大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

『生活クラブ』というシンプルな名前のライフスタイル提案のブランディング

»

LOGO.png

2013年春からスピノザLLPのコンサルティング案件として、プロジェクト全般のプロデュースにたずさわっていた「生活クラブ(生協)」さんのブランディング活性化の取り組みが、具体的なカタチになりました(ブランドスローガンや新ロゴタイプの開発、マーケティングコミュニケーション戦略の策定とエグゼキューション等)
http://www.seikatsuclub.coop/

最初にご相談をいただいたのが2012年秋でしたので、そこから数えると、ブランディング&コミュニケーション戦略が具現化するまでに2年半かかりました。

新ロゴタイプ「生活クラブ」のデザインや、Webサイトおよび主要な印刷物のアートディレクションは、『13歳のハローワーク(村上龍)』の挿絵画家として有名なはまのゆかさんからご紹介いただいた、下山ワタルさんにお願いしました。

また、ブランドスローガン「サステイナブルなひと、生活クラブ」の開発、広告クリエイティブおよびメディア戦略の策定とエグゼキューションは、大手広告代理店マッキャンエリクソンさんにお願いしています。(この広告代理店選定作業だけで約9か月を要しました)

アートディレクター下山さんのブログ「Paragraph」より:
【生活クラブのリニューアルプロジェクトについて】
http://paragraph.jp/2015/04/seikatsu-club-coop-renewal/

下山さんとは、今では良きカメラ愛好仲間です(笑)


(小生のNikon 1と下山さんのオリンパスOM-D)
CARERA.jpg

下山さん、次々とふりかかる難題をものともせず、ご尽力いただきありがとうございました!


関連記事:
【『生活クラブ』というシンプルな名前の、消費者ライフスタイルのオルタナティブ。】
http://blogs.itmedia.co.jp/jrx/2009/09/post-e666.html

Comment(0)