ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

IBMのWeb名刺が凄いことになっている ~ 企業の個人としてソーシャルを試してみた(1)

»

 最近、ソーシャルと言いながらも、Face Bookなどで単純に情報発信するホームページだったりするものが多い。本来、ソーシャルで重要な要素は、

・「個人と個人のつながり」

・コミュニティ

である。企業用ツイッターや会社のページをFaceBookに用意して、広告などの情報を発信するのであれば、会社のホームページとほとんど変わらない。

 などと偉そうなことばかり言ってはいられないので、実際にビジネスにソーシャルを具体的に生かしてみたい。

 IBMでは社員が、個人の力をネットでビジネスに生かすツールが沢山提供されている。(もちろん用意されているガイドラインは守る)

 まず、企業の個人として進めていくということで、Web名刺を利用してみることにした。 私が使えるWeb名刺は、Rep Page (旧 Blue Direct)と呼ばれ、以下のようなページになっている。

http://www.ibm.com/connect/ibm/jp/ja/resources/kenjiroy/

Bluedirect_2

 検索で、

 ・ Blue 吉田 賢治郎
    または、
 ・ Rep 吉田 賢治郎

 とすれば、検索結果の一番上に上のような私のページが表示されるだろう。

 私の所属する部門、実名、写真(少々古いが、、)が表示されている以外は、人間広告塔にしか見えないが、普通の企業ではありえない、個人と個人を結ぶための要素が隠れている。

 個人の力を生かすために、主に、以下のような、コミュニケーションツールが用意されている。

 機能を並べると、

・簡易ブログ

・私へのメール送信

・私との個人的なチャット(私が応答可能な時のみ機能が表示される)

・私の電話番号

・私とのプレゼン共有、ビデオ会議

・私の個人のツイッターのタイムライン表示

・私個人のFaceBookリンク

・私がセレクトしたお勧め情報やイベント
(マーケティングが提供してくれる情報を私がセレクトするだけ)
 

 のような「私、個人」とのコミュニケーション機能が用意されいてる。

お客様は、それぞれの担当営業のサイトに来ていただければ、

・最新のイベント情報、製品・ソリューションの情報確認

・個人ツイッター、FaceBookを見て「人となり」を知る

・営業にメール、チャット、電話でコンタクト

・必要に応じて画面共有の部屋に入りWeb上でプレゼン

など、クイックにサポートを受けることができるのだ。

 恐らく、機能としては、驚くほどのものではない。

 しかし、機能的に出来ても、会社の個人を、これほどオープンにする戦略と、それを許す企業文化を持てる企業がどれほどあるだろう。

 このサイトは、使い方によっては、気軽に営業担当とコミュニケーションをとりたいお客様にメリットがあるだけでなく、

 営業にとってもメリットが多い。以前、「ibm.comブログ」という企業ブログを構築したが、その時には、全ての記事を自分で作成しなくてはならず、忙しい営業には、記事の投稿の継続が課題となっていた。

 しかし、このサイトなら、中央に自分の簡単な メッセージを定期的に入れれば、その営業に関係のある情報(担当製品の広告、イベント情報)が自動的に配置され、必要に応じて営業がセレクトするだけなので、無理なく続けられることが できる。

 また、個人のツイッターの最新のタイムラインが右に表示されているので、企業ブログにわざわざ、個人的な記事を書かなくても、営業マン個人を身近に感じていただけるはずだ。

 この、社員個人とソーシャルな力を結びつけるチャレンジが、どこまでビジネスや顧客満足度向上に貢献してくれるかは、まだ、未知数だが、新たな取り組みをビジネスに結び付けようという、チャレンジ精神そのものに大きな価値があるのでは ないかと個人的には考えている。

 今後、

・それぞれの機能が社内のシステムと、どのように連携しているか

・これを中心にどのようにソーシャルにもっていくかの私個人の試行錯誤

を紹介したい。

IBMのWeb名刺からのチャットはどうなっているのか ~ 企業の個人としてソーシャルを試してみた(2)

注。このサイトの掲載内容は吉田賢治郎個人の見解であり、必ずしも私が所属する会社、組織、団体の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

<私の部のメンバーのWeb名刺(一部)>

Big Daga/Data ware House: 中山 貴之 

システム連携、WebSphere: 中川 博之

セキュリティ: 宮森 孝文

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する