ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

<パソコンでの文書編集に不慣れな新入社員の皆さん向>文章の編集だけは、ショートカットキーを使おう。~ Ctrl + 、、、

»

 他人の将棋、オセロや、
漬物のビンのふたが空かないで苦労している妻の姿
を見ると、いてもたってもいられない。

「あ~まどろっこしい~」
「頼むから俺にやらせてくれ~」

と思う。

 当社では(大半の会社がそうだろうが)、会議のや資料のレビューを行うときには、議事録や資料をプロジェクターに表示しながら、議長や所属長が、その場で入力、編集を行う。

 参考→ グループウエアの「1文書の使い方」で飛躍的に変る会議の進め方
 http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2010/01/post-53c8.html

 そんな時に、とても気になるのが、他人の

「文章のコピー」
「貼り付け」
「検索」
間違ったときの「やり直し」

の操作である。

 先日、ある若手の社員が、ショートカットキーは知っているはずなのに、なぜかツールバーのアイコンを利用していた。

 文章の一部をコピー、貼り付けするときに、マウスを利用してツールバーのアイコンと文書の間を行ったり来たりして、時々、マウスがアイコンを行き過ぎてしまったり、しながら、文章を編集しているのだ。 これを見ていると

 「なんで、ショートカットキーを使わないの?」
 「頼むから、Ctrl + C / Vを使ってくれ~!」

 と、口には出さないまでも、そのまどろっこしさにイライラしてしまうのだ。

同様に、

 文章を間違って消したときに、再入力したり ( Ctrl + z 使って文章を再生した方が良い)

何十行と商品名一覧が入っているEXCELや長いワープロ文書、でスクロールしながら目で情報を探そうとしたり (Ctrl + Fで検索したほうが早い)

する時にも、思わずおせっかいなアドバイスしたくなってしまう。

 これらは、別に必殺技でも隠れコマンドでもなく、皆さんもご存知の通り、メニューの右に書いてある普通の操作なのだが、なぜか、いちいちツールバーまでマウスを動かして操作している。

 ・文書の保存 (Ctrl + s)
 
 ・パワポのスライドショー開始  (F5 や Shift + F5)
 
 ・パワポの図形の上揃え (Alt + R、A、T)

    :

 に関しては、それほど頻繁ではないのだが、文章編集や検索に関しては、日々、極めて頻繁に利用しているはずである。

 繰り返しになるが、これらのショートカットは、

オフィス製品や
Lotus Notes、
そしてWindowsのメモ帳

でさえも使える基本的なものである。

 これらに不慣れな新入社員の皆さんがいれば、ぜひ、マスターしておいていただけないだろうか。

 追伸。

 先日、プランニングに関するMeetingで、私がEXCELを使ってプロジェクターに表示して分析していたときに、

データーの

「並べ替え(Alt+D,S」
 
「集計(Alt+D,B)」

を使っていたら、
若者から、

「ピボットを使ったほうが早いんじゃないですか?」

と言われた。

 「こっちの方が慣れているから、俺には早いんだ」

と言ってみたものの、その若者の目からすると私の操作は、まどろっこしかったようである。

また、こんなことを人から指摘されるのって、気分がいいものではないということに気がついた。私も言うのをやめよう。

 <IT media オルタナティブブログの関連記事>

「今年最もお世話になったショートカットキーは?」になぜCtrl+XやCtrl+F ...

○かな漢字変換の確定を取り消す技 [Ctrl]+[Backspace]:WBI ...

○「Webからコピペしたら文字がでかっ」を解決するChromeのショートカット ...


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する