エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

主要SNS/コミュニケーションアプリに関する認知度とアクティブ度の関係(2)

»

 以前に紹介したジャストシステムが行っているソーシャルメディアに関する調査の2012年9月版が発表されていた。(参考:[最新] 携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年10月度)

 結果をダウンロードしたのでグラフにしてみた。

20111116_1

 あちこちで取り上げられているがLINEの利用者数の伸びが凄い。急速に普及しているのがわかる。

 そしてこれも以前に書いたように(参考:「主要SNS/コミュニケーションアプリに関する認知度とアクティブ度の関係」)認知率、登録率とアクティブな利用率の相関もグラフにしてみた。

20111116_2

 前回の調査ではなかった動画サービスが今回から対象に含まれているが、動画関連サービスは他のソーシャルメディアに比較して日常での継続利用率が高いという傾向が出ている。そしてLINEはここでも高いアクティブ率だ。

 LINEについては、競合となるcommやカカオトークとの比較もしてみたいところなので、次回の調査でジャストシステムさんがこの2つを対象に加えてくれることを期待したい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する