グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

オンデマンド出版と在野研究

»

はじめに

私が在野で日本文学研究をはじめてから、14年が経ちました。かつては、大学院(修士課程)で中世王朝物語の研究をしていました。しかし、家庭の事情により博士課程への進学をあきらめ、IT業界に就職しました。

専門学校の職業訓練部門や大学の夏季講座などでITの講師をしてきました。そして、在野で文学研究の活動も続けてきました。

本稿では、在野で研究論文を発表する場合の泥臭さと、オンデマンド出版による研究環境の改善について述べます。

在野研究の泥臭さ

国文学の研究書を文庫で自己出版した荒木優太さんが、こちらのメディアで「在野研究の仕方 しか(た)ない」を書かれていました。

参考:在野研究の仕方 しか(た)ない
http://www.dotbook.jp/magazine-k/2013/04/03/zaiya_kenkyu/

私が冒頭に「在野」と書いたのは、大学や研究機関に属していない研究者という意味です。荒木さんのタームの使い方と同じニュアンスです。

荒木さんが書かれたように、日本文学を研究した大学院生は、高校の国語の教員になるのが大多数のようです。

しかし、

  • 私は教えることに適性がないと感じていたこと、
  • 研究するスキルと教えるスキルは全く別
    と考えていたため、民間企業に就職をしました。

アカデミックな所属がないと、学会で発表したり、論文を発表するのがかなり難しくなります。そこで、社会人になってから数年に一回、自費出版の学術誌に論文を公開して来ました。

この投稿誌は、掲載論文の印刷代を負担する代わりに、査読なしで論文を掲載します。ISSN番号を取得しているので、雑誌として認められているようです。

※カバーなし普通紙印刷。すべてモノクロ。流通にはのりません。大きさはB5です。

過去、三回投稿しましたが、一ページあたりの印刷代は5,000〜6,000円でした。聴いた話ですが、研究費の相場では、請求可能なギリギリの価格帯のようです。投稿誌の投稿募集には、一ページあたりの単価は平均3,000円と書いてありました。

しかし、私が昨年に投稿した時は、一ページあたり5,000円×20ページで10万円を請求されました。(私は原稿は原稿用紙58枚を掲載。)他の人が画像をたくさん使ったため、全員の印刷代が高騰したとの連絡でした。 印刷代は常に変動するそうです。

印刷代が高いのはオフセット印刷だったり、大学に所属していると、研究費を使い切る必要があったりするのかもしれませんね。

在野の私は研究費が出ませんので、すべて自腹です。見積もりより請求額が四万円多かったので、貯金を取り崩して支払いました。生活費との兼ね合いが難しいのが、在野の悩みです。

オンデマンド出版の衝撃

かつては、荒木さんのようにパブーやKindle出版で公開することを考えていました。しかし、紙の書籍で研究を発表しないと、学術データベースCiNii等に載らないようです。

参考:CiNii
http://ci.nii.ac.jp

「CiNiiについて」には、

「CiNii Articles - 日本の論文をさがす」では、学協会刊行物・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなどの学術論文情報を検索できます。(中略)
「CiNii Books - 大学図書館の本をさがす」では、全国の大学図書館等が所蔵する本(図書・雑誌)の情報を検索できます。
※http://ci.nii.ac.jp/info/ja/cinii_outline.htmlより引用

と記載されています。

しかし、10年以上、在野で研究を続けているうちに、オンデマンド出版で本を出版できる時代が来ました。紙の書籍の自費出版は、25〜30万円でも可能になりました。
※書店流通させるには+9〜10万円かかるようです。

大学図書館に献本すれば、研究成果を学術データベースに載せることができそうです。そこで、数ヶ月前からオンデマンド出版を検討していました。

荒木さんが実際に行われた例を踏まえると、書籍を自費出版した方が費用対効果が良い。したがって、学術誌に載せることにこだわらなければ、自費出版は有効だと判断しました。

参考:自費出版本をAmazonで69冊売ってみた
http://www.dotbook.jp/magazine-k/2014/03/04/69_copies_of_self_published_book_were_sold_on_amazon/

参考:自費出版の費用がすぐにわかる自動見積り
http://www.otegarushuppan.com/mitsumori/

書店流通だけでなく、Amazon流通にしぼることも可能です。

参考:コシーナブックス
http://www.cocinabooks.jp/howto/saport.html

オンデマンド出版を利用すれば、在野でも論文を自由に発表することが可能になりました。 投稿誌への投稿に加えて、選択肢が増えるのはとても良いことですね。

おわりに

研究書は知り合い以外には売れにくいジャンルです。したがって、最低でも200〜300冊以上、印刷する必要があるオフセット印刷では不向きではないか、と考えていました。

しかし、少部数印刷が可能なオンデマンド出版ならば、必要な部数だけ出版することができます。私も今後は紙の書籍の自費出版を活用して、研究の場を広げることにしました。オンデマンド出版はアカデミックな世界にも、風穴を開けるのかもしれませんね。

関連書籍

小林多喜二と埴谷雄高
荒木 優太

4864760888
ブイツーソリューション 2013-02-20
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

編集履歴:2014.10.02 21:55 関連書籍を追加しました。

Comment(2)

コメント

英語が読めてInDesignが使いこなせれば、印刷料はタダで、しかも世界中のアマゾンのサイトを経由して本を出版することは可能ですよ。そのサービスはCreateSpaceと呼ばれているものです。

Chisokudo Publicatoionさま

はじめまして。コメントをありがとうございます。返信が遅れてしまい恐縮です。


「CreateSpace」の情報提供もありがとうございました。英語のサイトだったので機械翻訳して説明文を読みました。とても便利なサービスのようですね。


英語+InDesignというハードルを越えられるならば、無料もしくは手ごろな価格(利用するサービスによって差があるのですよね? )で利用できるようですし、在野研究者のみならず多くの人に役に立つサービスだなと思いました。


英語に不得手ですので、教えていただいて助かりました。(^^)ありがとうございました。

コメントを投稿する