グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

授業を工夫するためにICTを活用する -望月陽一郎 先生-授業で工夫しているICT活用ポイントとは?-

»

●現役の先生に教育現場のICT活用について伺いました

大分県の中学校で教諭をされていらっしゃる望月陽一郎先生に教育とICTを学校現場でどのように実践されてきたのか、お話を伺っています。

【望月陽一郎 先生・略歴】

大分市 中学校教諭(理科担当)。大分県教育センター 情報教育推進担当主事、指導主事、大分県 主幹等を経て、現職。

https://www.facebook.com/yoichiro.mochizuki/about を参照。

前回は「望月先生が実践された学校でのICT活用について」がテーマでした。

参考:教育とICTを学校現場で実践する取り組み ~望月陽一郎先生のお話より~

  • 望月先生の学校におけるICT活用実例(1980年代から2000年代まで)
  • 技術家庭科にも情報関係の内容があること

などを伺いました。

今回は望月先生が学校の授業で工夫されているICT活用のポイントについてお話を伺いました。

●望月陽一郎 先生が授業で工夫しているポイントについて

--望月先生が授業で工夫しているポイントを教えて下さい。

望月 先生:以前から、生徒が持っている教科書と同じものを拡大投影してきて、その効果を実感してきました。

--そうだったのですね。

望月 先生:子どもは手元にあるものと比較するからです。自分の持っているものと提示されているものが少し違うだけで、混乱することもあります。「違う」ということにこだわるということです。

実物投影機で子どもたちの使っている教科書を拡大投影している先生が、以前から多くいますね。私はそれを少し進めて、教科書を自分でスキャンした画像を拡大投影しています。

--なるほど。自分のものと先生のものが同じほうが子どもたちが混乱しなくてすむのですね。てっきり先生用の特別なものを投影されているのかと思っていたので、参考になりました。

望月 先生:Epson iProjectionという無償アプリを使って画像を拡大し、大切なところにはマーカーを入れています。もちろん黒板と併用しています。

子どもたちが、今どこの話をしているのか自分の教科書と比較して見ることができることがポイント。自作デジタル教科書みたいに聞こえるかもしれませんが、ただの画像です。作成も簡単ですよ。

--そうだったのですね。先生が今どこを話しているのかわかりやすいのはとてもいいですね! 黒板と併用した上で、マーカーも入れてある教科書を投影してもらえるならば、生徒さんは大事なところがわかりやすくてよさそうだなと感じました。

画像だけだったとしても生徒さんにとってはわかりやすいでしょうね。それに他の先生が真似しやすい気がしました。

望月 先生:説明だけでどこの話をしているかわかる子どもよりも、それだけではわからない子どもたちにわかりやすく示すことが重要です。

--それは大事ですね。私もパソコンの授業ですが、生徒さんがどこを話しているのか見失わないように説明しなさいと指導をされました。

望月 先生:そのしくみを使うと・・・その場で画像を撮影し、その画像を同じように拡大してマーカーを入れることもできます。

--とてもいいですね。

望月 先生:授業の限られた時間の中で先生が板書する時間を短縮すると、他の時間に使うこともできますしね。シンプルなしくみこそ応用ができやすいと思います。

--そのとおりですね。大事なことだと私も思います。

望月 先生:わざわざPowerpointやkeynoteでスライドにしたりすると、作成時間がもったいないです。私にとっては、画像=デジタル教材ということです。

また、毎時間小テストを行っていて、一時間完結型授業の中で、子どもたちに前の授業の振り返りをさせるところから入るようにしています。

ポイントとしては

  • 小テストのプリントを、いつも同じものを使うことができる。毎時間別なプリントを作る必要がない。
  • 問題を簡単に作成し提示することができる。

などがあげられます。

--毎日小テストを行なって、前の授業の振り返りをできるのは非常によいですね。反復することで生徒さんの学び・理解がしっかり定着できそうな気がします。

望月 先生:毎時間テストプリントをつくる先生もかなりいますが、進度がクラスによりまちまちになることがあります。時には途中で終わることも。そのため進度に合わせたプリントを常に作り印刷しつづけなくてはならなくなります。

私の場合は回答枠しか印刷しないので、同じプリントをたくさん印刷できます。発想の転換ですね。

問題文はkeynoteで作成した「フラッシュ型教材」で提示しています。

--フラッシュ型の教材は、ウェブで調べた限りでは「プレゼンテーションソフトのアニメ機能を使って作るものかな?」と理解をしました。

そこで、

  1. 望月先生の場合はどのような教材を作られているのか、
  2. なぜフラッシュ型の教材なのか、

の2点を伺いたいです。

望月 先生:それは解釈が少し違うのではないでしょうか?こちらを参照してみてください。

https://eteachers.jp/guide/

  • スライドに文字のみ
  • すばやく提示して
  • 子どもたちに解答させる

というイメージですね。

--教えてくださり、ありがとうございます。私の理解がずれていました。恐縮です。

望月先生はフラッシュ型教材をいつごろから利用されていらっしゃいますか。

望月 先生:はい。教育センターの研修の中で、フラッシュ型教材に出会いました。もう5年以上前だと思います。フラッシュ型教材は、英語などで使われるフラッシュカードのデジタル版といえますね。

--なるほど。ありがとうございます。それでは質問ばかりで恐縮なのですが、1点目として英語のフラッシュカードはどのようなものか伺ってもよろしいですか?

