エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

ナレッジマネジメントモデル

»

 前回のエントリーでプレゼンテーションの資料を配布出来ないことにちょっと触れたが、違った見方をするとせっかくセミナーで情報公開をしても紙で配布をする限りその場に参加した人だけへしかノウハウは提供されないわけで、たまたまその場に参加できなかった人はそのノウハウを再活用できないことはちょっともったいないとも考えられる。
 たぶんそういう事にも配慮して、最近ではIBMを始めいくつかのベンダーがセミナーでの配布資料をホームページからダウンロード提供するようになり、最近では講演者自身が自分のサイトやブログで公開しているのもちらほらと目にするようになった。
 前回情報公開に否定的なことを書いたお詫びというわけでもないが、今日は最近私がセミナーで使っているスライドをこのブログで公開したい。
 
 常々書いているように私の現在の専門分野はナレッジマネジメントであるがこのナレッジマネジメントモデルの1つを紹介する(図参照:図の出典はみずほ情報総研)Kmmodel_1
 ちなみにこの分野でもっとも有名なのは野中先生のSECIモデルである。我々のモデルももともとはSECIモデルをベースとしたものであるが、さらにプロセスを細分化することでより分析や検討を行いやすくしていることと、最終的に施策やツールに落としこむことまでを考慮しているのが特徴である。
 我々が組織や活動の分析や調査を行うときにはこの図の8つのプロセスにあてはめて順番に考えていく。そういう意味ではモデルというよりはフレームワークと呼んだほうが適切かもしれない。

 企業活動において各社員は、

  • [表出]・・・個人の頭の中に埋もれている情報や知識を表に出す工程。議論や質問による誘発が有効.。
  • [収集]・・・ 業務の遂行のために情報を集めて取捨選択する工程。社内外の膨大な情報を迅速に収集する必要がある。
  • [蓄積]・・・ 作成・収集された知識を保管・蓄積していく工程。対象情報の種類や特長によって一時的保管と恒久的保管が使い分けられる。
  • [検索]・・・ 膨大な蓄積情報や蓄積データから目的の知識を素早く探し出す工程。この工程の効率化は、業務遂行効率化に直結する。
  • [体系化]・・・ 膨大な蓄積情報をニーズに合わせてユーザーにわかり易く分類する工程。再利用性が高まる。
  • [誘導]・・・ 各ユーザの業務・役割・嗜好にあわせて、蓄積を行い、体系化後の情報を誘導する工程。人と情報の距離を短縮化する。
  • [連結]・・・ 情報や知識を持っている人やモノ同士をつなげる工程。新しい情報や知識を生み出すきっかけになる。知識の創出には重要。
  • [内面化]・・・ 理解した知識、使った情報をユーザ自身の言葉や経験として血肉にしていく工程。

という知識活動の各プロセスを繰り返しながら業務活動を行う。したがってSECIモデルと同じようにこの全体のサイクルをなんども循環することが大事であるし、各プロセスの支援や全体の循環促進を行うことがナレッジマネジメントの実現と企業競争力の強化につながると考える。すなわち組織におけるナレッジマネジメント実現のためには各過程での作業を支援するツールや施策の導入が有効だといえる。

 ちなみにこのフレームワークで最近の企業を分析すると、[収集][蓄積][検索]といったサイクルの上半分だけは実現したり支援する仕組みの導入が進んでいるが下半分のサイクルにはほとんど未注目・未着手、という結果になる事が多い。

Comment(5)

コメント

トラックバックいただきまして、まことに恐れ入ります。
先日のセミナーでは貴重なご講演ありがとうございました。
(ちょっと詳細に記録を残しすぎてしまったかなと、ちょい反省しております。)

今回アップしていただいた資料たいへん参考になります。

こちらのブログもいつも拝見させていただいております。

p-articleさん、コメントありがとうございます。
あの日に「この資料はWebにあります」って言って帰った後そのWebが削除されていることに気づき、非常に申し訳なく思っていました。
このモデル図だけでなくあと数枚のスライドは公開可能ですので、おいおいこのブログに掲載して行きたいと思います。

小さい画面のPCで見ていたので「連結」が「凍結」に見えてしまいました。

今の組織の多くはナレッジの「凍結」になっているから、言い得て妙だなぁとひとしきり頷いていたのですが、話の趣旨とかけ離れていることを思い出し、ようやく間違いに気づいた次第です。

でも、「凍結」しているところ、多いですよねぇ。

[凍結!](笑)面白いです!でもあたってると思いますね。
NAKAさんのおっしゃるとおりいろんな組織でナレッジは酢漬けにされていると思います。そして実際それでも会社はそれなりには進むんですよね・・・

bibendum_iwa

今いる業界では、民間企業なのですが事業の根拠となる法律があるなどちょっと特殊な環境にあり、情報の取り扱いに異常なまでに神経質な所があって、転職後一年近くたっても以前に居たIT業界とは情報共有に対する意識の違いに戸惑う事が多いのが悩みですね。

ある部分は非常に強力に統制を行うのに、非常に重要な別の部分が誰でも参照できるようになっていたり・・・
ようやく導入されたグループウェアの利用状況が非常に未熟なのも原因ですが、バックグラウンドの違う社員が中途で急激に増えた(自分もその一人ですが)こともあって、扱う情報に対する姿勢と利用に対する意識に大きな差が生まれてしまっているのは判っているのですが・・・悩ましいですね。

コメントを投稿する