クラウドの作り方、使い方、最新クラウド情報をお伝えします。

日本最強のDaaS(Desktop as a Service)な人達に会ってきた

»

週一でブログを書くのもなかなか大変です。何が大変って?ネタを見つけるのが大変(汗
見つけるのが大変なら作ってしまえということで!?日本最強のDaaSな人達に会ってきました。
というのは冗談で、DaaSアナリストの号令によりDaaS会議が、神保町にあるビストロ アリゴにて開催されました。

本日参加された方は、

DaaS界のバンチョー、四倉さん
DaaS界のあにき、細野さん
DaaS界の職人、源太さん
DaaS界の王子、畠中さん
DaaS界の敏腕エディター、亜子さん
DaaS界の隠居人、北瀬

の6人でございます。
(DaaS アナリストは、多忙のため欠席( TДT))

しかし、DaaS界の皆様はとにかく忙しい。
集合の時間になっても、隠居人と敏腕エディターしか現れません。
隠居人相手では、いくら敏腕エディターといっても、聞き出すネタがなくたじたじ
これではヤバいと思い、絶賛売り出し中の「進撃のベアメタルクラウド」SoftLayerの話をはじめまてみます。

Softlayer_2


---

実は、「SoftLayer上でデスクトップ仮想化という話もあるんですよ〜」なんて話をしながら30分。
ぼちぼちとDaaS界の最強メンバーが集まってきました。


最初に登場したのは、王子とバンチョー

王子は、日本IBM所属、DaaSソリューションアーキテクト。Citrix XenDesktop, VMware Horizon, MS RDS等に精通しています。王子は最近 NetScaler + XenDesktop + SoftLayerで、デモ用のホスティッドプライベートデスクトップ仮想化環境を構築し、先日のIBM Cloud Vision / Open Cloud Summit Japanでデモンストレーションをしてくれました。

Vdi_on_softlayer2


バンチョーは、IIJ所属、複雑怪奇なDaaS界のライセンス形態を語らせると右に出る者はいません。その領域はDaaSにとどまらず、常にどうすれば儲かるかビジネスを考えています。流石はバンチョー。世に送り出したサービス数多くありますが、「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」が有名。

次に登場したのは、DaaS界の職人。
職人は、AWS所属のWindowsエキスパート。最近はすこぶるご機嫌。というのもすべてWorkspacesがリリースされたからでしょう。

一番最後に登場したのは、DaaS界のアニキ
アニキは、IIJ所属、坂、ラーメン、スタバ、ソーシャル、ガジェットマニア。バンチョーから買い与えられたガジェットを片手に、日々DaaSの提案に全国を駆け回る最も熱い男です。バンチョーと供に世に送り出した「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」の番人でもあります。

さて、皆さんが集まったところで、職人の一押し「AWS Workspaces」のお披露目となりました。


Img_4282_3


アニキ曰く、右にでてくるコントロールバー?(なんと言えばいいのか不明)がいいらしい。
敏腕ライターも興味津々(うしろでアニキは何をやっているんだ・・)


Img_4283_3

---

ここで、DaaS界隈の用語を解説したほうがいいかもしれません。そもそもDaaSって知らない方もたくさんいると思いますので(汗

DaaS
Desktop as a Serviceの略で、クラウドサービスの中でも、デスクトップを様々なデバイスに提供するサービスの事です。

デスクトップ仮想化
クラウドサービスというより、オンプレミスでデスクトップを様々なデバイスに提供する仕組み。

デスクトップを様々なデバイスに提供といっても、その提供形態は色々あるわけでして。

VDI
Virtual Desktop Infrastructureの略で、人によって解釈が異なる場合もありますが、クライアントOS(Windows 7や8など)のデスクトップをネットワークを介して、デバイスに提供するシステムの事をいいます。クライアントOSとデバイスの関係は1:1です。
この形を提供するケースは、現状ほぼオンプレミスとなりますが、ホスティッドプライベートクラウド上でVDI環境を構築するケースも増えています。IIJ GIO仮想デスクトップサービスや、王子が作ったSoftLayer上のVDI環境もこちらになります。

Hosted VDI
サーバーOS (Windows 2008や2012など)のデスクトップをネットワークを介して、デバイスに提供するシステムの事で、かつサーバーOSとデバイスの関係は1:1の場合です。クラウドサービス事業者が提供するサービスはこのケースが多いです。
AWS Workspacesはこちらの形態となります。

Shared Desktop
Hosted VDIと同様、サーバーOS (Windows 2008や2012など)のデスクトップをネットワークを介して、デバイスに提供するシステムの事ですが、サーバーOS1台から複数のデバイスにデスクトップを提供します。IIJ GIO仮想デスクトップサービスはこのタイプのDaaSも提供していますし、SoftLayer上でも構築できます。

うーん、このブログで全てを書くのは無理だし、この辺りはやはり図解をいれて解説しないと複雑すぎますね。

そのあたりは編集記者の亜子さんとCitrixの小林さんの記事にお任せしたいと思います。
5つの仮想化方式を一覧表で比較 ~デスクトップ仮想化導入で準備すべきこととは

と、この辺りで息切れ... (-_-;)

---

みなさま、次回の日本最強のDaaS飲み会座談会をお楽しみに

Img_4284_2


ご意見等あれば、facebook | twitter までお願いします。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する