そして2点目として印刷した小テストよりもフラッシュ型教材の方がよいと思われた意図を伺ってもよろしいでしょうか?

望月 先生:フラッシュカードは、大きめの厚紙に単語や意味などが書き、先生がぱっぱっと子どもたちにカードを切り替えて見せていきます。それに対して、子どもたちが意味を答えたり単語を答えたりする教材ですね。瞬間的に見せるので、フラッシュ(Flash=瞬間)カードだと思います。

フラッシュ型教材は、それをデジタル化したもので、プレゼンテーションソフトで作る「スライド」をカードと見立て、次々にスライドを切り替えて見せるものです。先生方がたいてい使ったことがあるプレゼンテーションソフトを使います。特別な作り方をするのではなく、スライドを「どう使うか」、そこにポイントがありますね。

--なるほど。

望月 先生:フラッシュ型教材については、全国でセミナーもたくさん行われています。http://eteachers.jp/参照

理科でフラッシュ型教材を使う場面としては、たとえば重要語句を覚えさせたり化学式を覚えさせたりするときです。子どもたちはけっこう積極的に取り組んでいます。

フラッシュ型教材は作成も簡単なので、ICTにくわしくない先生でも作ることができますね。

--詳細な説明をありがとうございます。確かにPowerPointやKeynoteならば先生方も馴染みがありそうですし、教材を作成する際の手間が減りそうです。

フラッシュ型教材はずいぶんたくさんの教材がイーティーチャーズhttp://eteachers.jp/ に上がっていますね。それだけ教材として役立っているのだろうと感じました。

望月 先生:先月、同じ学校の英語の先生からiPadでフラッシュカードを使いたいと相談がありました。さっそくkeynoteによるフラッシュ型教材の基礎を説明したところ、次の日からすぐに授業で使い始めています。

--Keynoteで作成するとiPadで使えるのでいいですよね。アプリを購入すれば比較的簡単に作成できますし。

望月 先生:今年度から大分市内の中学校にiPadが導入されました。その中にkeynoteがプリインストールされていました。

Keynote for iPadなら、ひとつフラッシュ型教材を作っておくと、ワンタッチで簡単に複製できます。スライドを開いてタッチして文字を打ち替えるとそれで完成。教材を増やすことも短時間でできますね。

--配布されたiPadに最初からKeynoteが入っていたのですね。それはいいですね。教材作成の負担がだいぶ減りそうです。

望月 先生:パソコンでフラッシュ型教材を作成しても、同じように短時間で作成できますよ。

--ちなみにパソコンやiPadを使わないで手作りで小テストを作ると、負担はどれくらいちがうのでしょうか?

望月 先生:ワープロで問題文を作って回答枠を作って印刷して。それを毎時間。中学校ではクラスによって進度が違うので、クラスにあわせていくと・・・けっこう大変です。

--アニメーションはないのですね。

望月 先生:プレゼンテーションソフトを使っていても、フラッシュ型教材にアニメーションは不要。だから短時間で作成できます。

紙のフラッシュカードに、アニメーションは存在しないでしょう?

--確かにないですね。

望月 先生:ICT活用の大切なポイントとして・・・プレゼンテーションソフトだからプレゼンテーションにしか使えないわけではありません。

文字だけのスライドでも、りっぱなデジタル教材です。これは、前回話した「最近のデジタル教材にプログラミングは不要と思う」と答えた理由になりますかね。

--はい、「プログラミングが不要である」の答えになっていると思います。

以前、ウェブ上で見かけたLD(学習障害)のお子様向けの漢字練習教材はPowerPointのアニメ機能を使ってお手本を見せていたので、アニメを使うものだと思い込んでいました。

望月 先生:それは漢字の「筆順を覚える」過程の教材だからでしょう。

--言われてみれば、そうですね。

望月 先生:漢字のフラッシュ型教材を使うのは、「漢字を覚えているか、声に出して確認」する場面です。授業のまとめの場面で、確認するためにみんなで声に出して答えることもあるでしょうし、授業の最初に、前回の授業で出た漢字を覚えているか、みんなで確認するために使うこともあるでしょう。

--同じ漢字と入ってもニーズが違うから、教材の作り方が違うのは当然ですよね。自戒を込めて、思い込みはいけませんね。

望月 先生:導入・展開・まとめという授業の流れの中で、どの場面でどんな教材を使うか、先生方の考え方によって違いますし、題材によって、またクラスの実態によっても変わりますね。

