仙台と東京を行ったり来たりしながらグローバルなITビジネスを展開しつつ、ITや地域の可能性を探って行きます。

震災から3年の被災地 南三陸編その1

»

東日本大震災から3年。
3/8(土)9(日)の日程で、「ITで日本を元気に!」の活動で南三陸から南相馬まで、のべ500Km以上を走破して数多くの方々のお話を聞いてきました。

Img_2235_6

本活動は2011年4月から様々な活動を行ってきていますが、その中で、毎年311前の土日に被災地を巡って復興の現状を見て情報発信を行う活動を実施しています。
2013年3月10日の活動
2012年3月の活動
2011年9月11日の活動
そもそも「ITで日本を元気に!」とは:2011年7月3日のブログ
今回のテーマは、震災から3年経った被災地で漁業/農業/産業/観光それぞれの分野で改革的な活動をされているキーマンのもとを訪れ、復興の現在とこれからのお話をお聞きして、マスメディアでは報道しきれていない被災地の現状を発信することでした。
結果、2日間で18名の方々にインタビューすることができたのですが、所期の目的を遥かに超える成果がありました。
特に、30代を中心に震災からの復興を通じて明らかに覚醒している人材が増えており、彼らが志高く、これまでの慣習を尊重しつつも新しい道を切り開いている話しに深く感銘を受け、明らかにこちらが勉強させられた2日間でした。

(つづきはこちら:仙台のITベンチャー日記

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する