広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

Amazonの欲しいものリストは使い方次第でコワかったのですか・・・

»

マイミクさんの日記(Pさん)で知ったのですが、なんでも、以前から、名前などで友人知人の欲しいものが検索できる仕組みになっており、ウィッシュリスト(欲しいものリスト)を作成して、デフォルトの設定のままだと、メールアドレスや本名などの情報が公開されていたようなのです。

数年前、アメリカ人と結婚した友人にプレゼントをあげるときに「リストドマリアージュ(ウェディングレジストリー)」というものを知りました。私は滞在先に近いウィリアムズソノマでカップルの名前を検索し、欲しいものリストを出して、リストの中で誰も買ってなかったものを選んで購入、それが、彼女の新居に納品されるという仕組みでした。

このような欲しいものリストの作成は、アメリカでは違和感のない仕組み(だと思うのですがどうなんでしょうか?)にネットの力が加わって、更に日本ではあまり馴染みがなく、いろいろな議論を呼び起こしているようです。

自分のリストや名前などが公開されているかどうかはこちらでわかるとのことです。公開のつもりがなく出てしまっている人は、設定を「非公開」にする必要があると思います。

知人にだけ公開する設定もあるので、うまく活用したいものですが、デフォルトの設定は非公開のほうがありがたいかも、と思いました。

Comment(2)

コメント

oze

ほんとですね、公開でした。

知らぬ間にSNS的な機能が付いてきていると怖いですね。

コメントを投稿する