最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

新入社員の皆さんへ:勉強の仕方と要領のいい仕事の仕方

»

「どんな本を読んだらいいでしょうか?」

「どこのWebサイトがおすすめですか?」

「どんなことから、勉強してゆけばいいのでしょうか?」

新入社員研修で講師を務めていると、かならずこんな質問がある。

shigotohajime_man_good.png

「どんな本を読むか、どのWebサイトがいいか、何から勉強すればいいかは、その人のバックグラウンドもあるし、その時々の必要や関心によっても変わってくるので、一般論として、何がいいかを答えることは難しいですね。」

早く現場に出て仕事をしたい、でも不安だ。だから、少しでも現場で役に立つ知識を得ておきたい。そのためにも限られた時間で効率よく勉強したい。そんな焦りにも似た想いが彼らから伝わってくる。

「何を勉強するか、どうすれば効率よく勉強できるかを考える必要はありません。それよりも大切なことがふたつあります。」

「まずは、時間を作ること。現場に出れば、何もかもが始めてで慌ただしく時間が過ぎてゆくでしょう。1日が終われば疲れ切ってしまうと思います。要領のいい仕事なんて、はじめからできるわけはなく残業しなくちゃいけないこともあるでしょう。じゃあ、いつ勉強するのですか?」

「何を勉強するか、どうやって勉強するかよりも、勉強をする時間を作ることを優先してください。そして、それは朝しかありません。朝の1時間を他の人たちよりも早く出てきて、あるいは近くのカフェで、自分の勉強の時間を持つことです。それを生活のリズムにしてしまうことです。その時間がとれないと"気持ちが悪い"と思えるようなることです。そうなれば、自ずとその時々に必要なことを勉強するようになるはずです。そんな朝の時間を私は"朝のゴールデンタイム"と呼んでいるけど、それが自分の習慣に組み込まれれば、一生の財産になります。」

自分を変える、意識を変える、決意を固めてから行動を起こすことは難しい。まずはカタチから入ることだ。行動を起こし習慣を作れば、いつの間にか決意は固まり、意識が変わり、自分が変わっている。その順番を間違えてはいけない。

「効率よく仕事をすることや勉強をする方法は自分で見つけるしかありません。そのために大切なことは、"最高の品質"を追求することです。」

「もちろん、経験のない皆さんにとって"最高の品質"なんて、無理だと思うかもしれないけど、とにかく自分なりに工夫して、いい仕事して、ベストを尽くすことです。これがいまの自分の限界だなぁと思えるところまでやってみることです。そんな経験を繰り返してゆけば、自分の"最高の品質"はどんどんあがってゆくし、そのためのスキルも身についてゆきます。そして、何よりも、何処で手を抜いても品質を落とさずにすむかが分かってくる。つまり、要領よく仕事ができるようになります。」

  • 朝のゴールデンタイムを自分の生活のリズムに組み込む
  • 常に最高の仕事をする

そんなチャレンジをしては如何だろう。

大阪開催決定!新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

「お客様の話しに、ついてゆけません。言葉が分からないんです。」

こんな話をする新入社員は少なくありません。もちろん経験のない彼らが仕事をうまくこなせないのは当然のことです。しかし、「言葉が分からない」というのは別の問題です。

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることなく現場に送り出されてしまいます。そのため、お客様が何を話しているのか分からないままに、曖昧な応対しかできず、自信を無くしてしまう、外に出るのが怖いなどの不安をいだいている新入社員も少なくないようです。

そんな彼らに、ITの最新トレンドを教え、ITがもたらす未来への期待、そこに関わることへの誇りを持てるようにと企画しました。

参加費が1万円なら、懐の寂しくても自腹で参加できるはずです。また、既に新入社員研修の予算を使い切った企業でも、何とかやりくりして頂けるのではないでしょうか。そんな想いで、この金額にしてみました。また、100ページを超えるテキストは、パワーポイントのままでロイヤリティフリーで提供させて頂きます。

*大阪での開催のご希望が多数寄せられたこともあり、大阪でも開催させて頂くこととなりました。

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【東京・第1回】8月28日(月)10:00〜17:00
    • 【東京・第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
    • 【大阪】 9月07日(水)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 東京会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 大阪会場:株式会社アシスト・大阪セミナールーム/グランフロントタワーA
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(7月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【8月版】を更改しました!
================================
大きな変更はありませんが講演資料を2本追加しました
================================
ビジネス戦略編 116ページ
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの実際 p.8

サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット 127ページ 
【更新】コレ1枚でわかる人工知能とロボット p.10
【更新】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.11
【新規】自動化と自律化の領域 p.15
【新規】人工知能が奪っていくのは、労働ではなく定年かもしれない p.93

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT  105ページ
【新規】Wi-SUN p.56

サービス&アプリケーション・開発・運用編 70ページ
【更新】ウォーターフォール開発とアジャイル開発(2) p.17

サービス&アプリケーション・基本編  52ページ
変更はありません

クラウド・コンピューティング編 119ページ
【新規】クラウド・コンピューティング 3つの誤解 p.24〜28
  誤解1:調達の手段が変わるだけ?
  誤解2:ガバナンスが効かない?
  誤解3:コストは下がらない?
【新規】クラウドの見積り方(1) 訂正版 p.85

インフラ&プラットフォーム編 228ページ
【最新】セキュリティ対策対象の変化 p.112

トピックス編 60ページ
変更はありません

ITの歴史と最新トレンド編 15ページ
変更はありません

【講演資料】まだ自前でシステムを持ち続けるのですか? クラウドにまつわる3つの誤解と新しい常識
 ITベンダー・クラウド利用促進イベントでの講演資料
 実施日: 2017年7月06日
 実施時間: 60分
 対象者:中堅・中小企業 CIO/情報システム部門長

【講演資料】最強の営業とは
 全営業(約200名)を対象とした社内イベントでの講演資料
 実施日: 2017年6月29日
 実施時間: 60分
 対象者:某SIerの営業

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する