最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

研修講師に求められる役割について考えた

»

「イノベーションのジレンマ」の著者であるクレイトン・クリステンセンは、2008年の著書「教育×破壊的イノベーション」において、ITの発展が教育に変革をもたらすことを予見した。その中でも特に大きな変革として、「教育の個別化」を上げている。彼は、この点について、次のように述べている。

  • 教育手法の改善は、生徒や保護者のニーズの変化よりも速いペースで進行する。
  • 教育手法の改善は、「すべての生徒に対して一律の学び方をする(一律教育)」既存手法の改善と、「一人ひとりの生徒が異なる学び方をする(個別教育)」新しい方法が登場する。後者が「破壊的イノベーション」となる。
  • 個別教育を実現するためにITが活用されるが、最初のうちは、既存の教育ニーズを十分満たすことができない。そのため、既存の教育関係者の多くは、一律教育の手法を改善することで教育の質的向上を図ることを優先し、その一部としてITを限定的に使うことに留まる。
  • ITを活用することで、ひとり一人の個性や嗜好、理解力などを考慮した個別教育が実現する。それらは、既存の教育サービスを享受できていない、あるいは、そのやり方では学習成果をあげられない人たち(無消費者)での利用からはじめることで、徐々に存在感を高め、やがては既存の一律教育を置き換える。
  • 個別教育を拡大させるためには、既存の教育システムから分離して導入を進めるべきである。

大学の講義をインターネットで無料公開する「MOOC」や人工知能による個別適応学習(Adaptive Learning)サービスなど、ITを使った個別教育が、いま実現しつつあり、まさにクリステンセンの予言通りとなった。

job_senesi.png

企業研修もいずれはこのやり方が普通となってゆくだろうし、むしろ年齢や経験の差は学生以上に大きいわけで、個別教育へのシフトは必然の流れとなる。ITにより既存の常識が崩壊し、新しい常識に適応してゆかなければならない。そうなれば、仕事も変わってゆく。その変化に対応するため、教育は大きな役割を果たすことになるだろう。

しかし、その一方で彼が指摘しているように既存のやり方にこだわる人たちが大勢を支配している現実を変えることは容易なことではない。そんな中で、特に既存のやり方にこだわり、それを変えようとしないのは講師かもしれない。

講師は本来「最先端」でなくてはならないはずだ。それを教えるのが彼らの責務だ。しかし、自分のこととなると「教育の本質は変わらない」と抵抗を示す。確かに本質は変わらないかもしれないが、伝えるべき内容や手段は大きく変わるだろう。

ならば、彼らはどのように変わり、いかなる役割を果たすことになるのか。私は、いまのiTunes MusicやApple Musicとライブ・コンサートの関係に近いかもしれないと考えている。普段はインターネット経由のオンライン研修で知識を習得し、やる気や大切さなどの心の高ぶりを求めてライブ研修を受講するといった関係だ。また、一方的な座学ではなく、受講者や講師とのコミュニケーションやディスカッションを通じて、考察を深め知識の広がりや気付きを求めることになる。知識を入れる研修はオンライン、それを深め拡げるのはライブ研修といった関係になる。

講師はライブコンサートの演出家でありエンターテナー、つまり落語家や漫才師のような芸人としての能力が求められる。知っていることを教えるだけの講師は存在価値を失うだろう。また、受講者の反応に臨機応変に対応できないことも講師の評価を下げる。

「今日の受講生は居眠りばかりしている。態度がなっていない。やる気が無いやつなんて講義を受けても意味が無い!」

こんなことを平気でいう講師は生き残ることはむつかしい。そうさせているのが自分であることに気付いていないわけで、なんとも始末に負えない。いまは、一律教育が当たり前の時代なので、そんな講師であっても仕事はある。しかし、時代の変化に対応できなければ、仕事はなくなってしまう。

ストーリーを描き、演出を考え、現場に臨機応変に対応し相手に感動を与える。そんな適応力と創造性を発揮することが、これまでにも増して求められるようになるだろう。これは容易なことでは身につかない。

そろそろ、何年も前から使い続けている古いノートを捨て去らなければならないだろう。では、新しいノートに何を書くべきなのか。それがなかなか見いだせないことに、いま不安と焦りを感じている。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA
動画セミナー(会員のみ)を開始しました!

LiBRA 11月度版リリース====================
 「動画セミナー」をご覧頂けるようになりました。11月時点では、ITソリューション塾・第29期の4つの講義をご覧頂けます。順次追加してゆきます。
 AIを中心にプレゼンテーションを大幅に増やしました。
 膨大なプレゼンテーションの中からセレクトしたプレゼンテーションを総集編にまとめました。
======================================
*会員限定* 動画セミナー
【新規】サイバー・フィジカル・システムとデジタル・トランスフォーメーション
【新規】クラウド・コンピューティングとソフトウェア化するインフラ
【新規】IoT
【新規】AI

【改訂】総集編 2018年11月版

ビジネス戦略編
【新規】業務がITへITが業務へシームレスに変換される状態  p.27
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのビジネス・サイクル p.28
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのBefore/After p.29
【新規】情報システムの役割 p.38
【新規】異なるビジネス p.39

人材開発編
【新規】一緒に仕事をしたいITベンダー・SI事業者 p.13
【新規】伝えるべきこと p.14
【新規】求められる対応力 p.15
【新規】「良き相談相手」とは p.16
【新規】お客様の幸せを支える p.17
【新規】スキルの再定義 p.18
【新規】学び続ける大切さ、それを支える学びの力 p.19
【新規】時間を作る p.20

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】これからのビジネスの方向 p.41
【新規】テクノロジーの進化が求めるモノのサービス化 p.43

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】人工知能の2つの方向性 p.10
【新規】「人工知能」と言われるものの4つのレベル p.12
【新規】各時代のAI(人工知能)と呼ばれるもの p.13
【新規】機械学習がやっていること 1/2 p.14
【新規】機械学習がやっていること 2/2 p.15
【新規】ルールを作るとはどういうことか p.16
【新規】機械学習でできる3つのこと p.17
【更新】AIと人間の役割 p.18
【新規】機械学習の仕組み/学習が不十分な状態 p.56
【新規】機械学習の仕組み/学習が十分な状態 p.57
【新規】ニューラル・ネットワークの仕組み p.65
【新規】どんな計算をしているのか p.66
【新規】A12 Bionic p.150

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】なぜ、サーバーレスなのか p.68

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】「インフラのソフトウェア化」の意味・仮想化の役割 p.60
【更新】仮想化の役割 1/2 p.61
【更新】仮想化の役割 2/2 p.62
【更新】Infrastructure as Code p.79

クラウド・コンピューティング編
*変更はありません。

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更ありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する