広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

トラバ機能は廃れるのか?

»

以前このブログに、アフィリエイトのトラバばかりという話を書きましたが、すでに他のところでも話題になっていますが、トラバが機能しなくなって来ている気がします。

いろいろな人に話を伺うと「トラバつけても(送っても)消されちゃうし」「トラバがアフィリエイトに埋もれちゃって意味がない」ということで、トラバ機能を使ってないという人が多数いました。

2年近く前にトラバのルールについて共同で調査をしたことがあったのですが、当時はここまでアフィリエイトもスパムトラバも多くなかったのでした。記事から関連記事へのリンクを貼る方法としてもっと活用されていたように思います。

ビデオリサーチインタラクティブ(2007)の調査によれば、2006年のブログサイトの年間訪問者数は2,687万人、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の年間訪問者数は1,104万人とのことで、ブログサイトの、月間のユニークな推定訪問者数は2006年1月時点の1,445万人から12月時点では1,592万人と10%程度の伸びにとどまっていて、ブログ利用者の伸びは鈍化しはじめた感じがします。

そして、SNS利用者は相変わらず増え続けています。(同時期に倍の伸び)

ブログの伸び鈍化とトラバ機能の凋落?(良い言葉がみつかりません)に関係があるのかはわかりませんが、ちょっと気になったデータでした。

それにしてもトラバ機能、今後はどうなっていくのでしょうか?このままだと役に立たない機能になってしまいかねないなあと、感じています。

Comment(4)

コメント

hg

スパムを禁止する国際的な法令みたいなのがないとどんどんリソースが無駄になっていきますね。

コメントは画像処理認証がありますが、トラックバックはコメントと違って、管理者で認証をする方式以外スパムを取り除く方法がないですからねぇ。
ブロガーとしてはちょっと頭の痛いところです。

本文とはあまり関係ないですが、写真がさりげなく変わってるー。髪型がちがいますね~。

cnetでは

早速、ゴミトラバがついてますねえ(苦笑)。
他社で恐縮ですが、CNET Japanのブログでは、このようなゴミトラバは見たことがないように思うのですが、この差は何でしょう

hgさん>コメントありがとうございます。スパム対策をもっと考えないといけないかもしれませんね。


一人シリコン@クドウさん>コメントありがとうございます。そうなんですよね、コメントは画像処理認証がありますが、トラバはそうはなっていませんよね。写真については、近いうちに日記に書こうと思います(笑)。


cnetではさん>コメントありがとうございます。そうなんですよね。CNETさんのブログではみないですよね。使っているCMSの違いなのか、それとも、トラバ全部を一つ一つ承認して掲載する方式にしているのか、何か対策をとられているように思います。私が書くのも何なのですが、オルタナティブブログでも、何らかの対策ができるよう、事務局さんのほうで考えてくださっているようですし、ブロガーからもいろいろと意見が出ているようです。

コメントを投稿する