--様々な状況で使われていると思いますが、フラッシュ型教材は反復して学びを定着させるのに良さそうですね。

望月 先生:教育センター時代は、先生方の要望にあわせて動きのあるデジタル教材をAdobe Flash(動きのあるインタラクティブなコンテンツを作成する・・・プログラミングが必要な場合もある)で作成したりしていましたが、フラッシュ型教材は、先生方自身がプログラミングなしでスライド作成できる身近なデジタル教材といえます。

--先生方が自分で作成できるという点はとても大切だと感じます。フラッシュ型教材のメリットが先生のお話で理解できました。ありがとうございます。

●理科の質問プリント

望月 先生:もともと20代の頃から前述の小テストを毎時間行ってきましたが、その1枚のプリントの中で授業の振り返りと質問の受付もしています。

理科に興味を持っている子どもはけっこう多いので、その時間の内容だけに絞らず、理科に対する疑問・質問を受け付けられないかな?、他の子どもにも関心を持ってもらえないかな?と考えてプリントによる質問の受付を始めたわけです。

  • 毎時間の小テストプリントに子どもたちが質問をかく。
  • 毎時間の授業後、私が質問を抜き出して入力しておく。
  • ある程度たまったところで、回答を入れたプリントとして全員に配布。

--そのような方法でしたら、子どもたちも質問しやすいですね。

望月 先生:これもICT活用ですね。

--確かにそうですね。みんなの前で質問するのは気後れしますが、望月先生の方法ならば訊きたいことを素直に質問できそうです。このようなICT活用ならば、子どもたちにとって、学びやすくて記憶にも定着しそうですね。

ITスキル云々ではなく、ちょっとした工夫で授業に差が出そうですね。

望月 先生:授業の工夫とはそういうことでは?ICT活用と身構えることではなく。

  • ICTを活用して授業を工夫する
  • 授業を工夫するためにICTを活用する

微妙な違いですけどね。

--私は

  • ICTを活用して授業を工夫する
  • 授業を工夫するためにICTを活用する

を混同していました。

望月 先生:前者だとICTにくわしくない先生は消極的になりますね。後者だと、ICT活用は有効な場面でということになり、くわしくない先生でも取り入れやすくなります。

フラッシュ型教材は、

  • 準備がしやすい
  • 取り入れる活動場面がイメージしやすい。
  • 子どもたちも先生も取り組みやすい。

など、後者に使える教材といえますね。

私は、それを「小テスト」に応用したということです。

--そうだったのですね。確かに「授業を工夫するためにICTを活用する」と汎用性が高くなりそうですね。後者を意識すると先生方も授業がやりやすいでしょうね。

次回はもう少し「提示の工夫」について、望月先生に続きのお話を伺いたいと思います。次回もよろしくお願いいたします。

>>「望月陽一郎先生によるICT機器の活用と啓発の取り組みに続く

参考記事

まとめ記事

今までに取材した「授業でのICT活用のポイント」「学校でICT機器を活用する時のポイント」「教材作成時に気をつけたい著作権の問題」などについては、以下の記事にポイントをまとめました。ぜひご参考にされてくださいね。

※インタビューの第1回目から11回目をまとめています。

関連記事

今までに取材した望月先生のインタビューをリスト化しました。この記事は第2回目のインタビューです。

  1. 教育とICTを学校現場で実践する取り組み ~望月陽一郎先生のお話より~
  2. 授業を工夫するためにICTを活用する -望月陽一郎 先生-授業で工夫しているICT活用ポイントとは?-
  3. 望月先陽一郎先生によるICT機器の活用と啓発の取り組み
  4. 教育におけるICT活用事例:「iPad通信」と「ミニICT講座」について ~望月陽一郎先生のお話より~
  5. 教材を作る際、著作権についてどのようなことに注意しているか ~望月陽一郎先生のお話より~
  6. 教材やコンテンツを制作する際、実際に許諾を取った例 ~望月陽一郎先生のお話より~
  7. 教育現場のICT活用能力の向上のために ~望月陽一郎先生のお話より~
  8. 学校へのタブレット導入事例 ~望月陽一郎先生のお話より~
  9. 教育現場におけるWindowsタブレット活用事例 ~望月陽一郎先生のお話より~
  10. 教育現場における「提示の工夫」 指導者の提示用タブレット・編 ~望月陽一郎先生のお話より~
  11. 教育現場における「タブレットのグループ活用」編 ~望月陽一郎先生のお話より~
  12. 理科の実験におけるICT機器の活用術 ‐中学校教諭・望月陽一郎先生のお話より‐
  13. デジタル教材「ランダムフラッシュカード」-中学校教諭・望月陽一郎先生のお話より-
  14. ICT活用とジグソー法について-中学校教諭・望月陽一郎先生のお話より-
  15. アクティブ・ラーニングとICT活用について-中学校教諭・望月陽一郎先生のお話より-
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する