エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

Notesの限界

»

 最近また巷でNotesマイグレーションの話題が出てきているようだ。(このところ周期的に発生するので季節の風物詩的な感じもあるが・・・)以下のようなニュースも流れたりしている。
「サッポロビール、2008年にノーツ撤廃」
 
 何度か書いているが日本ではグループウェアといえばNotes/DominoというくらいNotes/Dominoのシェアは依然として高い。このNotes/Dominoを使い続けたほうがよいのかNotes/Dominoを辞めたほうが良いのかという問題は簡単なものではない。各企業でのNotes/Dominoの利用状況や他のシステムとの連携状況、IT部門の戦略などとも密接に関連するからである。
 
 さて移行の是非や手段を論じる前に、これまでにNotes/Dominoをインフラとして使っている企業の悩みや課題を一度整理してみたい。以下に私がこれまでにNotes/Dominoユーザから聞いてきた課題や問題点を分類して箇条書きにしてみる。

■クライアントサーバ方式による欠点
・クライアントソフトの配布やバージョンアップの手間が煩わしい
・バージョンアップのコストが高い

■独自アーキティチャーによる問題
・クライアントソフトのインターフェースがマイクロソフト系のソフトウェアやブラウザに比較すると独自である
・NotesサーバとWeb系システムとの親和性の低さ
・DominoによるWeb化は、ピュアなWebアプリケーションよりも処理が重くてレスポンスが悪い
・Webとの親和性が低いのでアクセスログ解析やトラックバックの機能が使えない
・基幹系システムと連携がしにくい
・ディレクトリが分散されてしまう

■機能面の不満
・メールの保管容量に制限がある
・スケジューラが日本の文化にあっておらずつかいづらい
・検索機能が圧倒的に弱い

■EUC展開の服罪
・部門・用途ごとのデータベース構築によるDBの氾濫
・データベースが蛸壺式になってしまい、必要な情報のありかがわかりにくい

■運用/維持/管理のコスト高
・Notes技術者人件費高
・スキル自体が陳腐化しつつあり要員やノウハウの外部転用ニーズの縮小
・要員のモチベーションの低下
・バージョンアップの都度ソフトウェアライセンス費用がかかる

 ずらずらと書き連ねてきたが、Notes/Dominoには長所もあるし、そのものズバリNotes/Dominoを代替できるツールは少ない。それ故これらの課題を解決することは多くの企業にとって今頭の痛い問題である。IBMはようやくNotes/Dominoの将来のロードマップを提示したが、これらの課題への具体的な解決策は示せていない。Notes/Dominoが限界に近づいていることは確かなようだが、新しい道もまだ明確になっていない状況にある。

Comment(10)

コメント

松永

どうも。
たまたまこのサイトきました。
あなたはNotes使ったこと無い人ですよね。
実際に使ってみてからエンドユーザーの観点からもアプローチされてはいかがですか?
なぜ皆さんがNotesを使い続けているか、きっと理解できると思いますよ。

ts

吉川さんも書いておられるように、"そのものズバリNotes/Dominoを代替できるツールは少ない"、というところが大事ですよね。Notesがどのように使われているのか、使えるか、特に吉川さんの得意のKM的観点でなぜNotesが使われているかを議論しないと、単なるコンペ同士の非難とかわりなく感じます。会社にとっての情報共有、Notesの果たしてきた役割、今の技術での可能性とぜひ議論を深めていただいたいです。

>松永様
 このブログの過去のエントリーにも何度か書いておりますが、私はNotes/Dimonoのユーザです。パワーユーザでも管理者でもなく単なる一ユーザですが。ちなみに私の勤務先はノーツコンソーシアムの会員企業でもあります。
 さてご指摘のエンドユーザの観点という事ですが、Notesの非常に優れた部分のひとつはEUC(EUD)が簡単にできるということになると思います。ただこのNotesで手軽にEUC(EUD)という行為自体もTCOの面から本当に良いことなのか疑問符が投げかけられているということも知っています。
 残念ながら松永さんほどNotes/Dominoに造詣は深くない私ですが、そういうユーザの声も聴いた上で今後を考えていきたいと思っております。

rr

これらはあなたの企業がそう設定しているだけであって、スペック的な制約ではないですので、誤解のないようお願いします。

>■機能面の不満
>・メールの保管容量に制限がある
⇒導入企業により制限をつけているため。

>・検索機能が圧倒的に弱い
⇒検索機能をフル活用していないため。

>rr

rrさんへの横レスで失礼します。
>・メールの保管容量に制限がある
⇒導入企業により制限をつけているため。
⇒確かに無制限でも使えますね。ただし制限なしで使ったら、Notesの索引が破損しまくりで大変ですね。特にR5世代はひどいと思います。一般的なpop/smtpサーバと比較して記憶域を多く要しますので、運用上、制限をつけざるを得ないケースが多いと思われます。

