ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

IE7のコンテンツアドバイザーでフィルタリングを試す~Googleを子供向けポータルにする方法(2)

»

 前回は、Googleの表示設定のセーフサーチによるフィルタリングを行ったが、

Googleのセーフガードを試す~Googleを子供向けポータルにする(1) 参照

a. 検索結果に表示された安全なページの、その先(リンク)のページを選ぶことで、ワイセツな写真、動画にいってしまうことがある

b. フィルタリングを子供が自分で簡単に解除できる

c. iGoogleで並べてある様々な情報は、大人用であり、子供が大きな興味を感じられるものではない

という問題があった。

 このa.とb.を解決するために、IE(Intrernet Explorer)のフィルタリング機能である「コンテンツ アドバイザ」を利用してみることにした。

 セーフガードは、検索をかけたときに子供に見せたくないページを検索結果の一覧に表示”させない”方式だったが、IEの「コンテンツ アドバイザ」なら、検索を利用せずに、他のリンクなどで直接Webページを表示するときにも、フィルタリングされて、表示されないようにすることができる。

 また、このフィルタリングの設定や有効/無効の切り替え(親が使うときには無効にする)はワンタッチだがパスワードがかけられるため、子供が勝手に変更することができないため、上の二つの要件を満たすことができる。

<設定>

 まず、Internet Explorerの上の方にある「ツール」を選び、メニューが出てくるので、「インターネット オプション」をクリックする。

Photo_2

 次に「コンテンツ」と書いてあるタブを選んで「設定」をクリックし、

Photo_3

「規制」タブの中のの中の、「ヌード」や「性的内容」のカテゴリを選んで、どの程度協力にガードするかを設定する。

Photo_4

 小学生の利用なら、一番左側にしてもいいはずだ。

 次に「全般」タブを選んで「規制されていないサイトを表示する」を選ぶ。これをチェックしていないと、あらゆるサイトが表示できなくなってしまう。

Photo_5

 「OK」で閉じて、「コンテンツ」タブのコンテンツアドバイザで「有効にする」ボタンを押して、さらに下にある「OK」を押せば完了だ。

Photo_7

 これらの設定を行うためにパスワードの設定を行うようになっており、設定変更や表示できないサイトをパスワード入力することで表示できるようにするなどで利用することになる。

<フィルタリング効果>

 私の自宅のパソコンでやってみた効果だが、GoogleのフィルタリングをOffにして検索してエッチビデオのサイトを開こうとすると、フィルタリングがかかっているので表示できない、というようなメッセージが出て表示されなかった。 

 グラビアアイドルのセクシーな写真が表示されてもビデオの部分は真っ黒になっていた。

 写真に関しては、写真がどのように登録されているかで、一部の危ない写真は残ってしまっていたが、あからさまな性描写の写真は表示されなくなった。

 しかし、途中で一度IE7が落ちた後は、何度設定しなおしても、再起動してもフィルタリングされなくなってしまった。

<ブラックリスト、ホワイトリストの設定>

 コンテンツアドバイザーでは、表示するWebページのフィルタリング以外に、

フィルタリングで表示されないサイトを表示する「ホワイトリスト」と

フィルタリングに引っかからず表示されてしまうサイトを、表示できないようにする「ブラックリスト」

の機能がある。

 コンテンツアドバイザーの中の「承認したサイト」タブの中に設定する方法でこの二つが行える。URLを入力して「承認する」ボタンを押せば「ホワイトリスト」となり、「承認しない」を押せばブラックリスト」となる方式だ。

Photo_8

 例えば、日頃利用している塾のサイトやアニメサイトが、フィルタリングで引っかかってしまい利用できない場合は、「承認する」とすれば表示されるようになる。

 逆にフィルタリングでひっかからないような悪質なサイトがあった場合には承認しないとしておけばよい。

<ブラックリスト、ホワイトリストの効果>

 ホワイトリストは非常に便利なのだが、ブラックリストは実際に使う上では役に立たない。

 子供が使っている最中に、変なサイトが出てきたら自分でブラックリストに表示しなければならないし、親がまとめてやるにしても、登録しきれないからだ。

<IE7のコンテンツアドバイザの考察>

 暴力がエッチな画像が完全になくなることを期待していない。

子供のネット利用には専用の検索ポータルが必要だ

Googleのセーフガードを試す~Googleを子供向けポータルにする(1)

で書いたように、性描写の写真やビデオ動画がでなければ良いと考えている。しかし、

iGoogeを基本として利用させ、

検索には「セーフサーチ」でフィルタリングをかけ、

IEのコンテンツアドバイザでWebページそのもののフィルタリングをかける

レベルでは、満足できるものにならなかった。

次回、他のプロバイダーの無料フィルタリングサービスを紹介したい。

  → 無料のフィルタリング&ペアレンタル・コントロール~Googleを子供向けポータルにする方法(3)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する