大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

廣江 慈郎

廣江 慈郎

スピノザLLP マーケティング・プロセスの上流にあたるプロダクトの企画からマスメディア広告、さらにはWebを活用したデータベース・マーケティングにいたるまで、20年以上にわたり商品・サービスが「売れる」ための仕組み作りの最前線に身を置く。こうした経験に裏打ちされた実効性の高い戦略を策定・具現化することができるマーケティング・プランナー。 オルタナティブ・ブログでは、既存のマーケティングとは異なる(オルタナティブな)視点に立って、「優しい消費」のあり方を考えてゆきたいと思います。

プロフィール

大阪大学理学部化学科入学
文学部美学科卒業(西洋美術史学専攻)

マーケティング・プロセスの上流にあたるプロダクトの企画からマスメディア広告、さらにはWebを活用したデータベース・マーケティングにいたるまで、20年以上にわたり商品・サービスが「売れる」ための仕組み作りの最前線に身を置く。こうした経験に裏打ちされた実効性の高い戦略を策定・具現化することができるマーケティング・プランナー。

マツダ株式会社、アメリカン・エキスプレス、プジョー・ジャポン、アサツーDKにて一貫してマーケティング畑を歩む。その後2001年より、ITベンチャー企業に転じ、数々のWebマーケティング・ソリューションを具現化。2007年 スピノザLLP設立。

マーケティング・プランナーとしての活動歴

■マツダ株式会社
商品プランナーとして、フォード・フェスティバ、初代ユーノス・ロードスターの商品企画全般を担当(仕様装備決定・価格設定・ネーミング等)。ロードスターは、高額所得者層を中心に幅広い支持を獲得し、空前のヒット商品となった。

■アメリカン・エキスプレス
ゴールドカードマーケティング部門において、ゴールドカード会員向けCRM戦略・カード利用促進戦略・新規会員獲得DM・顧客離反防止策などの策定に従事。

■プジョー・ジャポン
営業部マーケティンググループ統括課長として、日本市場導入車種の商品企画・宣伝・SP等、マーケティング業務全般を統括。営業チームとの連携によって、販売チャネルの整備とブランドイメージの建て直しをはかる。

■株式会社旭通信社(現アサツーDK)
マーケティング・プランナーとして、ナショナルクライアントのコミュニケーション戦略の策定を担当。(主な担当クライアント:都市銀行系クレジットカード/光学機器メーカー/外資系生命保険/大手通販化粧品メーカー等)

■2001年~
Webマーケティング・エージェンシーにおいて、マーケティング・コンサルテーションに従事。(主な担当プロジェクト:大手商事会社マンション事業サイト/大手楽器メーカー会員サイト/高級シティホテルWebリニューアル/外資系自動車メーカー顧客戦略/地方銀行デビットカードWebサイト等)

■2007年 スピノザLLP設立