>・検索機能が圧倒的に弱い
⇒検索機能をフル活用していないため。
⇒フル活用とは索引を作って、検索条件にフィールド=XXXXなどを指定する操作をすべてのユーザに求めるという認識でしょうか?
他のメーラではもっと単純に「受信者に○○を含む」などの条件を設定できると思います。ノーツでもアクションか何かから受信時に自動的にフォルダへの仕訳をさせることができますが、分類するまでもなくちょっと検索したい時などは使いづらいですね。良い方法があったら教えて下さい。わたしは日本語を対象にしたFTsearchのバグの多さにひどい目にあってます。なので検索機能については全般的に改善を希望したいです。DB2基盤に移行したらSQLが使えるんでしょうか。それまで待つのはちょっと厳しいです。

私がまずいと思うのは、ノーツのメールDBって同じ設計を全員が何メガずつも重複して持ってますね。(シングルコピーテンプレートでメール運用してるところがあったら見てみたいですが)
添付ファイルの圧縮保管機能などは優れていると思いますが、ストレージの有効利用という観点からはノーツに優位点が少ないと思います。
それと、DJXメールテンプレートの標準機能として「outlook形式で書き出し」という機能が欲しいです。それがあればわざわざ「アーカイブ」なんてしなくていいと思うのですが、それやるとノーツやめた\(^o^)/という会社が続出するでしょうから、搭載されることは無さそうです。
他のメーラにはインポート/エクスポートなんていうのは普通に搭載されてる機能なんですけどね。そういった閉鎖的な思想が、ユーザと開発者から嫌われる理由のひとつかと思います。Notesがんばれ!

吉川さん、去年のコメントでもアクセスあるなんて凄いですね。トップ30のブロガーへの道のりは遠いなあって感じです。
さて!ノーツの話題ですが、サッポロビールさんが一年経って、どんな状況なのか気になるところですね。他の製品への移行では、全てが改善されるわけではなく、一部のDBは器Aから器Bに移しただけ、なんて物もあるんじゃないですか?その効果って、ユーザ部門よりも管理・運用部門のほうに魅力があるのではないでしょうか?ADを中心としたユーザやアクセスの管理が企業にとって便利なのかもしれませんね。リニューアルする事はすばらしい事ですが、システムを運用して根付いた”文化”をもっと大切にしてほしいなって思います。長くなってすみません。

みなさま、こんな古いエントリーにコメントありがとうございます。
 あいも変わらず、Notesだと何が出来るとか何が出来ないという、個別機能に反応されるの方が多いこと、複雑な心境です。
 特にやりたい事とか目指すべき姿がないからこうなるのだと思います。何かやりたいことが明確にあって、それを実現するときにツールとしてある時はNotesだったりBlogだったりSBMだったりIMだったりするわけで、そういう視点が今もNotesに携わっている人たちには希薄な感じをいつも受けています。
 コメントを頂いたこのエントリーは続きを書こうと思ってそのまま未完のモノなんですが、正直一部のNotes関連の方の目線が・・・・・・・・なんで続き書く気があまり起きないのもまた今の私の正直な気持ちです。

NDOMINO-S

吉川さん、かなりNotes従事者に対して嫌悪感示す発言されているようですが・・・・。
話が逆じゃないかと思うんですよね。
「特にやりたい事とか目指すべき姿」ってだいたい会社の上層部・管理者が抱いているものです。
これに「(新しいツール買う)予算使いたくない」という要素が加わると情報系でかつ入力するようなアプリの要件はNotes/Dominoを持っている会社の場合は、だいたいNotesアプリでやるって話になってしまうことが多いです。
Notes実務担当の視点から言えば結局「Notesなんでもかんでも」みたいな話になっていてNotesでは機能的に難しい要件を「指示」されることも多く。結果的に、個別機能(何が出来る、何が出来ない)には非常に過敏な性格になってしまいますね。

NDOMINO-Sさん。コメントありがとうございます。
 話の流れからNotes技術者に厳しい発言が多いのは認めますが、べつにNotes担当でなくても企業の情報システム担当者にはあるべき姿を考えずにシステムを作る人が多くて、私はそれに毎日がっかりしています。
 上司になんと言われようとまず「何がしたいのか?」を確認するのが王道です。SNSやりたいと言われてNotesがあるのに何も考えずにOpenPNE入れたり、会議室予約と聞いてDominoを無視してサイボウズを買ったり、あるいは無視しないまでも比較表の○×を根拠に自分の責任を回避する人たちとは正直できるだけ一緒の仕事をしないようにしている毎日なので、そういう中でたまたまシェアの大きいNotesを担当している人に否定的な書き方が多いのは特に否定しません。

>吉川さん&皆さん。ノーツ好きってだけで私はなんか、気持ちが一緒に思えて”ハッピー”なんですが、好きだとすぐに反応しちゃうのは大目に見てください。吉川さんの指摘の通り、本質は自分で選定すべきなのに、目利きが出来ない人が多くなってきてるんじゃないですか?それに自分が選定すると”責任が・・”って思う人も。シェアが多いから良い製品だとか比較表で○×つけて、さらに採点してるなんて事は私も否定的です。逆に感性を研ぎ澄ませて、目利きできる力を持って欲しいと思います。そうするとノーツが有利かも・・・親の欲目ですかね?吉川さん何かもっとお話したいことあれば是非私のLotusDayのセミナーに参加しませんか?

コメントを投稿する