持ちなので忙しい。なのに最初は中々目に見える成果が出ない。だからやる気が持続しない。

問題は、冷めてしまった人が早々に脱落していくと、残った人たちがつられてやる気を下げてしまうことだ。かと言って無理やり引き止めるのは不毛。モチベーションとはごく個人的なものなのだから、他人からはコントロールしにくい。


防ぐ方法は1つしかない。予め「このプロジェクトは大変厳しいから、脱落者が出るであろう」と最初に宣言することだ。
こうすることで例え脱落者が出ても、それは現在歩んでいる道の困難さを確認し合うだけのことで、残った人たちのモチベーションは下がらない。


僕が2年前に出したメールは、業務改革についての本を作るプロジェクトのメンバー募集のメールだった。アーネスト・シャクルトン卿の引用の後、以下の様に続く。

 

南極探検隊員募集ではなく、出版チームの参加者募集のご案内です。
だいたい南極探検と同じくらいの覚悟は求められます。
報酬はわずか。
出版できるかどうか分からない。
家族や仕事との軋轢。
多分、著者欄に名前が載ることもないでしょう。

関わりの度合いに応じて、間違いなく得られるモノは、成長です。
白川が10年前に何も知らない費用対効果分析のトレーニングを企画したように、現時点で業務改革について本を書くほどは知らなくても、貢献をしながら学ぶ方法もあります。


業務改革について、正面から描いた本。
普通の読者が、自分の会社の業務を変えるための教科書。
プロジェクトの立ち上げ方のノウハウを懇切丁寧に書いた本。
こういう本を、自分たちの体験を紬ぐようにしてゼロから書くのが、どれほど大変かは、書き始める前から分かっていたつもりだった。
だから、シャクルトン卿に習って、困難な道であることを最初に宣言したのだ。


僕は意図していなかったのだが、この出版チームは自然に「南極プロジェクト」というコードネームで呼ばれる様になった。

 

Xx_20130828_

 

このメールから本が出るまでに、2年半の月日がかかった。

難しいとは思っていたが、これほど難航するのは、さすがに想定外だった。プロのコンサルタントとして、自分たちが業務改革プロジェクトでやっていることを、きちんと言語化するのが、これほど難しいとは・・。


南極探検隊の名前の通り、途中で脱落したメンバーもいた(お客さんとのプロジェクトに全力を尽くすのが本業だから、ある程度は仕方がない)。

それでも、ついには書ききることはできた。本を出してくれる出版社も決まった。イラスト、過去プロジェクトで使った資料、写真、図表が非常に多かったので死にそうだったが、少しメンバーが入れ替わった南極チームが、最後の編集追い込み作業でとてもいい仕事をした。


南極隊がついに作り上げた本「業務改革の教科書」は9/20発売。アマゾンでは予約も始まっています。ご贔屓に。
http://goo.gl/rKYHig



*************************************************************
「業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ」新刊情報
*************************************************************

表紙デザインが決まりました。
教科書なので結構カッチリしてます。

でも内容はもう少しソフトなので(文体もカジュアルだし、イラストやサンプル資料が多い)、その辺を表現するために本文で使ったイラストが帯につきました。
こういうのって吉とでるか凶とでるか、全然予想がつかないですね。
「堅い外見の本が好き」という人もいるでしょうから。

タイトルや表紙デザインは、基本的には出版社の責任範囲です。
著者としては、アイディアや意見は言えますが、決定権は出版社にあります。
(村上春樹級の売れっ子なら違うでしょうが)


その辺りはプロにお任せするしかないですね。
皆さんも書店でこの赤い表紙を見たら手にとってみて下さい。

アマゾン予約受付中!
http://goo.gl/rKYHig

Xx_20130828__3

 

Comment(3)

コメント

木村

おぉ!ついに出るのですね。週末には届きそうです。

悪いことは一度に全部、良いことは小出しにというセオリー通りですね。脱落者が出ないようマメなフォローが重要だと思います。

ardbeg32

社内公募プロジェクトとかありましたねぇ。仰るとおり、事前に「自分が聞いたつもり」の内容とギャップがあってメンバーが次々腐っていく・・・
社内教育でPMBOKとか合宿までして教育してる会社でもこの体たらくですから、そうでない会社では惨憺たるものでした。

本の無事出版おめでとうございます。
セミナーで購入・・・って初回セミナー見逃してたぁ!次回是非参加させていただいて購入させていただきます。

ardbeg32

本購入させていただきました!
のっけからいきなり濃いし、抹香臭い教科書どころかギラギラと油ギッシュな感じでしたので、電車の中で読むのは惜しく週末まとめて読むこととします。

コメントを投稿する