ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

お父さんの力で「子どもをネットから守り、ネットで育てる」ことは、できるのか?

»

 私の、この1年半のブロガーとしてのメインテーマは、

「お父さんの力」

「子どもをネットから守る」ことができるか?

「お父さんの力」を「ネットで」活かして

「子どもを育てる」ことに使うことはできないのか? 

であった。

 強い信念からこのテーマを決めたわけではなく、流されるがままに、このテーマを追求してきた。

 そして、「ブログや日本の論点を見ていない、多くのお父さんにこそ伝えるべき」との、意見もあり、本を執筆することにした

 そして、1年4ヶ月もかけて、執筆と編集を繰り返し、12月9日に書店に並ぶことになった。本のタイトルは、

「子どもをネットから守り、ネットで育てる」

~頼れるお父さんになるための実践アドバイス

だ。

 本当は、今年の年始あたりに出す予定だったが、私の仕事が忙しく、執筆時間が週末の家族サービスのすき間時間しかとれなかったことと、

いろいろなお父さんへのインタビューに以外に時間を要したことから、本としては異例の1年4ヶ月となったわけだ。

<本を執筆することにした素直な理由>

 正直、たかだか数十万円の印税をもらうために、「偽善の金儲け」のために本を書いたように見られるとカッコ悪いと思っている。

 私としては、

自分の存在が“本”という形で、この世に残る

ことの意義は大きいと感じた。

 また、セミナーやブロガーのプロフィールを見て、執筆した本が掲載されていると、

「この人って本を出してるんだ。すごい人なんだな」

と、自分とは違う世界の人で、とてもカッコいいと思ったことが何度もあり、その人たちの仲間入りが出来ることも、うれしく思った。

 お金欲しいくないわけではない。本がたくさん売れて、

自宅で飲む、6本で648円の第三のビール350mlがスーパードライ500mlになり、

私服がユニクロ、サンキ、シマムラの黄金トリオでだけでなく時々アウトレットものが買え、

携帯電話をiPhoneにしてくれとは言わないが、iPod Shuffleがtouchになり、

自宅のWindows2000パソコンがMacになる、

といいと思うのだが、、、、そこまでは難しいだろう。

 出版業界は不況の真っ只中で、今は1万部でも売れれば御の字だそうだ。 1万部売れて100万円程度になっても、次女の大学入試と入学金で消えるだろう。

<皆様へのお願い>

 というわけで、皆さんにお願いしたいのは、

「図書館でも、立ち読みでも、誰かから借りてでも良いから、ぜひ読んで、意見が欲しい」

のである。 皆さんの意見が、

「老後は本を執筆して生活したい」

という私の夢の実現のための、重要な肥やしになるからだ。

 そして、もう一つ。

 ネット問題で悩んでいるお父さんがいたら、この本を紹介して欲しい。そして、本当に役立ったかどうかを教えて欲しいのだ。

「お父さんがネットを利用して、子どもを助け、育てられるか」

が私の1年半のテーマであり、その集大成がこの本だ。

 この本で、「いじめられて自分の命を絶つ子ども」が一人でも減れば、

本来、自分の家族のために使うべき多くの時間を、この本の執筆に費やした意味が出てくるのだ。

 ブログなどに意見を書いたら、このブログでコメントいただけるか、トラックバックを送っていただければ幸いだ。

--------------------------------------------------

○この本の内容紹介と目次 (18日8時30分公開予定)

   http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/

○アマゾンでの本の紹介ページ

   「子どもをネットから守り、ネットで育てる

                       ~頼られるお父さんになるための実践アドバイス

○「子育てと青少年のネット問題」に関する過去の記事

   http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/cat3829472/index.html

○「書評」に関する過去の記事

        http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/cat2010427/index.html

Comment(4)

コメント

小学校5年の息子が、やたらネットを利用するようになってきました。今までと違う側面でネットと向かい合わねばならなくなりそうです。子供に負けない柔軟な思考で取り組まねばと思います。
いい予習教科書とさせていただきます。

hashiriya

はじめまして。
いつも楽しくブログを拝見しております。
私にも子どもがいますが、ネットは調べものがあるとき
くらいしか使っていないようです。
いずれは、使うようになるでしょうから、新刊を楽しみにしております。アマゾンにもアップされていましたね。

IBMショッピング店長さん
 息子さんはうちの息子と同じ5年生だったんですね。
 息子は、最近Youtubeでテレビを見るようになりました。 時代はかわったものです。

>子供に負けない柔軟な思考で取り組まね
>ばと思います。

 私もそう思います。どうしても頭が固くなってきますからね。

hashiriyaさん
ブログみていただいているようで、ありがとうございます。

>アマゾンにもアップされていましたね。

hashiriyaさんのこのコメントではじめてしりました。 今、確認しました。 
ありがとうございます。

コメントを投稿する